ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンニチハ(^^)v



ひなまつりひなまつりです☆★





。。。
ちいさいころは、いろいろな物を集めて雛壇に飾って・・・

みかん、きょねんよりおひなさまみたいにきれいになったかな?」





。。。
なんて、夢のまた夢を思っていたときもあったりなかったり(苦笑)




さて、本日は、昨日おべんきょうした

『商品ファンドについて』の続編であります

【商品ファンドのタイプ】について、まなんでいきたいとおもいます




。。。結論から申し上げますと、このタイプといたしましては2種類ございます
 

 株式や証券投資信託をあげるまでもなく、以前にも書きましたが、“投資”には利益と損失リスクがあります。

 

 
 。。。もちろん、この商品ファンドもこの損失リスクを抱えていますが、昨日書きましたさまざまな投資の多角化により、リスクを分散、軽減することをはじめ、リスクをできるかぎり小さくするように工夫しているのです。

 
 その工夫の仕方や設定の基本構想により、商品ファンドは
<元本確保型><積極運用型>
に大まかに分けることができます。




  では、ひとつひとつみてみましょう


    <元本確保型>
 
 満期償還時に元本が確保されろように工夫されたファンドのことです。

 
 現在、わが国で販売されている商品ファンドの多くはこれに該当します。
元本確保の方法としては、金現先取引や欧米主要銀行の信用状などがあります。




 
    <積極運用型>
 
 元本確保に必要な資金的制約や費用をなくし、リスクを分散しながら先物取引にその資金を投資し有利な運用益を追求します

 
 
 上記の<元本確保型>と異なる点が運用成績によっては、元本が償還されないリスクがありますが、より高い運用益を得られる可能性があります。

 
 なお、元本の一部(例えば85%とか)を確保する
「一部元本確保型」も積極運用型の変型と言えます。


 
 

。。。先ほどものべましたが、現在のところ、わが国ではほとんどが<元本確保型ファンド>ですが、海外では<積極運用型ファンド>が普及しています。



 今後、わが国においても、多様化する投資家豪ニーズにこたえる形で、この<積極運用型ファンド>を含め、さまざまなファンドが生み出されると考えられています。

 
 


 商品ファンドに投資する際は、
自身の投資目的に合わせて選択することが、一番大切ですよね(^^)



 
 

 
 さぁ、週末です!

 
 来週からまたトレードがんばりましょうね(^O^)v

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/113-7499523e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。