ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴールデン・ウィークラストまであと少し!!


それではここで
本日のお勉強タイムにうつりたいと思います。





 債券とは?


 まず初めにこの『債券』を定義してみましょう。


 ひとくちに債券といっても、その商品は多様で、リスクも利回りも異なり、収益性、安全性、流動性も債券ごとに異なります。

 
 『債券』の発行者には、国、地方公共団体、政府関係機関、特殊金融機関、専業会社などがありますが、不特定多数の人から大量の資金を調達する際に、その見返りとして、調達原本の返済や、利子の支払いなどの条件を明確にするために発行する証書のことを 債券と呼びます。

 
 債券の発行を日常の金銭貸借にたとえれば、その発行者は債務者であり、債券を保有する投資家は債権者、債券は借用証書に相当します。


 債券には以下のような特徴があります。


 1.多数の投資家が均一の条件で投資をする。

 2.発行者は大量の資金を調達できる。

 3.証書は有価証券であり、債権者としての権利(元本の返済請求権、利子の支払い請求権)を一定の条件のもとに他人に譲渡できる。




 債券はこのように、発行者の立場では資金調達の手段であり、投資家から見れば資金運用のための投資対象となります。


 資金調達として、たとえば企業が債券を発行する理由には、以下のものが考えられます。


 1.設備投資、長期運転資金などの調達に適している。

 2.金融機関からの借り入れよりも、量的な対応や資金使途が自由である。これは、債権者が多数であり、権利の譲渡が可能である債券の特質による。


 3.「株式の発行」とは異なり、将来資金需要が減退すれば返済が可能である。また、会社経営権に一切関わりが無い。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/172-0f1f31e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。