ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今でも、昨日の事のようにおぼえている。。 
 
 
 映画館を出ても

 目が赤く腫れ、昼の陽射しが強く感じていた。

 
 ぐしゅぐしゅしながら、

 前をボーッと見て歩いていたのを覚えている。

 
 


 「きみに読む物語」

 
 次から次へと涙ばかり溢れ出た。

 ラストにかけては号泣映画。

 個人的には大好物な作品。

 
 その、作品の作家ニコラス・パークが生み出したのが

 今作。

 
 ≪最後の初恋≫

最後の初恋


 身勝手な夫や思春期の娘との関係を考え直すため、
 ノースカロライナ州のローダンテという海辺の
 小さな街にある友人の宿を手伝いにきた
 エイドリアン(ダイアン・レイン)だが、大きな嵐が来るという予報を聞く。

 そこへ宿の唯一の客となる
 ドクター・ポール・フラー(リチャード・ギア)が到着するが、
 彼もまた心に問題を抱えていた。







  「きみに読む物語」ほど涙こそ出なかった。

  
 リチャード×ダイアン両者がとても良かったー。

 
 良し悪しはともかく。

 まず、第一言目の感想。

 
 「最近、こーゆー映画って、観ないなぁ」
 
 若年層の恋愛には見られない、

 落ち着いた恋愛。

 本当に綺麗で。

 街のパーティの時。

 踊る2人は本当に絵になっていた。

 美しい曲と共に。。。

 
 別れの時間が過ぎてゆく。

 
 


 ダイアン・レインは、本当に綺麗だなぁ。

 
 あーゆーふうに年をとってゆくのを楽しみたい。

 
 駄作「ジャンパー」の事には触れず。

 
 彼女の作品、といえば

 私のなかでまず「トスカーナの休日」を思い出す。

 
 同じく素敵な内容だった。

 
 がしかし

 残念だった点は

 前半部分の紐が緩すぎたところか。

 
 台風のシーンはホラー映画のよう。

 CGとあわせて。

 実際もっと凄そうだよな。

 茶箪笥が倒れ落ちるどころじゃないだろ。

 
 しかもどのように息子が発作起こしたと

 わかったのか。

 
 


 後半にかけて盛り上がりを見せている。

 
 オキマリな「手紙」のシーンもアリ。

 
 なにはともあれ、

 彼の作品は

 一語一語が本当に丁寧で。

 刺繍のようなストーリー構成なんですよ。

 そこが好き。

  

 ハリウッドだとか、

 3DやCGといわれているこのご時世映画。

 珍しいのかもしれない。

 マニュアル的ムービー。

 それもまた良し。


最後の初恋

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/795-291d0201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。