ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 真実が、知りたい

 
   ≪≪≪告発のとき≫≫≫

告発のとき

 
 
 「ミリオンダラー・ベイビー」

 「クラッシュ」

 
 2本のアカデミー賞作品を書いた

 ポール・ハギスの新作品。

 
 まず思った事。

 皆様書いていらっしゃいますが

 邦題と原題の違い。

 この邦題は違うと思う。

 悪と正義、虚偽と真実の狭間。
 
 ヴァレー

 少々勿体無い気がした。

 それだから星4つ。

 俳優たちの演技や設定は

 とても良かった。

 シリアスな役どころのシャーリーズ・セロン

 かなり久しぶりですね。

 綺麗でした。

 ただ、こういった立場の女性って

 やっぱ創り易いんですかね。

 最初はとがって、

 最後になるにつれ 主人公の事を助け出し

 事件解決へつなげてゆく。


 パターンとしては目新しくは無いが、
 
 斬新さはあったかと思う。

 
 それは トミー・リー・ジョーンズ氏の存在か。

 決して若くは無いが、

 繊細でしたね。

 息子の事を愛しているからこそ、

 真剣に、真剣に探したい。

 どんな犠牲を払ってでも。

 
 妻と電話で話しているシーンが

 一番印象に残った。

 スーザン・サランドン氏も

 とても上手でしたね。

 「魔法にかけられて」とは

 もう天と地くらいに全然違う。

 
 


 親の知らない子供。


 親の知らない子供の闇、心、生活、気持ち。

 これは現代の親子間を映し出しているのかな。

 結局人間の心なんて

 誰もわからない。

 軍人一家に生まれ、

 イラクへ派遣され、

 そこで「ドック」と呼ばれるほど

 ヒステリックになった。

 
 「ドッグ」、「ドック」か。

 
 それぞれの人間の価値観。

 尊敬しているからこそ、

 その存在がたまにウザイと思う。

 信頼している仲間だからこそ、

 キズ者に思えてくる。

 
 若いからこそ、

 心大きくして受け容れられない。

 ちょっとしたいざこざの果てに

 起きてしまった

 悲惨すぎる事故。

 その体を42ヶ所刺し

 切り刻み、

 焼き、

 その足で 

 あまりに飢えていた為
 
 盗み取ったカードでチキンショップへ。

 
 


 受け止めなければならない真実。

 アメリカが隠している、

 というよりもむしろ

 そこまで公表しなくても良い事だから。

 裏にある 真実が

 かいま観れる1本。

 
 


 戦争が絡んでいる映画、ということで

 気合入れて観ましたが、

 逆にやられてしまった。

 
 「大いなる陰謀」といいい

 この「告発のとき」といい

 
 何とかならないものかね邦題。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/701-6ef3b050
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。