ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  誰もみたことのない 過去

 
   【紀元前1万年】

 紀元前1万年前


 
 氷河期が終わりに近づこうとしている頃、
 狩猟民族のヤガル族の村を謎の集団が襲い、
 多くの村人を捕らえて去っていった。

 若きハンターのデレーは、
 将来を誓い合ったエヴァレットを救うため、
 遥か彼方の地を目指して旅に出るが、
 そこには見たこともない生物や文明の脅威が待ち受けていた。


 
 


 驚愕のCGスペクタクル・アクション!

 
 感動しました。

 ストーリー展開は想像できるのですが
 
 それでも涙が出てくる内容もあり。

 驚きもあり。

 
 単純に楽しめてよかったと思います。

 厳しい評価される人もいるとは思いますが、

 みかんはフツーに楽しめましたよ。

 というか、ほんとは有楽町の大シアターで
 
 観たかったのですが、どうも時間の都合で

 地元のシネコンにて。

 日本語では大きな場所でしたが
 
 勿論字幕希望の為 やむなく小さめな場所で。

  
 デレー演じた俳優さんがかっこよかったですね。

 エヴァレットを襲ったあの大男、
 
 スタローンに似ていません??

 ずっとずっと思ってました。

 何故あのスキンヘッドと仲悪かったのか

 よくわからず。

 


 これまで ヒューマン・ドラマ系作品の連続だったので

 息抜きになりました。

 良い体験してきたぁ!って感じ。

 CG技術が良くなった今だからこそ、

 生まれた作品。

 
スポンサーサイト
 ☆お疲れ様です☆

 
 休み挟んで 中途半端な平日ですね。


 どんなに ツラかったことか。。

 今日起きるのが(笑)

  
 さて、

 今日の相場はかなり乱高下しましたね。

 
 上は14,000円台突破しました。

 強いです。

 ドルの影響ですね。

 主に金融株中心に上昇傾向となりました。

 **************************

 米国株、ダウ平均42ドル高
 
 25日の米株式市場でダウ工業業株30種平均は3日続伸。
 前日比42ドル91セント高の1万2891ドル86セント、1月3日以来
 の高値水準で終えた。決算内容が好感されたアメリカン・エキスプレス
 (アメックス)などが上昇し、相場を押し上げた。一方、ハイテク株比率
 が高いナスダック総合株価指数は3日ぶりに小反落。
 5.99ポイント安の2422.93で終えた。
 
 決算発表を受けてマイクロソフトが大幅安となったことがハイテク指数の
 足を引っ張った。
 
 前日夕発表の1-3月期決算で継続事業ベースの一株利益が
 予想以上だったアメックスが急伸。UBSが25日付リポートで
 米銀行株の投資判断を「売り」から「中立」に引き上げたことも
 材料しされ、シティグループバンク・オブ・アメリカなどに買いが入った。
 アナリストが「買い」で投資判断を開始したと伝わったホーム・デポ
 上昇するなど、小売株の一角も買われ、指数を押し上げた。


 
 **************************

 そうですかなるほど。

 米国市場にて

 「売り」から「中立」へ判断切り替えたことにより

 日本株による金融業界系が

 だいぶ上げたのですね。

 みずほFG、三井住友FG

 かなり上げました。
  
 
 上昇率としてベスト10に入ったものです。

 
 またドル高になってきましたね。

 これは期待が大きく持てそうです♪♪

  
 とりあえずまた☆

 
 ☆日曜日ですみかんです☆
 
 
 最近のなやみ。

 別に最近ではないのですが。

 去年からずっとおかしいのです。

 
 土日になると いっつもいっつも

 
 胃腸がおかしくなるのです。

 
 お仕事中でなくて良かったじゃん。
 
 そういった言葉であまり済まされないような問題。

 
 土曜日朝になると

 胃がおかしくなり
 
 でも遊びたいから薬飲んで我慢。

 どこのお医者さん行っても

 
 「神経的な病気ですね」 
 
 それでいつも同じ薬なんですよね。

 ばりゅーむ飲みましたが

 悪い物は見つかりませんでした。

 人間の体ってむずかしいんですね(爆)

