ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 過去は過去。

 過ぎた事を話す必要はもうない。



 
 やぁ。


    ・・・もう、消えるなよ。






 なんたる美しい映像の世界なのだろう!


 これをファンタジーの世界というべきなのか。


 始終スクリーンに釘付け!!


 そのうっとりするナルニアの世界は、

 わたしの心に新たな世界観を構築させた。



 
当初は「どうだろう、こういった映画って」

のようにそれ程期待はしていなかった。



けれども、ストーリーが展開するにつれ、

どんどん引き込まれていった。


原作を、読んでいなくてもこんなに楽しめるのだから、

出来の良い作品だろう、素直にそう思えた。






『喜怒哀楽』をふんだんに織り交ぜ、


『人間』のエゴイズムを曝け出していた。


それ故に、愉快さあり、悲劇あり、笑いあり、涙ありといった、

素直に、楽しめる作品だったと思う。


まったく飽きなかったし。


冒頭に書いたアスラン、エドマンド、ピーターのセリフは、作中一番心を打たれた。




100点満点なら80点以上あげたい。


。。。
敢えて苦言するならば、
第2章、第3章と、どこまでこのテンションが持続するか注目すべき点だろう。


  【ナルニア国物語】

ナルニア国物語

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/144-39b15709
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。