ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 エンドロールが終わって、場内に光が射し始めても
 
 腰を動かす事が出来なかった理由は、

 ただ只管、悲しみに暮れていたから。
 
 ただただ、ヒースの存在が嬉しくて、悲しかったから。

 
 胸がざわめき、涙が目に溜まった。

 体が硬直し、目は画面に終始釘付けだった。
 
 半ば口を開けながら、時にハッと息を呑み込んで。

 悪い所なんて、皆無の様に、
 
 美しく流れる川をずっと見ているかの様に

 もっと永い間、そこに居座っていたかった。

 けれども、終焉は容赦無く近付く。
 


 正義とは何か、悪とは何か。

 亡きヒースが演じた悪魔ジョーカーは、

 それまでの“映画”には見られなかった

 “正義の裏”を見事に映し出した。

 その力は、今までのどんな悪役をも

 上回る能力を持っていた。

 少なくとも、私の中では光輝いている。


 


 この作品を、「駄作」と評する者がいたら

 私は一切その人とはお近づきになりたくない。

 クリストファー・ノーラン監督の“つかいかた”がとても上手。

 パート①とほぼ同じ配役には大変満足している。

 レイチェルに実力派マギー・ギレンホール氏の適用には

 心から驚かされた。と同様に、安堵。

 前回のケイト氏にがっかりしたので。

 ブルース、そしてハービーとの関係性、

 その微妙な部分も良かったし、

 アルフレッドと抱き合うシーンには涙。

 まさかの最期に、この映画の真髄を見た。

 そう、この作品の一番良い所。

 観客を上手に裏切って裏切って裏切って終える。

 話の展開が綺麗。
 
 決して豪華でないが、

 きめ細やか、かつ大胆。

 切れる事の無いシーン展開、

 ギャップ無し文句無しの描き方、

 CGと思えない程発達しているシーン、

 そして何より素晴らしい事、俳優らの演技力。

 ジョーカーの悪だが悪と言い切れぬ訳に、

 太い筋の通った哲学論が表されている。

 街にマフィアの上層部が存在する理由、

 逮捕されない理由、

 逮捕出来ない理由、

 罰せられない理由、

 殺す事の出来ない理由、

 口で言い合っても決着の付かない理由。
 
 
 アメリカにて興行収入が凄まじい勢いで伸びている理由が

 良く良く理解出来る。


 数百本と、これまでに映画を観てきたが、

 当作品が一番最高でした、と

 そんな決まり文句、もはや挙げるまでもなし。

 
 
 


 1,300円の前売り鑑賞券だが、

 10,000円支払っても安いと思える一本。

 
 「チョコレート」にて、その演技力を注目。

 「ブロークバック マウンテン」でアカデミー賞主演男優賞ノミネート。

 
 そして今作にてアカデミー賞ノミネートの余力が十二分にあった

 ヒース・レジャー。

 
 今年1月、若くして世を去りました。

 この出来事は、

 当然私だけでなく、多くの方たちの

 悲しみを抱かせているに違いありません。

 
 もう二度と、スクリーンで観られないと思うと、

 今日は悲しくて悲しくて、

 ひたすらジョーカーが愛しく思えて仕方がありませんでした。

 
 
 届かない事は百も承知ですが、

 書かせて頂きます。

 
 
 ヒース、どうも有難う。

 私は数多くの映画俳優の中で

 「チョコレート」を観た時から

 貴方の事が、貴方のその存在が好きでした。

 
 どうも有り難うございました。

 どうか安らかに、安らかにお眠りください。

 
 貴方のジョーカーは、

 一生忘れる事はありません。

 
 今日、改めて目に焼きつきました。

 
 永き年数にわたって、


 「ダークナイト」であります様に。



 ダークナイト



≪≪THE DARK KNIGHT≫≫
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/737-0db883da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。