ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 【ブラックブック】


ブラックブック



 ポール・バーホーベン監督最新作。

 オランダ・ドイツを舞台に

 1人の美しく強き女性にスポットを当て
 
 戦争時代と共に 熾烈な生き様を太く鋭く描き出した作品。

 
 筆を止めることなく、

 息をつく間もなく

 敵から逃げるために

 生きるために

 あと数時間後の生活のために
 
 闘う。

 
 精神的・肉体的に 痛み傷つき血を出し物を吐き、

 
 それでもしなやかに 生きるその姿は

 観ていて本当に飽きない。

 
 そしてなによりも 脚本が凄い。
 
 つぎつぎと 舞台・場面・人物が変わり

 さっきの人は?いまの人って??

 と疑いも生じるが、まず考えている暇がない。
 
 わからなくても ストーリーがしっかりしている為

 つまらなくならない。

 
 そして、信じるべき者は?

 裏切り者は?

 一体誰なのか、果たして最後の最後までわからない。
 
 そういうラストだったのかと

 始終興奮が止まない。

 
 ▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

 
 いやはや、

 『ブラッド・ダイヤモンド』に続き

 また素晴らしい映画を観てしまった…

  
 というか、これは 観るしかないだろう。 

 久々の?

 ぶっちゃけ初めての?

 「映画」を観た。

 
 そして オランダ映画祭にて

 3度目の 「最優秀女優賞」を獲得した

 カリス・ファン・ハウテン

 
 凄いんだ、彼女がまた。

 この彼女がいるからこそ、この映画が際立つ。

 黒いシーンに花がパッと咲く。
 
 
 美しいだけじゃなく

 その確かな演技力には 本当にため息が出る。

 スクリーンを観ている、というよりむしろ

 
 「人間の生き様」をこれでもか、と言うほど演じていた。
 
 
 凄い。いや本当に。

 体当たりの演技とは、この事をいうのだ。

 
 愛してもいない、何も思っていない。

 むしろ 殺したい相手に

 「女」という武器を手に 裸の状態で立ちはだかる。


 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 更に、

 この作品を 「戦争モノ」と括るのは

 間違っていると思う。

 
 いままで ナチス vs. ユダヤ の話は

 たくさん存在するが、
 
 女スパイ映画は 少ないだろう。
 

 2時間20分

 1分も 長いと思えなかった。

 
 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 1944年

 ナチス・ドイツ占領下のオランダ。

 
 若く、美しいユダヤ人歌手 ラヘルは
 
 唯一の隠れ家が空爆を受けてしまう。

 
 ドイツ軍から解放されたオランダ南部へ

 その夜、舟にて逃げようとするが

 何者かの裏切りにより 両親や弟を

 ナチスにより銃殺されてしまう。

 
 誰かが 彼女らの命を売ったのだ。

 ラヘルも頭を撃たれるが 命からがら

 水の中に飛び込み助かる。

 
 水藻に隠れながら
 
 銃殺したユダヤ人らの金・宝石等

 盗むナチスらの惨い行動をその目に焼き付けるラヘル
 
 
 
 名前をエリスと変え、

 ブルネットの髪を金髪に染め、

 レジスタンスのスパイとして

 課報部のトップであるドイツ将校ムンツェに

 その美貌と歌声を武器に近づいて行く。


 果たして

 裏切り者を その目に仕留めることができるのか?

 
 そして、ラヘル率いるユダヤ人らの命は…

 
 なによりも タイトルの「ブラックブック」の正体は?


 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 わたしの脳裏に

 グサリと 刺さったこの展開。

 そして 衝撃的といえば衝撃的な映画。

 血で血を洗う戦争。苦しみは更に激しくなり

 本当の「静けさ」をどれだけ願っても届かない現実。

 
 その時 わたしだったら?

 今の日本で 戦争が繰り広げられたら?

 
 つゆいささかも “考えてみる”暇がない

 この状態が、

 なぜか 歯痒い。

 そして、赤面してしまう。

 恥ずかしい、というか 情けない、というか

 誇らしい、というか 憎憎しい、 というか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
はじめまして、こんばんは☆
コメントとトラックバックを有難うございます。
「ブラッド・ダイヤモンド」も良かったし、この「ブラックブック」も想像以上の作品でした。
ラストの平和に暮らしているエリスの家族に、また戦争の影が近づいているといったシーンがなんとも重かったです。

ここまで良い作品が続くと今年の作品はすべて期待出来るかもなんて事まで思えてしまいますよね(*^^*)
2007/04/11(水) 20:52:20 | URL | ぴんくのひつじ #mQop/nM.[ 編集]
☆こんにちは☆
この度は お忙しい中
足を運んでいただき 有難うございました。

そしてCM、TB有難うございます。

実際去年よりも今年の映画のほうが
楽しめそうな作品が揃っていますよねi-179
夏も期待できる作品ばかりです。

またお気軽にいらして下さいi-237
2007/04/12(木) 21:02:47 | URL | (作者)みかん #LkxTU30E[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/324-e308fb32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今日は、早起きして出かけても大丈夫かどうかしばし様子を見てから、セキ止めを飲んで怪しいマスク人間になって街に出かけた。手元にスガイの優待券がもう1枚あり、9日が有効期限だった事と、ネットで上映時間を確認したところ、初日の今日は先着100人にチョコレート..
2007/04/11(水) 20:53:58 | ぴんくのひつじの徒然日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。