ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 あけまして、おめでとうございます。part.2

 
 ところで皆様は、

 ジャン=クロード・ヴァン・ダムという映画俳優は

 ご存知でしょうか。

 
 今日観た映画は、

 その“彼の”映画。

 
  ≪その男、ヴァン・ダム≫


その男、ヴァン・ダム

 かつての輝きを失ったアクション・スター、
 ヴァン・ダムジャン=クロード・ヴァン・ダム)。
 ギャラは下がり親権争いでも窮地に立たされ、
 疲れたヴァン・ダムは故郷ベルギーに戻ってくる。

 ところが、偶然立ち寄った郵便局に強盗犯がいたことから、
 警察や市民はヴァン・ダムを犯人だと思い込んでしまい……。





 そうだなー。

 評価するとしたらものすごく難しい部分なのですが(苦笑)

 ヴァン・ダムファンにとっては

 これまた意外な一面が…なところもあるのでしょうかね。

 実はヴァン・ダムについて、名前や略歴は知っていたのですが

 映画という映画についてはあまり知りませんでした。

 
 ただ、ヴァン・ダム自身が落ちぶれヴァン・ダムを演じる!

 
 この予告にすごく興味を持って、

 同じく興味を持ったと一緒に観てまいりました。

 


 東京は渋谷、

 パルコの裏手に位置する映画館、シネマライズにて。

 
 この映画館で上映する映画は

 ほんっとうにハズレなし

 
 これまで十数回、この場で観て来ましたが、

 今回のこの奇作もまた良かったですよ。

 ちなみに女性はみかん1人でしたね。

 その男、ヴァン・ダム


 超久々な映画のはずが、

 超落ちこぼれヴァン・ダム作品となってしまった。

 哀れなかつてアクション大スター?ヴァン・ダム。

 銀行強盗シーンがメインですが、

 家族シーンもまたgood。

 なかなか良かったですよ。

 なんか、こういったメタ・フィクション映画というんですね、

 言葉では表せない潔さ、清らかさ、男らしさが

 出ていて、クールでした。

 
 こういった映画って、

 イミフメイなんですよ、端的に言えば。

 
 でも、最終的に残るモノって、

 ヒューマニズムなのです。

 人間が人間を描き出す。

 人間がその人間を演じる


 セピア色の1本。

 
 評価⇒★★★★★★☆☆☆☆

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/869-073856e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。