ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ≪ウォッチメン≫


 ウォッチメン


 ジョン・F・ケネディ暗殺事件、ベトナム戦争、キューバ危機など、世界で起きた数々の事件を見守ってきたヒーローたち“ウォッチメン”。しかし、かつてウォッチメンだった男の一人が暗殺される事態が発生。殺害現場には、血のついたスマイル・バッジが残されていた。しかも、ウォッチメンたちの殺害はその後も続き……。


 血のついたスマイルマークのバッヂ。
 
 
 それは、ウォッチメン暗殺事件の幕開け。

 その事件は一体誰が巻き起こした事なのか。

 


 失礼な話、

 マイナーな俳優・女優さんらが出演している

 この映画。

 それにもかかわらず、米国では凄い収入を

 たたき出している。

 かつて、本当に存在したと見られるウォッチメン、

 見張り人。

 人間が人間を監視する。

 


 途中いきなりスーパーマンチックになったり、

 バットマンのようなヒーローが出てきたり。

 それはそれで、本当に楽しめた。

 
 「300」ザック・スナイダー監督が放った

 新作。

 アラン・ムーア原作のこのグラフィック・ノベル。

 見応えたっぷりな3時間近くの作品。

 とても良かった。

 斬新な映像、

 CGを上手に駆使している。

 顔に付けたマスクの絵柄がくるくると変わる、

 そういった謎めいた部分が逆に

 作品に印象を強く与えている。

 さらに、ロールシャッハ役に

 アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた

 ジャッキー・アール・ヘイリー

 彼が一番理にかなっている事を口走っていたなぁ。

 


 哲学的台詞が多くあった。

 同じDCコミック映画からは

 
 「ダークナイト」が昨年生み出されているが、

 それに対抗した作品かと思わせた(笑)

 本当にダークナイトのように

 
 暗い内容、そこに隠れる人間性。

 ヒューマニズムが数人のウォッチメンから

 深く描かれていた。

 大満足かも。

 そして80年代のロック!

 いいねー。

 「ダークナイト」同様、単なるアメコミ映画では無かった。

  

ウォッチメン



 強いて言うならば、

 ニクソン大統領

 フランク・ランジェラを起用してもらいたかった!

 このニクソン大統領役の人はダメだった。

 うーん、残念。

 
 セリフ回しがなんか

 偏り過ぎているのかな、という点もあった。

 そこが眠気を誘う点もあるかも。

 
 評価⇒⇒★★★★★★★☆☆☆
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/948-4279e0d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。