ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界に放つ 衝撃の作品

 
   【バベル】

バベル


 
 ◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆

 衝撃作って…

 アカデミー賞確実って…

 
 どれだけ期待して 今日この日に 望んだことか。
 
 ショックです。

 
 正直裏切られてしまった感じがしました。
 

 ◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆


 俳優1人1人の演技力は素晴らしかったです。

 
 ブラッド・ピット、凄かったですね。

 渾身の演技でした。

 
 本当に 心の底から 誰か助けて欲しい、

 そんな強い願いが スクリーンを通じても感じることが
 
 できました。

 
 ケイト・ブランシェット

 どんなシーンでも美しいですね(笑)彼女は。

 
 サンチェゴ演じるガエル・ガルシア・ベルナル

 
 正直驚きました!こんな役柄とは…

 
 これまで観てきた彼のイメージが 覆された感じです。

 
 かなりホットな性格で。
 
 風に吹かれるまま 生きているといった感じで。
 
 
 スーザンの子供2人が ひいているのにも

 ワカル気がします。

 
 バベル


 ◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆

 ところで あの観光バスは メルセデス?!

 
 そして、あの警部の乗っていた車はまさしくTOYOTA

 
 ◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆

 
 菊地凛子の演技も凄かったです。
 
 危機迫るものがありました。

 
 母を亡くし、言葉を無くし。

 
 この不自由な生活に 何か刺激が欲しいと
 
 
 エクスタシーを感じてしまう。

 
 歯医者でも(笑) 刑事の前でも。
 
 
 ドン引きでした。
 

 しかも あの刑事さん、
 
 なぜロビーで 調査内容を言ってしまうのか;;;

 
 2人だけだからよいのだろうか。

 ◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆

 とまぁ、矛盾点が いくつかある中、 

   
 あっという間の エンドロール

 
 作品が終わったと同時に

 速攻で席を立つ人の姿が 目立ちました。

 
 あぁ、皆同じ思いなのかな、なんて。

 
 ちょっとかなしくなりました。

 
 と、書いているそんな時、

 1本のニュースが目に入ったので記します。

 
 「バベル」見て吐き気 速い照明点滅で7人


 症状は軽かったようです。

 
 菊地凛子演じるチエコが 

 渋谷のクラブに入ってからのシーンです。

 
 確かに目がチカチカしてしまいましたね;;


 とあるアニメ番組を思い出しました。

 
 ◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆

 内容は

 イニャリトゥ監督らしく

 時間軸をずらしながら 物語を進める。

 
 別に違和感は無かったとおもいます。

 
 
 映画のテーマともいえる

 「人間性」 喜怒哀楽があらゆるところで

 見られました。
 

 そして、最後に思ったことが

 
 誰もが “苛立っていた”と感じました。

 
 作品に登場する人物皆、といっていいほど

 
 やるせなさに 苛立っていました。

 
 言葉が通じない。


 この理由だけでなく 

 今置かれてしまっている状況に。
 
 
 この苛立ちを どこにもぶつけることができない状況に。


 バベル



 ◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆◆■◆

 
 正直 観客も 苛立っていたりして(苦笑)

 
 個人的には あと2歩くらい 補ってもらいたかったかなぁ。

 
 アカデミー賞が【THE DEPARTED】になったことも

 納得ができるような。。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/343-d1fa61c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。