ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ≪≪レッドクリフ Part1≫≫


レッドクリフ

 はるか昔の中国で
 絶大な権力を握る魏の曹操(チャン・フォンイー)は、
 その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。

 彼の天下統一の野望を打ち砕くため、
 諸葛孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、
 連合軍を結成。

 だが連合軍の数はわずか6万、
 片や曹操の軍勢は80万で、その兵力の差は
 誰の目にも明らかだったが……。


 
 


 天空や大地をも揺るがす、男の熱き戦い、

 それが

 もはや誰も知らぬ者などいない

 「三国志」
 
 中でも一番

 熱の篭っているシーン「赤壁の戦い」

 
 忠実に映画化。

 今、いーろいろなニュースで

 大奮闘…大注目されている

 中国発の映画。

 
 


 そぉだなー。。。

 めっちゃくちゃ難しいな、この映画評価は。

 
 良いアクション映画!!!

 と割り切れば良いのだが、

 恐らくこの映画を観た方の多くは

  
 「…ながくない?」

 
 と感じるであろう内容。

 勿体無いのよ。

 勿体無い。

 すごくため息が出る。

 
 こんっなに良いキャスティングで

 こんなにお金を投資できるのならば、

 個人的に「三国志」として

 第3部作くらいにのばして

 創ってもらいたかった、

 ような気がした。

 
 


 トニー・レオン×金城武のタッグは

 言わずと知れた

 昨年の「傷だらけの男たち」以来。

 
 トニー、、、年とりましたかな。

 金城武は相変わらずかっこ良い。

 扇姿がとても良く似合ってました。

 
 中村獅童も良かったな。

 ただし彼の中国語は彼の言葉じゃないな。

 
 1日といえば映画の日。

 有楽町で観たのですが

 すんごく並んでましたね。

 お祭りのよう。

 
 「すごーい。みんな金城目当て?」

 
 なんて、

 馬鹿な事言ってたアホっぽい人がいましたが。

 
 まぁそれはともかく。
 
 映画の前に内容説明してくれていたのは

 かなり助かった。

 
 せめて本を少し読んでから見るのも良いかと

 思ってみた。

 
 


 こういった大スケール映画は

 絶対家でDVDなんかで楽しむべきではないな

 少しでも観たいなーと感じたら

 即映画館へ行くべし。

 
 ただし、前や中央で観るのだけは…

 頭や腰や耳や目が疲れますね

 
 ストーリー展開が遅め。

 戦闘シーンは注目すべきところ。

 もはやCGとは思えぬ。

 
 これだけは感じた。

 「動」と「静」をうまく調合し、丁重に仕上げた1本

 
 これ、重要っす。

 アメリカ、ヨーロッパ映画では

 まず観る事が少ない要素を蓄えた内容でした。

 
  
   結果的に⇒★★★☆☆
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/818-047b17ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。