ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ☆☆金曜日ですお疲れ様でした☆☆

 
 みかんです(^^)v
 
 
 どんな1週間だったでしょうか。。
 
 一番のニュースは

 じつに53年ぶりの中日ドラゴンズ日本一

 
 だったのでしょうか。

 
 久しぶり、といっても過言でないほど

 良いニュースが市場を飛び交いました。

 
 


 さてさて。

 決して良いニュースばかりではない事が現実で。。

 
 米国株大反落  

 
 11月は1日、

 米株式相場は大幅反落。
 ダウ工業株30種平均は前日比362ドル14セント安
 1万3567ドル87セント、ハイテク株比率が高い
 ナスダック総合株価指数は同64.29ポイント安の
 2794.83で終えた。

 信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題
 めぐる不透明感が再燃。金融株の下げが相場を押し下げた。

 
 主な株価指数は大幅下落して始まった。

 カナダの金融大手CIBCが資本が不足気味として
 シティグループの投資判断を「中立」から「売り」に
 引き下げたことなどが手がかり。
 
 CIBCがリポートでシティは配当削減などで 
 資本を増強すべきだ、と指摘した事を受け、
 配当削減の思惑が出て売りを誘った。

 
 同様に、CIBCによる投資判断引き下げを受け、
 バンク・オブ・アメリカが下落。
 サブプライム問題が金融機関の業績や財務に与える悪影響が
 さらに大きくなる可能性があるとして、金融株が全面安
 となった。

 
 午前10時に発表された米サプライマネジメント協会(ISN)
 製造業景況感指数は50.9と前日から低下。

 市場予想(51.6)も下回った。
 
 


  
 米国市場の経済先行き懸念、

 サブプライムローン問題、

 これらをまともに受けた金融株が大幅に下落。

 日本、アジア市場もまた同様に

 金融株中心に下げが見られました。
 
 どうやらまだこの動きは

 止まりそうにない感じは強いです。

 
 悲しいかな、来週もまた下げて始まることでしょう。

 
 今年中に日経平均が18,000円を越えることは

 あるのかどうか。

 超えてすぐに上値重いため

 すぐにまた下げて17,000円台もしくは

 16,000円台で落ち着いてしまうかもしれません。

 
 どうなるでしょう、来週に乞うご期待!!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/505-4f0975f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。