 
 最近は

 お腹いっぱいになるまで

 食べられないので

 なんか痩せていくって感じで

 ツライです;;


 食べると痛くなるから。

 もっともっと食べたいけれど

 体が言う事きかないので。

 年とったのかしら。

 
 **************************


 **************************

 人間で思い出しましたが

 昨日観た映画や

 先日観た映画で

 つくづく考えさせられましたが

 
 一番恐いのって「人間」自身なのですよね。

 あり得ない程に

 人間を細かく映し出していた。

 
 あー生きていて良かった、なんて

 思えました。

 
 
 **************************

 ゴールデン・ウィーク始まりましたね。

 
 どこかに行きたいどこかに逃げたい(笑)

 
 とりあえず映画はたくさん観ちゃったから

 どこかお外に行って

 たくさん、いろんな空気を吸いたい。

 
 思い切り笑って思い切り走って

 思い切り楽しい思いをしたいです。

 
 荒んでいるのかしら(笑)
 
 
 カルシウム不足なのかな。

 
 ヤバイ。

  
 とりあえず今週もがんばらなきゃ!!

 
 でわでわ。
 
   【ゼア・ウィル・ビー・ブラッド】

 
 ゼア・ウィル・ビーブラッド


 
 20世紀初頭の

  カリフォルニアの石油産業を背景に、
  
   家族、宗教、裏切り、そして欲望について描いた人間ドラマ。


 
 ******************************

 
 何ですか、これは
 
 
 何これ。

 
 2時間38分??
 
 個人的に、ちっとも長く感じませんでしたよ。

 
 ゴールデン・グローブ賞受賞作品、

 
 アカデミー賞主演男優賞受賞、

 アカデミー賞撮影賞受賞

 
 数々の賞をノミネート

 
 “石油屋”の、全魂が込められた作品。

  ******************************


 生きてて良かった。

 
 正直、去年後半頃から

 あーもう映画はおわりかなぁ

 なんて思っていた矢先。

 
 今年は凄いですね。

 特にアカデミー賞ノミネート作品が

 素晴らしすぎる。

 
 ノーカントリーから

 フィクサー

 つぐない

 そして

 今作品 

 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

 
 4作品鑑賞しましたが、

 いやはやどれも凄い。

 
 特に
 
 一番恐かった。今日の映画が。

 
 どの作品も

 共通しているのは


  「人間という恐ろしい生き物」
 
 
 ダニエル・デイ=ルイス演じる
 
 ダニエル・プレインヴューの

 恐ろしさといったら

 タダ事ではない。

 
 商売のために

 息子を引きずりまわす。

 
 神を恨み 信じる事を嫌い

 人間を忌み 負を憎む。


 
 人間嫌いであるが故に

 神を信じる若者を嫌う。

 
 とくにとくに

 ダニエルが教会で

 跪き神に誓うシーンは

 
 作品最大の見所。

 
 震えましたよ?観れば震えますよ?

 画面も震えていた。

 
 人間、その者を演じきっている。

 本当に恐ろしかった。
 
 
 いや、ダニエルのどの姿も恐ろしいのです。

 普通に座っているシーンから

 殺すシーンまで。

 
 『ノーカントリー』とは 別の恐怖が

 心を抉った。

 
 この映画、

 ポイントが貯まって無料で鑑賞できたのですが

 
 何だか肩身が狭い。

 1,800円払っても

 全然惜しくない1本。

 
   ******************************


 こんな親父、

 
 絶対嫌だ(笑)


 
 恐ろしいよ。

 観終わったら吐き気がした。

 胃が痛くなった、

 胸が苦しくなった

 気持ち悪くなった。

 
 まだスプラッター系の方が良かった??

