ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 【オール・ザ・キングスメン】

20070414183050.jpg



 義務と権力

 攻撃と守備

 表と裏

 光と影

 
 
 いかなる人間においても

 善意と悪意に 満ちている。

 
 善は悪より生まれる。

 
 悪は善によって生み出される。

 
 


 以前パラパラとめくっていた映画雑誌のなかで

 
 2006年春公開予定、と書かれてあったのを思い出す。

 
 おそらく 何か理由があったせいで

 今年2007年公開となってしまったのか。
 
 それとも

 米国で酷評だった為 日本においても延期されたのか。

 
 もしくは 4/8の知事選挙に都合がよかった理由か。

 
 理由をあれこれ考えるよりもむしろ

 内容が。

 
 内容が 勿体無い。

 アカデミー賞受賞俳優である

 ショーン・ペン、アンソニー・ホプキンス

 ケイト・ウィンスレット



 そして アカデミー賞ノミネート俳優
  
 甘いマスクで女性に大人気、その演技力にも

 作品を重ねる毎に 磨きがかかっている

 
 イギリス出身 ジュード・ロウ
 
 そして マーク・ラファロ
 
 
 これだけの俳優陣が揃って

 あの脚本では 本当に勿体無かったです。

 
 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 たしかに 1人1人の演技は

 本当に素晴らしかったです。

 まさにまさに オール・ザ・キングスメン!

 
 ショーン・ペンはやっぱり凄かった!

 あの演説。いやはや、今更どうこう書く必要が無いほど。

 
 あれほどの演説を聞かされれば 嫌でも票が入る事でしょう。

 
 「皆様と私の前に立ちはだかる者がいたら

 ハンマーで叩きましょう!

 潰しましょう!!」

 
 田舎・黒人・貧乏

 差別視される者から 救うため

 日々の生活が 穏やかに緩やかになるため

 選挙にたつ。

 
 民衆の前に 立ったその姿に

 
 拍手したくなった。

 
 「知事になりたくてなりたくて 仕方ないのです。


 でも、なれないのです」


 
 人間が人間から力を借りることは 難しい。
 
 
 力でなく 持ち前の“言葉”で

 誘った。
 
 
 学校、橋、病院

 
 新たに建設し、新しい街づくりを約束する―

 
 信ずべきか、憎むべきか。

 
 排除すべきか、受け入れるべきか。

 
 「政治は選択だ」

 
 この言葉が 今でも聞こえる。

 
 政治は選択だ

 
 投票者である市民が 選択するのだ。

 
 どの形であっても その選択が

 正しいとなる事は ないのだ。

  
 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 
 たしかに 脚本、ストーリーについては

 納得できなかったが、

 根底に潜む サブジェクト

 なんとなく 理解できたような気がした。
 

 それは 政治の裏に隠された秘密

 
 というよりもむしろ

 
 人間の表裏というか
 
 人間の善悪というか。
 

 見えた気がする。


 背筋がゾッとした

 綺麗な人間って、いないんだなと。
 
 
 そう思うと 歯痒くて仕方なかった。


 20070414183122.jpg



 1949年、アメリカはルイジアナ州

 新聞記者ジャック(ジュード・ロウ)ウィリー(ショーン・ペン)と出会ったのは、役人であるウィリーが郡の汚職を非難していた頃だった。

 やがて職を辞したウィリーに、州知事選立候補の転機が訪れる。当初は対立候補の当て馬だったウィリーだが、形勢が逆転、遂に州知事になる。その頃ジャックは記者を辞め、ウィリーの参謀になっていた。時が経ち、ウィリーの権力は絶大になり、いつしか彼自身が嫌っていた汚職やスキャンダルにまみれ…。

20070414183134.jpg


 
 地位に溺れ 権力を身に付け

 愛に負け 高慢を曝け出し
 
 
 悪魔の声を聞き

 牙を剥き出し そしてまた新たな地位を獲得する。
 

 もしかして、

 他人事ではないかもしれない。

 
 “現状に溺れ 見えてくるものが見えない”
 って、本当は 一般市民にも言えるかもしれない、とか。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/327-7f30361c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。