ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 〈きつねと私の12ヶ月〉

 きつねと私の12ヶ月

 学校からの帰り道に、
 森の中で美しいきつねに出会った少女
 リラベルティーユ・ノエル=ブリュノー)。

 柔らかそうなとび色の毛とつぶらな瞳に魅せられた彼女は、
 きつねをテトゥと名づけ、心を通わせ合おうと森へ通い始める。

 警戒心が強く、なかなか姿を現さないテトゥだったが、
 次第にリラの思いに応えるようになり……。






 少し前ですが、
 
 1/10「ミーアキャット」

 2本立てしました。

 
 あの、「皇帝ペンギン」の監督

 
 リュック・ジャケ氏による映画、という事で

 迷わず期待して、観ました。

 期待しすぎてしまったのかも。

 
 


 「永遠の語らい」だっけな。

 超有名女優さん、カトリーヌ・ドヌーヴさんが
 
 出ていた、映画。

 もう観てから数年が経ちますが、

 未だに鮮明に、本当に克明に覚えています。

 すんごくやられた映画。

 映画が完全に終わって、

 場内が明るくなっても

 立てないんですよ。

 腰が動かない。

 あまりに、驚愕のラストすぎて。

 当時の監督は、

 「観客を裏切ってやりたい気持ちで…」

 と、パンフにたしか書いてあった気がする。

 
 監督、裏切りし過ぎです。

 
 それに似たような思いをした、

 映画だったような。

  
 


 それまで、

 息をのむほどの美しい風景が描かれていた。

 「ハイジ」のときのように。
 
 キツネも美しかったし。

  
 でもようするに…

 端的に述べてしまえば

 主人公のワガママな行為

 
 だったりする。

 ラストのキツネの行動にもビックリ。

 あーするしかなかったのかなぁ。

 ある意味で、観客への裏切りなのか。

 それとも、

 監督が伝えたかった、人間たちへの警告か。

 後者だろうな。

 人間、動物たちへの

 あまりに非道な考え方への警告か。


 そう思えば、良いラストだったのかな。

 でも、だれもが幼ければ

 独占欲を保持しようとする心持ちは

 国境なしにあるものだ。

 どの国でも。

 


 それにしても、
 
 この世界にはほんっとうに

 美しい自然が存在しているものだ。

 映画を観ていて、

 こちらまで空気を吸い込んでしまう勢いだった。

 スクリーンから、自然の匂いが

 漂うような錯覚を覚えてしまうような

 そんな綺麗さはあった。

 音楽も良かったし。

 キツネも可愛かった。

 
 


 上映時間は◎

 ただし1,800円で観る映画ではない。

 
 評価⇒★★★★☆☆☆☆☆☆
 
 

きつねと私の12ヶ月

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/876-52411ecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。