ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・・・

冷蔵庫OR冷凍庫に入っている物以外、

すべてとけついている

この暑さ;;;




ありえないですm(__)m


キーボードも熱いこと。




こんにちはみかんです(^^)v

先ほど、くりぃむしちゅー有田哲平が出演していたベタドラマを見て、


「あぁ!あるある!!こんなドラマ!!」


なぁんてかるーい感じで見ていた結果、

涙涙のストーリーに、ラスト拍手を送りたくなっちゃいました






さてさて、最近では一昔前よりも投資ブームになりつつありますよね(^^)


なにげにあの人…もしかしてFXやっちゃってる!?とか。


銀行側もゼロ金利を解除し、

法人だけでなく個人投資家も積極的に『金融市場』に参加する形となっていくと思っています。


ここに出て来た『金融市場』とは何か?


○資金を欲しがっている人と、
 資金を提供したいと思っている人が、資金を融通しあう場○



のことなのですよね


 お金を貸し借りしたり、株や社債を売買したりする場は、


 すべてこの『金融市場』の一部だったりします。


まぁ、「場」といっても、
例えば株売買の場の1つである東京証券取引所のように、現実の場所、として存在するのもありますし、

銀行どうしが電話でやりとりしてごく短い期間、資金を融通しあうコール市場のように、いわば電話網で形成されている仮想の市場もあるわけです。


『金融市場』は大きく分けると、
1年以内の資金盗りH気の場である「短期金融市場」

と、

1年以上の資金取引の場である「長期金融市場」
に分けられます。



「短期金融市場」には、
[インターバンク市場]:金融機関だけが参加して資金の貸し借りをする


[オープン(公開)市場]:金機関以外の企業なども参加する


があります。

 
「長期金融市場」には、
[株式市場]:株式の取引を通じて資金の調達・運用をする


[債券市場]:債券の取引を通じてする


があります。


 この2つのほか、最近ではデリバティブ取引の場である
 [デリバティブ市場]も発達しております。





 これらお金の調達・運用の場である『金融市場』が発達すれば、それだけ企業や金融機関はより有利な条件においてお金を提供してくれる相手を探すことができます☆☆

 
 投資家としても、より有利な条件において資金を提供することができますv(^O^)v


 
 『金融市場』の発達において、世の中の資金の有効活用が図られる、というわけであります。

 
 経済の発展のためにも、『金融市場』は重要な役割を果たしているわけなのです
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/225-6bbb24f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。