 
 人間の欲望ほど

 恐ろしいものは無いだろう。

 
 最期まで勝つ事を望む男。

 絶対に負けたくない。

 
 敵の喉をかき切る。

 
 ダニエル=デイ・ルイス氏が

 今作品でアカデミー賞主演男優賞を

 受賞した事については

  
 十二分に納得できますよ。

 というか、

 彼を除いて受賞する事なんて

 絶対考えられない(苦笑)

 
 凄すぎだから。

 
 あー恐かった。
 ☆お疲れ様ですみかんです☆ 
 
 
 最近映画にハマリ過ぎて相場の事が

 後回しに・・・

 
 このブログ、まだまだがんばりますので

よろしくお願いします⇒⇒



 *********************************

 さて、今日の日本株式相場、

 上げましたねー!

 何の影響か?

 やはり決算発表でしょうね。&ドル上昇の影響アリ。

 米国株は続伸し、

 24日ダウ工業株30種平均は前日比85ドル73セント高の
 1万2848ドル95セントで終えた。
 ナスダック総合株価指数は同23.71ポイント高の2428.92と、
 1月14日以来の高値で引けた。
 底堅い米雇用指標や商品先物相場の下落などを手がかりに
 買いが優勢となった。

 早朝に発表となった習慣の新規失業保険申請件数は
 市場予想を大きく下周り、2月半ば以降の水準に減少した。 
 労働市場への懸念が和らぎ、相場の支援材料となった。
 外国為替市場のドルの上昇を受けて、金や原油など商品先物相場が
 大幅安となり、インフレや個人消費押し下げへの懸念が後退した
 ことも、買いを誘った。

 企業決算に底堅い内容が目立ったことも、市場心理を強気に傾けた。
 前日夕のアップルクワルコムに続き、24日朝にはフォード・モーター
 ダウ・ケミカルなどが予想を上回る決算を発表した。


 *********************************

 さすが。

 やはり決算発表時期、

 買いが入りやすいですね。

 正直なところ、
 
 3月に買い時だったのかもしれません。

 あの頃は弱気な相場でしたけどね。

 ただ、いつが買い時でいつが売り時か、

 まったく想像できないんですけどね、実際は。

 このまま上昇が続けば

 金融をはじめ医薬品銘柄が注目できそうな予感。

 
 *********************************

 今日はこのあたりで筆を止めましょうかしら。

 
 明日からゴールデン・ウィークですね♪♪

 
 皆様どこへ行かれます??

 
 これが、“今”

 
  避けて通れぬ "今”


