ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ、学生たちも動き出す頃だから、

通勤ラッシュ復活!のようですね^^;

特に昨日の朝はすごかったです(*_*)

みかん、つぶされそうになりました。
ぷしゅっ(▽・x・,,▽)





本日は、前回の『店頭株式市場』の続きです。

 店頭市場活性化策らのうち、代表的な改革として導入されたのが「マーケット・メイク制度」です。

 この制度は、市場にマーケット・メイカーと呼ばれる「値付け業者」を置き、その業者は常に担当する銘柄については売りと買いの価格を提示、その価格に合う注文があれば、必ず取引に応じるという仕組みです。


 従来の店頭市場は、証券会社との相対取引と言いながら、店頭株の在庫を持つ証券会社はほとんどありませんでした。

 
 各証券会社は証券界の共同出資会社である「日本店頭証券」にその注文をつなぎ、そこで反対注文が見つかれば顧客の取引に応じるという方法が主流だったのです。

 
 日本店頭証券に注文を回しても、反対注文がなければ証券会社は顧客との間で売買できないケースも多く、日本店頭証券を証券取引所に見立てれば、取引所取引とあまり変わりないのが実態でした。

 

 そこで、店頭市場を真の相対取引の場として強化し、売買の活発な市場に育成していく切り札として、このマーケット・メイク制度が導入されたのです。

 
 マーケット・メイク制度をとっている銘柄についてはいつでも売買できる一方、そうでない銘柄は、従来のように投資家の反対注文がなければ売買しにくいと言えます。


 実際に、店頭登録株式に投資する際には、これは重要なポイントとなるので、チェックしておくことが必要です。

 
 また、いったんマーケット・メイク制になった銘柄が、その後、証券会社が辞退する形で従来型の取引形態に戻ることもあるので、注意が必要です。


 マーケット・メイク銘柄についても、マーケット・メイカーが顧客の売りに応じる価格(証券会社にとっては売りの価格)を非常に高くするようなケースも、導入後には見受けられました。


 
 何事にも、注意が必要ということですよね(^o^)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/151-d6df7533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。