ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 【傷だらけの男たち】

 かつては上司と部下の関係だった
  ベテラン刑事のラウチン・ヘイ(トニー・レオン)   そしてポン(金城武)
 
 だが、ある事件をきっかけにポンの恋人が自殺、
  その時からポンの生活は一変した。
    警察を辞職し、免許こそ無いが私立探偵となり、
     酒びたりで自堕落な日々を送っていた。
 
 一方のヘイは、億万長者チャウの娘スクツァン(シュー・ジンレイ)と結婚し、
  キャリアもプライベートも順風満帆だった。

 そんなある日、
  チャウが自宅で惨殺される事件が起きる。
   非常に厳格な父の突然の死に
    不審を抱いたスクツァンは、
     ポンに捜査を依頼する。
 
 ポンは捜査へ奮闘する一方、ヘイは・・・
 
 
 傷だらけの男たち


 ※ネタバレあります。ご注意ください※
 

 ダークな印象が強かった内容でした。
 
 役者らの演技は素晴らしかったです。
 
 一時一時、とても繊細で、
 
 東洋人ならではの気質というか、

 細かな面では綺麗だと思いました。
 
 特にヘイの妻役のシュー・ジンレイは本当に女性らしく

 美しかったです。

 彼女の登場シーンから

 ずっとスクリーンに釘付けとなるほど、
  
 同じ女性として凄いな、と観ていました。

 

 改めて感じてみると。
 
 トニー・レオンをスクリーンで観たのは

 初めてかなと。

 やはりステキ!でした(>▽<♪♪)
 始終目がハートでした(笑) 
 
 ただ・・・

 なんか、なんか よくある2時間サスペンスドラマのような

 動きが多かったような気はしますm(__)m正直。
 
 
 
 1人1人の演技は良かったです。

 けれども、

 全体を通した内容は みかんとしてあと一歩、でした。

 
 


 中国作品は 『頭文字D THE MOVIE』以来ですが、

 たまにはこういった映画も◎ですね(^^)

 傷だらけの男たち

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/416-f38f417b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。