ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 【幸せのちから】



強い、父子愛を描いた物語でした。

クリス・ガードナーという、実在の人物の半生記として

2時間しっかりまとめ上げていました。


営業成績も思わしくなく、

駐車違反料金・税金等取られ

家賃払えずアパートから追い出され、

お金も無いまま1日1日必死で生き抜く2人の姿には

涙を誘った。


特に女性トイレで、タイルの床にペーパーを敷き詰め

子供は寝て、父が涙を流すシーンなんてほんと

辛さが心にジリジリ響きました。





主演ウィル・スミスと、実の子供ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス。


まぁ当然といえば当然なのかもしれないが、息がピッタリ

合って、テンポも非常によかった。


心に残るシーンは沢山あったが、

中でも


「夢を守れ。自分はできないと、俺にも他人にも言うな」

・・・

最後の最後まで、信じ抜いたから、

希望を絶対忘れなかったから、

自分を壊してまでも、大切な子供を守りたかったから、

自分を壊してまでも、大切な機械を守り、稼ぎに結ぶ為

1日を、がんぱって生きようとしたその努力が、

「合格」への切符だったのかもしれない。






ウィル・スミスの体当たりな演技力が

素晴らしかったです。


クリスの妻リンダ演じたタンディ・ニュートン

『クラッシュ』につづき良かったです☆☆


・・・
もしタンディでなく

ジェイダ・ピンケット・スミスだったら


凄い映画になってましたよね(笑)





5時間席を立たず、トイレにも行かず、

水も飲まず、受話器も置かず、

人より早く仕事を終わらせ、教会へ並ぶ。


親とは強いなぁと、改めて感じました、ハイ。


何が大切で、何が必要で、

何によって成長し、何によって傷ついたのか。


1つ1つの趣旨が明確にされる事により、

初めて「HAPPΥNESS」の意味がわかる気がしました。



【あらすじ】
 骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計を立てるクリス・ガードナー(ウィル・スミス)は、大儲けを見込んで買い取った機器を思うように売ることができず、家賃や税金を払えない状態に陥ってしまう。
 妻のリンダ(タンディ・ニュートン)にも去られた彼は、証券会社の正社員を目指して養成コースを受講しようとするが……。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/291-8259feb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。