 
    【大いなる陰謀】

大いなる陰謀


 
 ロバート・レッドフォード、
 
 メリル・ストリープ

 トム・クルーズの3人を主演に、


 
 対テロ戦争を推し進める若き政治家(トム・クルーズ)と

 彼の考え方に疑問を抱く女性

 ジャーナリスト(メリル・ストリープ)、

 そして教え子を戦地へと送り出してしまった

 大学教授(ロバート・レッドフォード)の

 
 それぞれの立場や思惑を描きながら、

 現在のアメリカの対外戦略の問題点をあぶり出す。

 ********************

 
 あまりに悲惨すぎる過去。

 戦争が生み出す悲劇。

 政治家が行う活動。

 はたして何の為に、

 誰の為に。

 
 観ていて胸がいたくなりました。
 
 2001.09.11のテロ以降

 緊迫感が増すアメリカ合衆国。

 誰もが、

 そう誰もがこころに浮かべる言葉

 
 「復讐」

 
 血塗られた惨劇は

 これから永遠に

 鎮まる事は無い。

 
 復讐、簡単にいえることではない。

 
 軍の制圧、U.S.Aの保持すべき力

 威力、破壊、再生、新未来。

 
 *****************

 1時間32分 とは言え

 軽い内容ではなかったですよ。

 
 VFXのねらいが、とか

 まぁそれはさておき。

 悲しかったです。
 
 恐らくこれが “今”のアメリカ。

 
 さまざまな観点から描いていたのは良かった。

 
 ただ問題はキャスト。

 まずトムは非常に微妙だった。

 
 若者に身近な俳優を選んだのか、それとも。

 腑に落ちなかったですが、

 我が強いところは良かったのかも。
 
 
 *******************

 メリルの演技力は流石。

 特に局に戻った後半のシーンは

 メリハリついていてある意味わかり易かった。

 
 もう!うんざりよ!!あんな偽話なんて。

 
 ******************

 レッドフォードの演技力はさておき。

 トッドとのシーンは

 結末まで まぁ容易に想像は出来ますよね。

 もう少しひねってもらいたかったかも。

 今風の大学生に

 戦場へ行く様差し向けるのかー。

 よくずっと話聞いていたなぁ、トッド。

 
 あの人の視線(目線?)気になった。

 
 
 ******************

 ヘリがどうなったのか、気になるところ。

 マイケル・ペーニャと2人のシーンは

 良かったです。非常に胸がいたくなりましたよ、

 あれが現実なのですね。。。

 
 評価低い作品だと思いますが、

 個人的に観て良かったです。

 


 国内最大手証券会社、

 傾くのか

 
 
 ********************
 
 本日のトップニュースでもある

 野村證券社員が インサイダー取引により

 5000万円近くの利益を出していた


 
 社員1人1人の 自覚が足りなかったのではないだろうか。

 内部の管理体制に問題があったのではないだろうか。

 インサイダー取引における警告が甘かったのではないだろうか


 
  日本全国の証券会社に 荒波が起きた。

 
 
 貯蓄から投資へ
 
 
 個人金融資産が年々増え続け、

 流通していない資産が増え続けている。

 来年1月施行予定の株券電子化に伴い
 
 数兆円にも昇る株券が未だに見つかっていない、そして

 確認が取れていない。

 
 *********************

 恐らくこのニュースは、

 日本全国の証券会社を奮い立たせただろう。

 
 「いったい野村はなにをやっていたのだろうか」
 

 多くの人の中に、謎が深まる。

 疑問が呼び起こされる。

 
 どう反省してゆくのか。

 どう対応してゆくのか。

 
 明日からの焦点でもある。

 なぜなら、

 21日の米株式市場において、
 ダウ工業株30種平均が5営業日ぶりに反落したのは
 米銀大手「バンク・オブ・アメリカ」における決算発表の内容。
 市場予想を下回ることが結果として浮き彫りとなった。

 この影響を受け、
 日本株式相場もつれ安。
 主に金融株が軟調に推移。
 
 早々に寄り付く事なく
 特別売り気配が多く見られた。
 
 特に「8604:野村ホールディングス
 
 一時、前日比3.8%下げた。
 
 つれて 大和等各証券会社が安く動いた。
 
 
 ******************

 日本株をも動かす力がある証券会社が、

 事実上の失態を公にした事は

 決して小さな問題ではない。

 さぁ立ち上がってもらいたい。

 このまま監理ポストでは

 歴史が闇の奥へ

 閉ざされてしまうに違いない。

 
 インターネット証券会社

 デイトレード
 
 先物、オプション

 デリバティブ


 
 横文字が名を連ねる中

 古くから存在する証券会社があっても

 良いだろう。

 
 社長はじめ 幹部が一新されたばかり。

 これからがはじまり。
 ☆お疲れ様ですみかんです☆
 
 
 はぁー今日は疲れたー。

 JR○○線

 異常音発生で

 遅れるし。

 いらっ。

 
 ********************
 
 さて、今日はかなり上げましたね!

 米国株の上昇の影響でしょうね。

 228ドル高です。

 18日の米株式市場でダウ工業株30種平均
 4日続伸し、前日比228ドル87セント高の
 1万2849ドル36セントと1月10日以来の高値を付けた。
 ナスダック総合株価指数は反発し、同61.14ポイント高の
 2402.97と2月1日以来の高値を付けた。
 シティグループなどが発表した決算を受けて、信用リスク問題
 や米企業業績への懸念が和らぎ買いが入った。

 シティの1-3月期決算は大幅赤字となったが、住宅ローン問題 
 に端を発した損失は警戒したほど悪くなかったと受け止められた。
 信用リスク問題が改善するとの期待から、金融株全般に買いが
 入った。
 
