ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・・・
米国は、ドルが急伸し118円台に乗ったスピードの中、


この映画は、とても緩やかに、静かに、進んでいた。



たったラストシーンだけを抜いて、

音楽も少なく、カポーティ1人の姿が、

生き生きとしている感じだった。






【カポーティ】



さっすがですね、さすがホフマン


なりきってましたよ、驚きました。


恵比寿で観たのですが、


上映前に、実際のトルーマン・カポーティの声が流れて

いたのですが、映画でもすごく似ていました。


仕草も、話し方も、きっと沢山研究したのだろうなーと、


改めて“貫禄さ”を心から感じてみました。



確かに眠くなる部分はありましたが…


そして、前半はまだカポーティの特徴的な声を

受け入れる事が難しかったですが、


徐々に作品に、のめりこんで、

そして、自らもペリーの心にのめり込んでいました。






フィリップ・シーモア・ホフマン

エリザベス・キーニー

クリス・クーパー




豪華な俳優陣の、その確固とした演技力

とても素晴らしかったと思います。


これなら、アカデミー主演男優賞に選出される事が


できるよなーと思えました。


カメラワークもよかったと思います。


よくけじめが全体的についている映画だなーと思ってみました。


この時期にフィットした作品ですよね



「冷血」



冷たい、血を持つ人間。


それは、正義の名をもつ人間なの?


それとも、悪事を行い、

それでも1パーセントの望みを捨てずに生きている

人間の事なのか?





最後に笑う人間の重み


「人間」という、難しくも儚い生き物について


描写が繊細だった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/252-51a91676
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。