ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンニチハ☆




こまったみかんです(苦笑)




年末年始のこんの忙しい時に、
いろいろな病気が発覚してきてこまってるみかんです(>_<;)





さてさて、本日はタイトルにも書いた『為替ポジション』について、チャキチャキご説明していきたいとおもいます(^O^)v






ではさっそく、『為替ポジション』とは、
企業や銀行が外貨建ての債権を持っているのか、
外貨建ての債務を持っているのか?



これを企業の『為替ポジション』というのであります。





ではここで例をあげます☆☆

輸出企業Aがドル建ての商品を輸出し、
輸出代金を受け取って、それを円に交換するまでは
当該輸出企業は「ドル建ての債権」を持っていることになるのです>^_^<


この時に、この輸出企業Aはドルの
「買持(かいもち)ポジション」を持っている
といいます(^^)v



この「買持ポジション」をもっている企業は、
外貨(この場合はドルですね)の対円の為替相場が下落すれば、
期待した利益が減ってしまいますm(__)m




この買持の外貨ポジションは、
上記のような“外貨建ての輸出”から生じるのみではありません!!


たとえば、企業が外貨預金を保有しているときも、
ドルの買持ポジションを持っているのであります。




ではその逆に、
輸入企業Bがドル建ての商品を輸入し、
輸入代金を円でドルを購入して支払うまでは、
当該企業Bは「ドル建ての債務」をもっているということになるのです☆



この時、この企業Bは、
ドルの「売持ポジション」をもっている
といいます(^^)v



この「売持ポジション」を持っている企業は、
外貨(この場合はドルですね☆)の対円の為替相場が下落すれば、利益を得ることになります(^^)v





ではちょっとまとめてみますね☆☆


【ドル建ての債権保有】=『買持ポジション保有』

【ドル建ての債務保有】=『売持ポジション保有』









ではフィニッシュに、
外貨の「買持ポジション」でもなく「売持ポジション」でもない状況があるのです(^○^)//




ごぞんじのかたがいらっしゃるとは思いますが。。。


その状況をですね、




『スクエアー』である

というのです☆☆




  例をあげてみます(^^)
輸出企業Gがドルの輸出代金を受け取り、
これを銀行で円に交換すると
外貨の買持ポジションはなくなるので、
この外貨ポジションは『スクエアーになった』

このようになるのです☆☆☆



ちなみに、この『スクエアーsquare』は、
英語で《偏りのない状態》を指しています(^^)v








※余談※

正方形、真四角、四角いもの、こういった意味もあるのです




まぁ要するに、
外貨建ての債権と債務がバランスした状態、ということなのですね(^○^)v







本日はこのあたりでおやすみzzzしましょう♪(笑)



またね(^^)v
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/54-8236528a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。