 キャタピラーハネウエル、グーグルなどが発表した決算が軒並み
 市場予想を上回ったことも支援材料。
 世界景気の底堅さが企業収益を押し上げる一方、米景気鈍化の
 業績への悪影響は限られるとの見方につながった。
 ダウ平均が2月以降の取引レンジの上限である1万2700㌦を上回って
 推移したことも、買い安心感を誘ったという。


 **********************

 ドルが毎日推移していますね。

 全然想像がつかないですが。

 今日は自動車関係が全般に上げていましたね。

 特にいすゞ自動車のサウジでの工場開発は
 
 凄いですね。

 ホンダも買いが多くはいりました。

 
 明日も大きく期待ができますね♪できますね♪

 
 とりあえず今日はこのあたりで・・・・
 待っています、あなたが戻るまで

  
  【つぐない】

 つぐない


 ※以下、作品の核に触れています※


  1935年イギリス。
 
 富豪であるタリス家。

 
 多感な、ある意味でおてんばな

 末娘ブライオニー(シーアシャ・ローナン)。
 
 美しき姉セシーリア(キーラ・ナイトレイ)、
 
 使用人の息子ロビー・ターナー(ジェームズ・マカヴォイ)の
 
 3人がいた。

 
 ブライオニーは以前から気づいていた。
 
 セシーリアロビーが恋し合っている事を。
 
 だが 

 身分の違いにより
 
 互いの会話は少ないものだった。

 
 黙って見ていられない。

 2人が早くに愛し合っていれば。

 
 ある夏の日、ロビータリス家の

 ディナーに招かれる。

 美しいセシーリアの姿を見て激情にかられる。

 
 ふとした事がきっかけで

 ブライオニーは図書室での2人の情事を

 目撃してしまう。

  
 やるせなさか、後悔か、裏切りか、怒りか、悲しみか。

 
 その晩、双子の兄弟が襲われてしまう事件が発生。

 ライト片手に庭へ駆けて行くブライオニー

 そこで見た犯人の顔とは。

 
 警察へ証明した、たった一言が

 セシーリアロビーの運命を大きく変える。


 
 



 珠玉の一作。
 

 恐ろしかった。

 
 アカデミー賞協会へ投げ付けられた爆弾とも言える1本
 
 
 何が恐ろしかったか。

 最近の映画は

 話の筋が途中からわかってしまい

 これはこうなるのか、あれはこうなるのかと

 少しでも想像がついてしまう。

 構成等が似たり寄ったりになりがちだ。

 
 あとはCGだの3Dだの、手を付け加えて完成か。


 
 確かに

 この映画も「つぐない」というのだから

 決してハッピーエンドではないな、とは思えた。

 
 だが、本当に恐ろしかった。

 そう思えたのは、

 1シーンが本当に丁寧かつ緻密。

 細かいところまで気配りが行き届いている。

 ①に音楽。

 冒頭から音楽は 深く心に刻まれ、

 胸を抉る音質効果が展開されている。

 何かを引き裂くような、引きずるような音。

 タイプライターの音。

 裏の主役であるこのタイプライターの音を

 ラストまで入れた音楽。

 決して楽観的な雰囲気は無い。

 何かが始まり、悲しみを産み出すような音だ。

 
 ②に構成

 ストーリー展開はとても良かったと思う。

 ある程度進み再度戻る。

 その戻り方といったら。

 絶妙。不自然ではないのですね。
 
 理解し易かった。

 
 ③に 各俳優陣による演技力

 
 皆良かったです。

 個人的に 配役はかなり◎だなと思われます。

 キーラは 出演作で一番良い力を発揮していたのでは?

 と思える程美しかったです。

 うっとりしてしまいました。

 将来立派な女優さんになる事でしょうね。

 「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズで

 「もっと 演技力が試される作品に出たい」

 と言っていましたね。さすが演技派。

 
 ジェームズは最近ノッている俳優さんですね。

 ナルニアのタムナスさんでその人気を博し
 
 「ラスト・キング・オブ・スコットランド」にて

 フォレストと闘いました。

 
 何と言ってもこの映画、

 注目すべきはこの少女!!
 
