ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 まだまだこの国も
 
 
   捨てたぁもんじゃぁない


  

       ≪ハゲタカ≫
 
  
 投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森南朋)は、閉鎖的な日本のマーケットに絶望して海外生活を送っていた。そんな鷲津のもとへ盟友・芝野健夫(柴田恭兵)が現われ、日本有数の大手自動車会社を巨大ファンドによる買収の危機から救ってほしいと頼む。

ハゲタカ


 私は、

 NHKのドラマ「ハゲタカ」を観た事がありません。

 今回観たい、と思った大きな理由の1つに

 まぁ、お仕事上お勉強として。

 観て思った率直な感想としては

 証券の用語を知らないと

 面白みが少なくなってしまうのでは?と。

 TOB、企業、敵対的買収、友好買収…

 つぎつぎと、ノンストップで、そして早口で飛び交います。

 こちらとしても聞き取るのが精一杯状態。

 


 一番惜しかったのは

 業界から死んだ、と思われていた鷲津氏が

 何故海外から日本へ戻って

 この買収劇を引き受けたのか。

 もう少し丁寧に描いてもらいたかったかも。

 
 そして残念に思ったことは

 何回か観た予告編で

 アカマ自動車の作業員で

 食堂で 赤い車の模型を持って見つめているのかな、

 というシーンがあったのです。

 そのシーンが映画に無かったので。

 個人的にあー無かったーって。

 思ってみた。


 


 逆に一番印象深かったシーンは。

 役名わからないのですが、

 玉山氏が高良健吾さんに

 金の札束を渡すのシーン。


 
 あそこは本当に緊張感あったし、

 金を渡す、渡される側の表情とか、

 内面とか、

 セリフこそ多くは無かったけれど

 胸に痛い程響いた。

 
 最終的にあのお金で

 走らせていたアカマの車を

 買ったのかな。

  
 栗山千明さんが

 涙をこらえながらビデオを再生しているシーン
も印象的。

 


 派遣問題、雇用問題。

 人件費節約、

 散々謳いながら

 幹部は一体何をやっているのか。

 こんな国に、誰がやった事なのか。

 
 考えさせられた。

 リーマン・ブラザーズ証券の破綻から

 早半年以上経ちますが、

 それでもこの日本をどん底に陥れた

 といっても過言でない程。

 経済がひっくり返った。

 
 玉山氏も体当たりで演じきっていました。

 劉一華のラストは

 本当に本当に観ていて辛くなる程

 このニッポンが抱える問題を曝け出していた。

 鷲津に、最後の一声を電話するも

 留守電となってしまう。

 その留守電に残っていた声が

 何とも聞き取りづらくて!!

 レビューに皆様が書いていらっしゃったとおり。

 何とか聞き取りたい!って思っていたのだけど、

 8割くらいしか聞き取れなかったのかな。

 


 アカマは今のニッポンだ。

 
 その言葉が響く。

 どん底からどうやって立ち上がってゆくのか。

 今作では

 大森氏よりも玉山氏の方が全然光っていたので(爆)

 主役級でしたね。

 けれど、玉山氏若いからなぁ。

 もう少し年齢が上の人でも良かったのでは??

 なーんて思ってみたり。
 

ハゲタカ


 松田龍平さんも良い味出していましたねー。

 そうそう、

 松田さんがじっと携帯のテレビを観ていたシーンも
 
 かなり心に残っています。

 
 え?ただ見ていただけじゃん?って??

 手元の携帯電話機が、

 タバコの灰だらけだったんです。

 という事は、すなわち

 長い時間、吸いながらテレビを見ているんですよね。

 って事は鷲津さんの事が気になるんですよね。

 さすがです。
 
 


 上映時間が長い、とは思えなかったなぁ、

 日本経済にみごと鞭を入れた
 
 珍しい皮肉たっぷり映画に仕上がったのかな、と。

 稀に観ないからね。

 
ハゲタカ


 評価⇒★★★★★★★☆☆☆

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/1021-e2298e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。