ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  【愛を読むひと】

 
 1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)と恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、法学専攻の大学生になったマイケル(デヴィッド・クロス)は、無期懲役の判決を受けるハンナと法廷で再会する。

愛を読むひと


 ご存知、

 当作品のヒロイン、ケイト・ウィンスレット氏は

 
 昨年度のアカデミー賞主演女優賞

 この映画にて受賞されました。
 

 個人的に思ったことは。

 作品自体は美しく、儚く、切ない。

 だけど芯が太いので それほど涙は出ないし。

 ラストは

「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」

 髣髴させた。

 
 同じ、同賞の主演女優賞にノミネートされた

 「チェンジリング」アンジェリーナ・ジョリー氏が

 何故受賞されなかったのか。

 
 それは恐らく

 “脱いだモン勝ち”的なものか(爆)

 
 脱ぎまくってたもんなぁ。

 この物語の前半部分は

 笑いが出てしまうほど

 面白く脱いでいて。

 
 マイケルが学校終わってソッコーでハンナの家に行って

 まぁ、諸所あるのですが。

 
 その点が

 「マッチポイント」そっくりだった(笑)

 
 主人公が会議遅らせて

 セックスする為にソッコーで女性宅へ行く。


 
 あぁ男の人って、みたいな思いはした。

 


 突然の別れがあり、

 そして突然の再会があり。

 マイケルはハンナを救えなかった。

 だからこそ、彼女の朗読者となった。

 そして。

 


 戦争と平和

 
 なぜ戦争は続くのか。

 本当にしんどい。辛い。

 裁判のケイトは

 それはそれは見応えがあった

 前半部分の裸体姿も綺麗だったけど、

 凛々しい女性となった。

愛を読むひと-2


 この映画で一番気に入った点は

 出演者全員の表情。

 柔らかくて、でも芯は強くて

 その表情を目で追っていて

 あぁ、綺麗だなぁ、と。

 
 音楽も綺麗でした。

 セリフも良かったし。

 
 レイフ・ファインズがほんっっとうに

 これでもか!というほど

 ピタリと合ってましたね。

 どこか悲しい、どこか切ない男性。

 案の定離婚されてますし。

 ちなみにこの男性

 「ハリー・ポッター」シリーズでお馴染みの

 “口に出してはいけない人”の役の人ですよ。

 
 娘役の人がちょっと、と思えたような。

 
 上映時間もちょうど良かったなぁ。

 若きマイケルの人の演技もとても良かった。

 
 


 はぁ。

 映画ってほんっとうに良いですね。

 そうそう、裁判官の男性が

 淀川長治さんにソックリだったんですよ!

 
 これにて アカデミー賞ノミネート&授賞された5作品

 全て観終わりました。

 
 この映画、もっと早くに上映してもらいたかったですね!


 評価⇒★★★★★★★★☆☆
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/1007-72eb9ae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。