ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お疲れ様ですみかんです☆


 W杯、惜しかったですね(^^;

 
皆様寝不足になっておりませんか??


本日は「バブルとは?」後編です。
(少々お時間が空いてしまい、すみませんでした。)

 
 日本で1980年代に土地や株のバブル現象が起こった起因は、当時日銀が実施した低金利政策にありました。

 1985年、為替相場が著しくドル高になっており、それを是正するために日・米・英・西独(当時)・仏の5か国が話し合い、ドル相場の引き下げに協力することとなりました。

 既にご存知の方がいらっしゃると思いますが、これを「プラザ合意」といいます。

 為替相場の上昇は、輸出企業にとって打撃となります。

 当時アメリカは深刻な貿易赤字の状態であったため、各国はドル相場を引き下げることによって、少しでも状況を改善したのです。


 アメリカ経済が世界一であるだけに、貿易赤字がこれ以上深刻化してアメリカ経済が揺らげれば、世界各国にも空く栄養が及ぶからです。


 この「プラザ合意」によってドル高の是正に各国が取り組んだため、相場はドル安・円高となりました。

 ところが、この円高は、今度は日本の輸出産業に打撃を与えてしまったのです。

 日本経済は輸出産業に依存しているだけに、輸出産業の伸び悩みは不況のきっかけとなりました。

 そこで日銀は、景気の悪化を食い止めるため、公定歩合を引き下げました。

 金利を引き下げ、資金の動きを活発にさせ、景気を上向かせるのが狙いです。


 このときの公定歩合政策は、「景気悪化を食い止める」という意味では成功しました。
 
 実際、企業の努力もあって、景気は徐々に回復に向かったのです。


 ただし、問題があったのは、低金利政策をその後も継続したことでした。
 
 お金の流通量(マネーサプライ)は、経済の規模とのバランスがとれていることが重要です。

 景気が回復してからも低金利政策を続けたため、銀行には貸し出すカネがありあまるほどになってしまったのです。


 この現象を「カネあまり」といいます。


 銀行としては、金利が低いのですから、どんどん企業にお金を貸し出そうとします。

 そんな中で、当時の銀行の貸出先になっていったのが、不動産・建設業界でした。

 当時、都市開発・リゾート開発が注目されていたこともあって、銀行の資金がこの分野にどんどん流入していきました。

 これがきっかけで、土地の値段が上昇し、やがて日本中の企業や個人を巻き込む投資ブームを導いていったのです。


 


 がしかし、前編【the first】で述べたように、バブルはやがて崩壊するのです。

 そのきっかけとなったのは、政府が1990年に実施した
「不動産融資総量規制」でした。

 これは、銀行などの不動産にまわる融資を制限する施策で、例えばある銀行の貸出全体が前年より10%伸びていたとしたら、不動遺産関連の融資の伸び率は10%以下にしなくてはならない、というものです。


 バブル時代においては、投資の元手の多くは、銀行から借りたお金でした。

 資金が借りられなければ、投資も増やせません。

 この政策は、投資熱を一気に冷やす結果となりました。

 土地や、株を買う人が減り、むしろ売る人が増えれば、価格は低下します。

 もともと実態とかけ離れて高騰していたので、逆に価格が低下し始めると、一気に大暴落となりました。


 
 これが、「バブル崩壊」です。

 バブルの崩壊が起こったのは1990年代初頭。

 既に約10年が経っていますが、その後遺症は現在まで続いており、多くの金融機関をいまだに苦しめているのかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/197-3791e583
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。