ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニコール・キッドマン、

結婚おめでとう!!!\(^O^)/



6月の25日、
人気カントリー歌手、キース・アーバンとシドニーの教会で式を挙げたそうです

本当におめでたいですよね!


。。。
正直なところ、この記事を先日書いたのですが…

不幸なことに、パソコンがダウンしてしまい、

書き途中の記事がすべてふっとんじゃいましたm(__)m


ショックに見舞われ、今日、あらためて書いてます(^^ゞ






さてさて、

ニコール・キッドマンといえば、

超有名オスカー女優ですが、彼女の出演作品の中で

一番のお気に入りは、

私的に


『ザ・インタープリター』です。


彼女の、素顔がよく映っていたなぁと思えたからです。
(*^^*)


何度も、何度も衣装替えをするような役とは全く違い、

「通訳」という仕事を通じて様々な事件へ巻き込まれるのですが、仕事柄ゆえにシックなスタイルが多く、ニコールがより美しく、エレガントに感じました



縁なしの眼鏡をさらりとかけながら、通訳ブースで話す姿、
ブラックのジャケットにブラックのパンツで颯爽と国連内を歩く姿がとてもかっこよかったですさすが。


一種の、こだわりを見出せた作品だったんですよね、これ。

なぜこんなにまで執着心が湧き出たのか、と言いますと。


中学生の頃、描いた(あくまで仮想の)自分の姿だったからです。


ずっと、学生時代はインタープリターに憧れており、

将来はきっと、ブラックジャケット、ブラックパンツ

颯爽と高層ビルを歩いて行くんだ、と描いていた夢が、

この作品に出ていたからなんです



キッドマン演じるシルヴィア・ブルームは、まさに私の夢でした。


哀しくも切ないストーリーに、心を打たれた作品でした。


【ザ・インタープリター/あらすじ】


哀しみは、これで終わりにしたかった―

 アフリカはマトボ共和国。
 独裁的な大統領ズワーニが治めるこの国では、民主化を目指す多くの活動家の命が無惨に奪われていた。

 そこに生まれたシルヴィア・ブルーム(ニコール・キッドマン)は、現地のクー語の通訳として、ニューヨークの国連本部で働いていた。

 そんなある日、シルヴィアは大切なフルートを忘れ、職場に戻ったその時、ズワーニ暗殺計画にまつわる会話を偶然にも耳にしてしまう。誰かが、大統領暗殺を企てている!?

 シルヴィアはすぐに当局に通報するものの、以来彼女の周囲には、不穏な動きがつきまとうようになった。

 やがて彼女を守るために、シークレット・サービスのメンバー(ケラー/ショーン・ペン)が送り込まれてきたのだが…。





ハラハラドキドキ、見所たっぷりのサスペンス&スリラーでした(^^)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/209-8d030095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。