ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お疲れ様です☆


暑いですね(^^ゞ(^^ゞ


さて、しばし前からみかんが注目しているファンドは、

『グローバル・ソブリン』のファンドです。

チャートから、すごくいい感じだなぁと

思っていて、買いたいと思っているのですが。m(__)mトホホ




 さて、まぁ株式投資信託といっても様々な種類がありますよね☆☆

 同じタイプに分類されている投信でも、様々な運用会社が多様なファンドを設定・運用していますから、この中のどれが自分に合っているのか?どれが自分の大切な資金の運用を任せられるファンドなのか?

 たかがファンド、されどファンド。

 選ぶのが大変です。

 
 ここで、それぞれの投信のリスクがどれくらい大きいか、これを知る材料として、投信のリスク・リターン分類があります。


 投信は必ずしも元本が保証されませんが、そのなかでも大きいリスクをとりながら大きいリターンを狙うタイプがあります。


 リスクが大きければ狙えるリターンも大きく

 逆にリスクが小さければ、狙えるリターンも限られる
 という関係となります。

 

 こうしたリスク・リターンを5段階で評価し、それぞれの投信がどのランクに当たるかを示したものが、

 「リスク・リターン分類」です。



Ⅰ(安定重視型)
 安定した利回りを目標にして、値動きの少ない証券で運用する。



Ⅱ(利回り追求型)
 利回り向上を目標として、公社債中心に運用する。



Ⅲ(値上がり益・利回り追求型) 公社債などと株式を組み合わせ、値上がり益追求・利回り向上を目標にする。



Ⅳ(値上がり益追求型) 値上がり益の追及を目標として株式を中心に運用するが、大きな値下がりのリスクがある。



(積極値上がり益追求型) デリバティブや値動きの激しい証券に積極的に投資して、大きな値上がり益を追及する。一方で、大きな値下がりリスクがある。


 ⅠからⅤにかけて、低リスク~高リスクとなっています。

 
 投資する資金の性格をよく考え、分類も頭の中にめぐらせながら、どれくらいのリスクをとるか、考えることが一番大切だと思います。

 
なお、リスク・リターン分類は、あくまで投信を設定した運用会社の判断によって示されているので、客観性に欠けるという批判がないわけではありません。

 このため、法廷の情報開示資料である目論見書などには、リスク・リターン分類は掲載されていません。


 各社の判断に基づいて、販売用資料などに掲載してもよいこととなっています。

 
 この目論見書等参考にしながら、投信を選んでいきたいですね§^。^§


 投信も、株式と同じくリスクがある商品ですからね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/214-679632af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
グローバル・ソブリンは高い人気を誇っている円建ての外国投信です。
2006/08/08(火) 16:23:41 | 初心者への提言、外国為替FXの基礎知識
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。