ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この恋、何角関係???

 
 ≪それでも恋するバルセロナ≫

 バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)ヴィッキー(レベッカ・ホール)は、画家のフアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)に惹(ひ)かれていく。そんな中、彼の元妻のマリア・エレナ(ペネロペ・クルス)が戻ってきたことから、やがてクリスティーナとマリア・エレナにもある感情が芽生え始め……。

 それでも恋するバルセロナ

 
 婚約者がいて、恋愛には慎重派ヴィッキー

 自由奔放、デンジャラスな恋を望んでいるクリスティーナ

 
 この親友同士が織り成す恋愛物語とは。

 
 恋愛映画の巨匠、ウディ・アレンが放つ

 バルセロナ舞台の映画。

 
 「ノーカントリー」

 映画史上最悪な殺し屋を演じきった

 スペイン人のバルデム

 本作では女性大好きなフェロモン満載な男。

 この変化っぷりは、
 
 バルデムしか演じられない!とも思えた。

 彼の出演作は全て違う役っぷりだから、

 アカデミー賞助演男優賞授賞

 当然の結果でしょう。

 


 クリスティーナ役に

 ウディ・アレンのミューズ

 スカーレット・ヨハンソン

 
 「マッチポイント」「タロットカード殺人事件」に次ぐ

 第3作目です。

 
 すごく可愛かったし、綺麗でした。

 魅力溢れる女性でした。

 
 それに対してヴィッキー

 クリスティーナとは打って変わって

 全然正反対な人なんですね。

 恋愛に対して対照的な。

 だけどあまりにストイックだし

 「慎重派」よりも神経質なカンジが。

 
 だからマリアにめちゃくちゃ嫌われて

 最終的には…なのかしら。

 マリアはマリアで

 クリスティーナと馬が合っているし。

 でも良く分かるなぁ。

 
 ヴィッキーの気持ち。

 フアンと夕食している時

 婚約者からの電話を

 「電波が悪い、声が途切れる、またね」って。

 私でもそう言っちゃうかな。
 
 
 「フロスト×ニクソン」のレベッカとは

 全然違う女性でした。

 
 背が高くて綺麗ですね。


 さすがウッディ、配役すばらしいです。

 


 当作品にて

 アカデミー賞助演女優賞を見事獲得した

 ペネロペ・クルス

 
 観れば絶対わかる!その凄さ。

 体全身で マリア・エレーナを演じきっていたし、

 登場シーンから過ぎ去ってゆくシーンまで

 一息つく間なく、

 美しいスペイン女性を演じ切り、

 スペイン語、英語を上手に切り替えていました。

 
 ペネロペとバルデムのシーン(ほとんど口論しているけど)が

 一番好きでした。

 演技派×演技派なのですが、

 なんかこういう夫婦、いるよなー的な。

 それでも恋するバルセロナ


 観ていて面白かったし、

 全然飽きなかった。

 さすがウッディ、恋愛映画について

 こよなく語り続けていたし。

 この映画でベストだったのは

 やはり「ナレーション」がすごく良いタイミングだったところか。

 
 まあ、悪かったところもあるけれど。

 とりあえず

 女性は観て損はしない映画です。

 
 どんなに夢を描いて

 どれほど恋愛の頂点へ望んでも、

 待っているのは

 最大の見所である「ジ・エンド」

 
 ヴィッキーの表情が最大の注目点です。

 
 「あぁ、終わったのね」

 
 もしくは

 「はぁー楽しかった」
 
 か。

 再び現実へ戻る。

 それが人生ってヤツ。

 印象に残る作品である事はマチガイなし。


 評価⇒★★★★★★★★☆☆
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/1013-43ad978c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。