ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ≪トランスフォーマー リベンジ≫

 オートボットとの壮絶な戦いの末に敗北したディセプティコンが、新たな仲間を率い、より凶悪になって復活。ディセプティコンの新たな侵略計画は、現存するオートボットたちの総力をはるかに上回る巨大なトランスフォーマー、“デヴァステーター”やメガトロン以上に凶悪な“フォールン”を擁するものだった……。

 トランスフォーマー リベンジ


 この映画の

 率直な感想を

 端的に言え、という事であれば

 
 たった一言。 凄かった。

 
 それ以外、ありません。

 評価される方の多くの意見に 

 ただひたすら凄かった!という文字を見ました。

 まさに、その通り。

 ①から綺麗に続いているので、

 ①を観てから映画館に足を運ばれた方がベストですね。

 でも①は地上波で公開していましたよね。

 


 シャイア・ラブーフ

 サムになりきっていましたね!

 演技上手でした。

 前作に続きミーガン・フォックス

 セクシーさ増していたし。優しさもあったし。

 サムへの想いの強さに圧巻。

 
 家族愛、そして恋愛。

 オートボットたちとの友情。

 そして宿敵との戦い、政府同士のやり取り。

 
 見どころ満載、満足度200パーセントな映画。

 
 まさしく CG映画の最高峰といえる。

 
 やってくれましたね、マイケル・ベイ監督。

 


 オートボットたちが

 スクリーン左上から右下、右上から左下へ

 縦横無尽に容赦無くアクションするので

 かなり後ろの席で観ないと間違いなく酔います。

 
 またさらに、前作に増して

 ロックなサウンドのオンパレード、それにプラスして
 
 CGの鮮やかさ、細かさ、美しさが

 大変鮮明に出ている状態で

 上映時間2時間30分強かかっているので

 
 体力つけて、気持ちに余裕持って

 観に行かないと最後までもちません。。


 
 珍しく、このみかんでさえ、

 後半はあくびが出ちゃいました。。。
 
 
 仕事帰りはちょっと控えた方が良さそう??
 
 
トランスフォーマー リベンジ


 どんっな小さな物でもトランスフォームしてしまう

 オートボットたち。

 今回は何十体も出てきました。

 観ているだけで面白かったし、

 あぁ、とうっとり、感心していましたー。

 
 前作同様、のっけからのDREAM WORKS

 PARAMOUNT PICTURESのバックサウンドも

 「カシャーン カシャーン」という

 この映画独特な機械音となっていた。

 
 ほら、PARAMOUNTって無音ですから、

 あの時息を止めながら始まるのを観ているんですよね。

 私たち観客って(爆)

 神経使っているなぁと思えた。

 涙あり、笑いあり、怒りあり

 
 
 メリットばかり並べていますが、

 デメリットといえば…

 
 しつこい程蘇るオートボット

 次回は…???(笑)

 
 評価⇒⇒★★★★★★★★★☆
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mikannonikki.blog35.fc2.com/tb.php/1003-bc5178bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。