ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 “審判の日”から10年後の2018年。

 人類軍の指導者となり、

 機械軍と戦うことを幼いころから運命づけられてきた

 ジョン・コナー(クリスチャン・ベイル)

 今や30代となった彼は、

 人類滅亡をもくろむスカイネットの猛攻が開始されようとする中、

 ついに人類軍のリーダーとして立ち上がることになる。



 
    【ターミネーター4】


 ターミネーター4


 ニッポンの、東京は新宿。

 
 6月6日某時間、

 監督、他キャスト3名での舞台挨拶が行われた。

 
 「チャーリーズ・エンジェル」
 

 「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」での

 作品を監督したマック・G。

 
 日本文化に心から影響を受けられていらっしゃるせいか

 終始興奮気味で話し続けていた。

 笑顔が絶えない監督。

 俳優さんたちも、スクリーンよりとても綺麗で

 クールでした。

 
 主役に会えなかったのは非常に残念。
 
 


 ターミネーター、といえば

 「シュワちゃん!!」って

 万人が自動的に口そろえて言うだろう。

 それほど世に侵透している。

 だけど、今作では

 新たなヒーロー、ジョン・コナー

 「バットマン」シリーズ

 クリスチャン・ベールが演じきった。

 家族を大事にする、

 力強く、スタイリッシュでクールな主人公に

 ピタリとあてはまっていた。

 ターミネーターたちとの戦いっぷりも

 さすが。肉体派。

 華麗でした。


 そのジョンを支える奥様のケイトに

 
 もはや「ロン・ハワード監督の娘」
 
 という七光りは通用しない程の実力派、
 
 ブライス・ダラス・ハワード

 
 処女作「ヴィレッジ」から

 良い映画ばかり出演されているけれど、

 まだ若く、綺麗な女優さん。

 舞台挨拶では

 アントン氏と話しまくってました。

 


 ジョンの父親役カイル・リース

 「スタートレック」アントン・イェルチン

 「スタートレック」のときよりも

 断然かっこ良かったです!

 実際も細くて…

 ターミネーター4


 本拠地アメリカにて

 大コケした映画、のようですが

 とてもそうは思えない!

 
 アクション超大作、といっても過言でないかも。
 
 
 こんな大きな事ばかり言っているみかんですが、

 実は「ターミネーター」を観た事がないって、

 アホですが。

 それでもわかりやすかったし、

 大満足な映画でした!!

 
 しかも
 
 オキマリテーマソング

 「ダダンダンダダン!!」

 3回も聞けたし。

 しかもナイス・タイミングで。

 感動でした。

 マーカス・ライト役のサム・ワーシントン氏は

 走って泳いで殴られて殴って

 めちゃくちゃタフな役どころで超がんばってました。
 
 機会あればもう一度観たいと思いましたが、

 実はグロテスクな内容だったりもする
 

ターミネーター4

 
 評価⇒★★★★★★★☆☆☆
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/992-01e135fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。