 ブライオニー扮する シアーシャ・ローナン

 
 アカデミー賞助演女優賞ノミネートの底力!

 素晴らしかったですよ、ほんとに。

 私が協会員だったら彼女に賞を与えちゃいますよ。

 表情、あどけない仕草の裏に

 大人がぞっとする程の行動。

 
 そう、彼女の存在が一番恐ろしかったです。

 
 ブライオニーが、許せないと思いますか?

 彼女の付いた嘘が、

 姉とロビーの間を裂き、単純な意味で

 殺してしまうのですが、

 ブライオニーがムカツク!って思いますか。

 
 子どもであれば、いや

 大人であっても嘘は付く。

 
 彼女が付いた嘘の理由とは。

 尊敬する姉への嫉妬。

 恋心抱いていた使用人への憎しみ。

 
 2人が、すんなり結婚していたら、

 きっと彼女は悲しみを抱かなかっただろうか。

 多感故に

 邪魔に思ってしまったのだろうか。

 本当に、本当にごめんなさい。

 その言葉の奥で

 「本当はあなたが好きでした」

 なんて言葉が聞こえるような気がしました。

 
 年を重ねて、ようやく気が付く「罪の重さ」

 
 決して、永遠に償われる事が出来ない罪の重さ。

 それは

 決して他人事ではないのだ。

 いつでも 誰でも

 重い罪を背負う事になる。

 背負う立場になる。

 
 欲のかたまりである人間なのだから。

 
 モンスターは、ブライオニーだったのか。

 それとも 戦争ある時代のせいか。

 
 いつの時代にせよ、平和が一番だ。

 
 今でも願っている、2人の幸せな未来を
 
  
 ラスト15分は涙が止まりませんでした。

 
 米国株、小動き


 17日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均は小幅ながら
 3日続伸。
 前日比1ドル22セント高の1万2620ドル49セントで終えた。
 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日ぶりに
 小反落し、同8.28ポイント安の2341.83で引けた。

 市場の失望を誘う決算・見通しが相次いだが、IBMの好決算
 などが相場を支えた。
  
 ファイザーの発表した一株利益が市場予想に届かなかったほか、
 ユナイテッド・テクノロジーズの収益見通しが予想を下回るなど 
 決算・見通しへの失望が相次いだ。
 午前中ごろに発表された4月のフィラデルフィア連銀製造業景気指数 
 がマイナス24.9と、市場予想(マイナス15)を大きく下回ったことも
 嫌気され、相場は軟調に推移する場面が目立った。
 ただ、前日夕にIBMが発表した決算・見通しが市場予想を上回ったことが
 支援材料となった。

 午後に米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)がウェルズ・ファーゴ
 など4社から高額の住宅ローン(ジャンボローン)を買い取ると発表。
 住宅市場の悪化に歯止めを掛けるとの期待が買い材料視されたとの
 見方もあった。

 


 
 お疲れ様ですみかんです
 
 今日の日本株式相場、かなり上がりましたね。

 米国株相場が

 上記に記載しました1ドル高にも関わらず、

 日本株、好調なうごきを見せています。

 このまま期待ができるのか…
 
 と、そんな期待をしてしまいますが…
 
 


 さて、メリルリンチの決算発表が

 赤字を発表しましたが

 それでも市場予想より下回らないから…

 との事でプラスな見方が出たようです。

 本当に最近の相場の動きは

 読めないですよね。

 
 日本株において 医療関係や
 
 製薬、鉄鋼業が

 ねらい目なのかなぁなんて思ってはいますが

 買い時かどうかなんて

 ムズカシすぎすぎ。

 

 今日はココマデ★

 週末があるからこんな感じ。

 いつもひよこでスミマセン。
 ☆お疲れ様ですみかんです★
 

 今日は電車がかなり遅れてしまい、

 30分以上も・・・

 おまけに

 駅に着いたのは 始業時間4分前!!

