ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ≪ウォーター・ホース≫
 
 ウォーター・ホース


 
 第二次世界大戦中のスコットランド。
 ハイランド地方に暮らす少年アンガス・マクマーレンは、
 湖のほとりで不思議な卵を見つけ、家に持ち帰る。
 
 やがて殻を破って現れたのは、
 その地方に伝わる伝説の海獣、ウォーター・ホースだった。

  
  
 『ナルニア国物語』の感動作品を生み出している

 WALDEN FILMS
  
 『ロード・オブ・ザ・リング』が生み出した 

 VFXで繰り広げられる映画。

 
 


 感動しました。

 心温まりました。
 
 『テラビシアにかける橋』につづき
 
 涙が流れ ラストにかけて止まりませんでした。
 
 
 脚本が強く設定されている為

 まったく飽きなかったですね。

 むしろぐいぐい引き込まれていきました。
 
 
 ウォーター・ホースも

 すごく良くできているなぁって思えました。

 小さい頃の彼は本当に可愛かったし、
 
 『エラゴン』を思い出しました。
 
 
 なんといっても

 主人公の少年がとてもよかった!
 
 走って泳いで

 頑張ってました。
 
 お父さんを待っているその姿、
 
 健気でまた涙。。
 
 


 ネッシーはいる。

 そう、信じています。
 
 たとえ 夢物語でも。 
 
 信じる、信じないは 人それぞれ。
 
 わたしは、

 信じます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/574-38db68a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。