ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ≪≪マックス・ペイン≫≫

 妻子を殺された刑事、マックス・ペイン(マーク・ウォールバーグ)。ただ独りで捜査を続けるマックスは、ナイトクラブで薬漬けの美女、ナターシャ(オルガ・キュリレンコ)と出会う。同じ日の夜、何者かがナターシャを惨殺。妻子とナターシャの殺害を結ぶあるひとつの共通点、“羽”のタトゥーの謎をマックスは追うが……。

マックス・ペイン


 いやー…

 
 なぜこの映画を観てしまったか?

 
 それは、

 最近までアカデミー賞授賞作品や

 ノミネート作品、

 結構ヒューマンドラマ系の作品が

 ずっと続いていたので、

 
 アクションものをぜんっぜん観ていなかったので

 気分が全く爽快でなかったので、

 本作を選んだ次第ですが…


 まぁ、要するに「直感型作品」に相当するのですが、

 いやはや、ヒドイ。

 個人的には今年ワースト入りしそうな位。

 
 全米で大人気を博したコンピュータ・ゲームの実写版、

 と言う事で、かなり期待して観に行ったのですが、

 まぁまぁ。

 
 「ザ・シューター 極大射程」×「フェイク・シティ」×「ボーンシリーズ」

 を計算して「ダイ・ハード」で割ったような作品かしら。

 妻子殺されて復讐に燃える不死身の刑事なんて、

 アメリカ大好物な映画です。

 
 「ディパーテッド」にてアカデミー賞助演男優賞に

 見事ノミネートされた

 マーク・ウォルバーグ

 ジェイソン・ボーンのマット・デイモンそっくりになってきたような。

 「ハプニング」から微妙な映画ばかり

 最近出てません?

 嫌いじゃないけど好きでもない俳優さんかも(笑)

 
 おなじみ「007 慰めの報酬」にて

 出演されたオルガ・キュリレンコ氏が出ていた。

 こーゆー役柄の方が007よりも全然似合っています。

 良いなぁ。。。。

 って思っていたところで

 あっけなくフェイド・アウト

 かなりそっけなかった。

 でも、それはそれでこの映画にとってプラスなのかしら。

 
 


 
 途中で悪魔が出現するけど、

 大した意味を持っていなかったようで。

 「コンスタンティン」の世界に入るのか!?

 
 と思いきや、そうではなかった。

 どうせならおもいきって「コンスタンティン」のような

 ワールドにしてもらいたかった気もする。

 


 ラストも想像通り。

 「ボーン・アルティメイタム」の内容のようだった。

 上映時間のわりに軽すぎなのかなぁ。

 すごく良いとおっしゃっていらっしゃる方もみえたので

 個人的には受け入れ×でした。

 残念。

 
 午後に「レッドクリフ」観て気の取り直しが出来て良かった。

マックス・ペイン



 評価⇒★★★☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/964-331a552c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。