ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文字色 生き残る為に戦う
 

 ≪≪≪≪≪デス・レース≫≫≫≫

 デス・レース

 孤島の刑務所「ターミナル」で繰り広げられる
 過激な死のレース「デス・レース」を放映し、
 人気番組となっている近未来のアメリカ。

 殺人の濡れ衣を着せられた
 ジャンセン・エイムズ(ジェイソン・ステイサム)は刑務所の所長
 ヘネシー(ジョアン・アレン)からレース出場を迫られ、
 美人ナビゲーターのケース(ナタリー・マルティネス)を乗せレースに参加する。







 今月は旅行に行った事もあり、

 あくまで個人的に思った事ですが

 映画の回数が少なかったので、

 半分ヤケで観てきました。

 この作品と「ブラインドネス」の二本立て。

 
 自分としては なかなか良い組み合わせだったと思ってます。

 「黒」と「白」の世界を始終抽出している両作品。
 
 
 この黒白の映画の組み合わせって、

 あーんまり無いですよね???

 えっへん。

 


 さて「デス・レース」
 
 実はこれ、1975年の「デス・レース2000年」

 リメイク版だったのですね。

 
 でも、ホントかウソか、

 出演者ほとんどが

 「デス・レース2000年」を観ていない、との事です。

 
 ジェイソン・スティサム超かっこよかったですね。

 いやー、36歳とは思えぬほど渋い!!!

 
 彼は大好きな俳優さんのうちの1人です。

 「リボルバー」以来です。

 
 カーアクション映画では「トランスポーター」シリーズで

 出演していますが、

 今作が最もかっこよかったです。
 
 デス・レース

 
 この映画、実はPG-12指定

 そんなにキツくなかったですね。
 
 
 よくある内容、なのですが、

 すぐにしっくりきました。

 
 冒頭っからやられました。

 
 タイリース・ギブソン

 「ワイルド・スピード×2」

 ドライブ腕を見せて以来。

 
 


 テレビ中継しながらデス・レースとは。

 これまたエンターテイメント性高い!!

  
 そんなオモシロストーリーとは逆に、

 私がいっちばん頷けた事。

 
 この映画の、本当に一番最初の言葉。

  
 「2012年、米経済崩壊による」
 
 
 2012年なんて、あっという間におとずれるだろう時期。

 さらに 米経済崩壊とは。

 興味深さ全開。

 
 もはや耳タコな「経済不安」の言葉が並ぶ日々ですが、

 面白いなぁ、と真っ先に感じた。

 
 米経済不安からこのデス・レースが生まれる、

 そのエンターテイメント性あふれる映画も良いですが、

 それと裏腹に妻殺しのの濡れ衣を着せられた

 ジェイソン・スティサム演じるエイムズ

 
 クールな彼にピタリとあてはまる作品。

 
 何よりもラストへの結びつけがものっすごく好き!!
 
 アクション映画はこうでなくっちゃ!!
 
 
 夏に観た「スピードレーサー」では

 確かに良かったのですがCGまみれで

 飽き飽きしてしまいましたが、

 今回はCGに頼らずあくまでヒューマニズムをもとに。

 
 「ダークナイト」「レッドクリフ Part1」に次ぐ

 アクション映画ベスト3に入るかしら。

 
 評価⇒★★★★★
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/839-ea98d3e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。