ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 どこか懐かしい、あの感じ

 
 【百万円と苦虫女】
 

百万円と苦虫女

 就職浪人中の佐藤鈴子(蒼井優)。
 アルバイトをしながら実家で暮らしていた。
 いつか、家を出て一人暮らしするために。
  
 そんなある日、バイト仲間にルームシェアしようとすすめられる。
 女同士でルームシェアのはずが。
 
 思いも寄らぬ事件に発展し、警察の世話になる。
 
 中学受験を控えた弟(齋藤隆成)にも責められ
 家に居づらくなった彼女は家を出て、
 1か所で100万円貯まったら次の場所に引っ越すという
 根無し草のような生活を始める。





  
 自分でも信じられない程、

 何故か観たかったのです


 タイトルから決めたせいか、

 予告編を観て良かったと思ったのか。

 
 観たくてどうしようもなかったので、

 ポイントが貯まったから昨日観てきました。

 
 結果、本当に観て良かったと思いました。

 個人的に蒼井優ちゃんは好きでないのですが、

 この作品を観て見る目変わりました。
 
 


 全体的にバランスがとれている。

 ストーリー展開が全く不自然ではない。

 “蒼井優”そのものを良い面悪い面出し切っている。

 監督が素晴らしいですね、これは。

 
 蒼井優とともに出会う人々も良い。

 “ニッポン”の温かみが隠されている。

 
 それと同時に、

 ただ単純に放浪の旅を描いて

 色々学んで、で終わっていないところも良し。

 
 森山未来演じるナカジマ君の
 
 裏表が描かれるシーンまで、

 きっちりとけじめが付いている。

 
 「佐藤鈴子」という、

 主人公のような、主人公なんだけど、

 第三者のような、自分のような、他人のような

 そんな立場を、

 蒼井優が本当に上手に演じている。

 
 更に、この映画独特の「沈黙」あるシーンの数々。

 
 空気が重苦しくならないのは、

 蒼井優の演技力か。

 普通の映画だったら

 「何だこれ、つまんなさそうだな」

 
 と思えてしまう。

 次なる展開への掛け橋であるから、

 観客は注目しているのだ。

 


 
 自分を探さない、旅。
 

 だから終わりがないのだ。

 
 弟君は強くなったのかしら。

 
 鈴子は、あの後出会えたのかしら。

 
 警察にお世話になる理由等

 それまでの事を包み隠さず

 語られていたが、

 一番重要?と思われる結果は

 すべて観客の心に委ねられている。

 
 良い映画じゃないですかぁ。

 日本映画、やるなぁ。

 見直したわ。

 

 と、偉そうに語ってますが、

 これからもまだまだ沢山の映画を観て

 語っていきますぞ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/728-db08523d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。