ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ☆残暑お見舞い申し上げます☆


 皆様いかがおすごしでしょうか?(^^)

 
 あっという間に9月に突入してしまいました。

 早いものです。


 さて、ここでタイトルにも書きました

 夏の映画みかんのベスト5を挙げようと思います!!

 
 ピリ辛評論で述べてみました






 【スーパーマン・リターンズ】

今年は…
正直、これ!と言って素晴らしい作品に巡り合えないかな~って
思っていましたが、


ありましたよ!!!


オープニングテーマから一気に背筋に緊張を走らせた、
このストーリーが!!

昔の印象と変わることのなく、
かと言ってお子様向けムービーでもなく。

ロマンスも含まれ、観ないとこの感動は分からない!

そんな作品でした


2時間35分が、短くも感じられました。


絶対スクリーンで観たいですね、これは。


果たして主役さんはどうだろうか、と思ってましたが、

なかなかでしたよ(^^)v


ボズワースも可愛かった。

ただ、来日時のあの髪はちょっと。。。

パリス・ヒルトンを思い出してしまいました。






【ユナイテッド93】



これは。。。

今年のベスト1に挙げてもよかったかなと思った位、
よかったです。


よかった・・・と一言で終えてしまうより、

すごく考えさせられました。

本文でも書いておりますが、

アメリカだけの悲劇ではないですよね。

ずっとずっと、これから長く続く、

しかし解決せねばならない問題だと思っています。



この作品が微妙な出来、とおっしゃるなら、

どう変えれば完璧となるのでしょうか。


この世の中に完璧な作品など、ないですよ。


そんな中、あれだけリアルに撮影していたのは

凄かった。

もし、もしこの自分があの飛行機に乗っていたら。


みかんの中で、よく考えてしまう課題です。


ホラー映画とはまた違った恐ろしさを覚えた作品です。






【ミッション・インポッシブルⅢ】


夏!!って感じの映画でしたね(*^^*)


トムが若く見えました(笑)


オープニングが凄くよかったです。

みかん、ああいう始まり方好きですね~


ラストに近いハラハラを冒頭に持って来て、

観客を一気に引き付けたところで


お決まりのテーマソング!!!


スカッとしましたねー☆☆☆


ただ、どうしてもアクションばかりに重点が置かれてしまった事に関しては、ちょっと勿体無い点がありましたm(__)m


もう少し、セリフ等多めに入れて、人情的な描写も描いて欲しかったです(^^)


飽きさせない作品でしたねー。


2よりもスケールがかなりアップしてましたし、
悪役のホフマンの存在も威圧的でした。


もう4は…ない、ですよねー?(笑)






【パイレーツ・オブ・カリビアン2】


当作品は、4番目かな。もしくは5番目かな。


ちょっと。。。残念でしたm(__)m

パイレーツ・オブ・カリビアンファンみかんにとって、


かなりの期待で胸を膨らませ、初日に出向いたわけでありますが、

ちょっと。。。


1が凄かった影響もあるのでしょうか。

戦闘シーンが長かったですね。

ジョーンズの姿には、引いてしまいました(苦笑)

あれをでも観るのか、と思うとゾッ。。。


音楽も、担当が替わってしまい、残念でした;;;



勿体無いです。キャスト1人1人は腕が素晴らしいのに、

演出が・・・(^^ゞ


キーラはとっても素敵でした☆☆彼女は将来、素晴らしい女優になるでしょうね。1作品毎に着実に磨かれていると感じてます。



と、色々述べつつ、3を観る気満々のみかんだったり(爆)






【マッチポイント】


…挙げちゃってみました(笑)

スカーレットファンなので(^^ゞ


ラストにはただただビックリ(本当に1人で口開けちゃいました;;)呆然。


でしたが、全体的にいい感じの流れだったと思います。

さすがウディ・アレン監督(拍手)


よく見ているなー。と。

人間、という、綺麗で汚い生物を。

人間、という、豪快で、それでいて儚い存在
を、


繊細に描いていました。


1人、1人の性格も映画の中に組み入れられており、

不自然さが感じられませんでした。


スカーレットの魅惑も、上手に描かれていました。



この夏の、やられた~!!ですね(^^;;)







以上です☆☆



最後に一言。



やっぱり映画は映画館で楽しまないとっ♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/239-5f13786b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。