ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ぽかぽかいい天気☆


こんにちは、みかんです(^^)v


本日は、外国株式についてちょっとふれてみたいと

思います。





証券会社に入社する前は、

普通に「マイクロソフト」の株式が購入できるかと

思ってました。


違うんですよねぇ(^^;;;

『外国株式』なのですよね。


◎外国証券取引口座の設定申込書
 お客さまから外国株式の注文を受ける場合は、
 あらかじめ「外国証券取引口座設定に関する申込書」
 を受け入れる必要があります。
 
(「外国証券取引口座約款」の交付が必要)



 
◎外国証券は、原則現地の保管期間に預託
 外国株式の株券は、原則として日本国内に持ち込まれず、 
 現地の保管期間に預託される方法がとられるため、
 株券の受渡し、配当・新株引受権等の処理、議決権の行使、 
 株主に対する通知・報告など、特別の取り決めが必要に
 なるからです。
 
 「申込書」の受け入れは、こうした処理を円滑に行うために
 必要なものです。



◎外国株式取引の形態は3つ 
 外国株式取引は、その取引形態によって、
 国内委託取引・外国取引・国内店頭取引
 3つに分けられます。


○国内委託取引 
 国内委託取引とは、
 国内に上場されている外国株式の取引で、
 東京と大阪の証券取引所に上場されています。


○外国取引 
 外国取引とは、
 お客様から外国株の委託注文を受け、外国の有価証券市場に
 取り次ぐ取引のことをいいます。
 取引できる市場の条件は、日本証券業協会の規則に定められています。

 外国の市場に売買の注文を出すため、
 時差の関係で、市場によっては注文発注日と約定日が
 ずれてしまうことがあります。

 このため、約定日は、売買注文の成立を証券会社が確認した日 
 となっています。


 また、買い付けた株券は、混蔵寄託契約により、
 証券会社に寄託されます。

 寄託された株券は、証券会社の名義で、
 証券会社の指定する現地の保管機関に寄託されます。

 したがって、配当金なども証券会社が受け取り、
 お客様に支払うことになるのです。。



○国内店頭取引 
 国内店頭取引とは、外国株式の注文を現地の市場に出すのではなく、
 証券会社が相手となって注文を成立させることをいいます。

 国内店頭取引は、お客様が希望し、かつ、証券会社が
 これに応じる場合に限られます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/256-c743bc82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。