ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 全世界、失明

 
  【ブラインドネス】

BLINDNESS

 街の交差点に止まった車の中で、
 何の前ぶれもなく突然目が見えなくなった男(伊勢谷友介)が
 パニックに陥る。

 その後、男は検査を受けるが原因は一向にわからない。
 しかも彼に接触した者も次々と視界が白くなり、
 目が見えなくなっていった。

 そんな中、療養所と呼ばれる隔離病棟が設けられ、
 発症者は強制的に収容されるが……。





 
 「シティ・オブ・ゴッド」

 「ナイロビの蜂」
と、

 次々と人間性を描く骨太な作品を監督する

 鬼才、フェルナンド・メイレレス

 
 彼の作品が好きだから、

 今作もさっそく観に行きました…。
 
 
 賛否両論が、真っ二つに分かれる作品ですね

 原作を読んでいるわけではないのですが、

 やはり原作を忠実に映し出す事は

 難しいのですね。

 それでも上手に、丁寧に出来ていたかと思われます。

 


 それにしても、大物ばかりを適用しているこの映画。

 それがまた凄い!

 登場人物、みんな知ってる!!

 プラスあの予告編の多さときたら。

 ソートー資金かけてます。

 
 


①ジュリアン・ムーア
 
 もはや、あえてこの場でとやかく書く必要はゼロなほど
 名優となりつつある女優さん。
 今作は唯一「見える」人。
 「見える」事の恐ろしさを、さすがの腕前で披露。
 「何時?」と夫に聞かれて泣き出すシーンは一番のお気に入り。
 真面目な性格だからこそ、秒針を巻く事を忘れてしまった事、
 病棟で色々起こった事を思い、一気に涙するところは
 流石の一言。


②マーク・ラファロ
 
 「イン・ザ・カット」で彼を知って、
 能ある鷹は爪を隠す派な俳優さんだなぁと思った。
 今作でもリーダーな医者を演じてました。
 良かったです。妻を愛しながら浮気してしまうけど、
 それは見えなくなった事から、でなく
 見えなくなった事により、自分の本能を曝け出すから、か。


③ガエル・ガルシア・ベルナル
 
 もーガエル君ってば。
 「バベル」といい、今作といい。
 めっちゃ悪者を100%以上演じてました。
 恐ろしいほどフィットしてましたね。
 「モーターサイクル・ダイアリーズ」の好青年はどこへ。。。
 かっこいい♪のイメージを綺麗に裏切ってます。
 新境地開拓か。


④伊勢谷友介&木村佳乃

 日本人を適用しているところもまたイイですね。
 しかも、この映画の一番最初のセリフが日本語とは。
 粋ですね。
 2人の英語も、盲目となった時の演技もまた良かったと
 思いますよ。この2人、結婚するかと思ったー。


⑤ダニー・グローヴァー
 
 有名黒人俳優さんのうちの1人。
 ラストの、余韻のこるナレーションが良かったなぁ。
 




 
 急に、目が見えなくなる事により、

 人間の本性を具体的に暴き出したこの作品。

 食料を奪い、金目のものから女とのSEXをさせる事まで、

 恐ろしかった。

 「肉の臭いがする!!!」
 
 人間が人間に飛びつく。

 飢えたその先にある物は、目が見えない上なので

 鼻や耳が鋭くなる。

 
 なぜ教会で、女神の像はみな目隠しをしていたのか。

 まだ“見えていた”人間がやった仕業か。

 ところどころのシーンにも気を配っているところは

 さすが鬼才監督。

 この監督の良さ、って

 どんな俳優や女優さんも

 裸にさせる、ってところかしら。

 ヌードシーンを見せる、って事じゃありません。

 
 一緒に観に行った人も

 「この映画って、そんなに有名な人が出ているの?」

 と思っていた程。

 他の映画であれば煌びやかで、化粧がっちりして、

 かっこよくて、綺麗で…があるけれど、

 この監督の作品は、その人の中身を裸にさせている。

 それはやっぱり凄いなって思う。

 
 何だろう、でも、やっぱり難しいな。

 こういった映画を観た事で

 人間の恐ろしさ、難しさを改めて認識させられる。

 絶対に教壇や教科書じゃ教えない事ですからね。

 
 評価⇒⇒⇒★★★★☆
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/840-cf4af64d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。