ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壮大なスケール

迫力ある戦闘

深い人間愛。


日本映画はこういう繊細な部分がよく描かれますよね。

キャストらの演技力はともかく。

人間の奥にあるその気持ち、想い、心が

すごくよく刻まれていた映画だなと感じました。


【蒼き狼 地果て海尽きるまで】


蒼き狼




反町sanかっこよかったです(>▽<♪♪)


『男たちの大和』よりずっと迫力ありました。


特に泣けたのはラスト近くの息子とのシーン。。。


父子愛に本当に涙が出てきました。


血のつながり、父より受け継いだ地位。


葛藤、思いのすれ違い、

偉大なる父への小さな希望。


感動しました。。






でも、賛否両論はげしそうな作品ですよね^^;


とあるサイトの映画レビューでもこれでもかというほど

叩いていましたし。

みかんも初日観ましたが、年齢層はわりと高かったですね。



つい先日のニュースでも角川氏訴えられていました。


ただ、映画というのは

どんなに良い作品でも悪いという人は沢山いるし、

どんなに悪い作品でも良いという人は沢山いるし、

誰が何と評価してもそれは人それぞれずれが生じるので

仕方ないと思います。


実際みかん『タイタニック』のどこが良いのかわかりません。







一番グッときたのが


チンギス・ハーンの母親の言葉でしたね。。


「生まれてくる子供に罪はないのだよ」

うんうんと何度頷いてみたことか。


まぁ他にもいろいろ頷ける部分はありましたが、


1つ、女性として気になってしまったのが。。


某大臣の言葉「女性は子を産む道具」


。。。ジャムカの口から出てきていました。


…やはり、いつの時代より、いつの国でも


このような考えはあったのですよね。

思ってみました。






それにしても、ほんと邦画も凄くなりましたよねー。


制作費30億円とはびっくり☆★


オールモンゴルロケにより、その迫力は大きかったです。


こういったスケール大の映画はやっぱり映画館でみたいですよね。


【あらすじ】

 史上最大の帝国・モンゴルを築き上げた英雄チンギス・ハーンの半生を描く歴史大作。

 部族の長(イェスゲィ・バートル)の息子として生まれたテムジン(のちのチンギス・ハーン)は、彼らの始祖“蒼き狼”の生まれ変わりとしてたくましく成長する。しかし敵対する部族に父親が殺されると、部下たちから見捨てられてしまう……。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/301-04a09eeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。