 
 ホームから2分で走って間に合いました。

 
 が。

 会社の階段5段目から大コケしてしまい

 おおあざ。
 

 痛い痛い。

 
 なんともショッキングな日でした。

 
 でもそんな帰りに

 雨が上がった夜18:40


 
 透明傘をさした

 2人の女の子が 前から歩いてきました。

 1人が 傘をさしていない私と目が合ったのです。

 
 
 「なぁんだ、降っていないんだね」

 「ほんとだね」


 
 何だか ホッとした場面でした。

 


 さて、本日の相場ですが

 すごく上がりましたねー。

 さすが日本株。

 強いですね。

 16日の米株式相場は大幅に続伸。
 ダウ工業株30種平均は前日比256ドル80セント 
 高の1万2619ドル27セント、ハイテク株の比率が高い
 ナスダック総合株価指数は64.07ポイント高の
 2350.11で終えた。半導体大手インテルの業績見通しが
 予想を上回ってハイテク株が堅調に推移したうえ、米銀大手
 JPモルガン・チェースの決算が予想ほど悪くない内容と
 受け止められ、買いが膨らんだ。

 ダウ平均はこの火の高値圏で追え、終値は2週間ぶりの高値。
 前日の通常取引終了後に発表になったインテルの売上高
 見通しが予想を上回ったほか、16日朝にJPモルガンウェルズ・ファーゴ
 が底堅い内容の決算を発表。企業業績下ぶれへの懸念が後退し
 買い安心感が広がった。需給ひっ迫観測から原油先物相場が
 最高値を更新し、ドル安で金先物相場も大幅高となったため、エネルギー
 や素材株の上昇も目立った。


 

 
 米株式相場にて

 決算発表が好感されたようです。

 けれどもどうなる事やら。

 ドルがまた安くなるかもしれません。

 値動き激しいです。

 ではまた★★
 
 
 ☆お疲れ様ですみかんです☆

 
 今使っている

 とある会社のクレンジングオイル

 
 めちゃくちゃ 洗濯機につかう

 あの

 洗剤 のにおい

 がするんで。

 すっごく使うの嫌なのですが

 
 まだ買ったばかりだし

 まだまだ沢山量があるので

 がんばります。

 
 


 とまぁ、変な前置き書いてますが。

 
 今日の相場、やはり日本株は強かった!!

 
 というか。

 みかんが思うに

 米株式相場の失望売りが

 日本株買いに来ているのでは…?

 
 なんて。

 まさに
 
 
 ドル売り円買い




 米国株、ダウ平均60ドル高

 15日の米株式相場は3日ぶりに反発。
 ダウ工業株30種平均は前日比60ドル41セント
 高の1万2362ドル47セント、ハイテク株の比率が高い
 ナスダック総合株価指数は10.22ポイント高の2286.04
 で終えた。経済指標の上振れや、市場予想を
 上回る企業決算発表を受けて買いが優勢となった。

 早朝発表の4月のニューヨーク連銀景気指数は
 0.63と前月(マイナス22.23)から大きく改善。マイナスを
 見ていた市場予想も大きく上回り、これを好感した買いが
 入った。ダウ平均は前日までの続落で約286ドル
 下げていたため、自律反発狙いの買いも入った。
 
 ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)や米銀上位USバンコープ
 などの決算が市場予想を上回った事も支援材料。USバンコープ
 の決算を受けてシティグループやJPモルガン・チェースなど銀行株の
 一角が買われ、相場を押し上げた。

 ただ、一段の買いは限られた。
 通常取引終了後に控えるインテル決算を見極めたいとの雰囲気もあった。

 原油先物相場が最高値を更新した事を受け、エネルギー関連株
 が堅調だったが、燃料価格高騰による収益圧迫の懸念から
 航空株は軒並み急落した。

 
 
 


 止まらない原油高。

 止まらないドル売り原油買い。

 果たしてこの市場での決戦は

 どこまでつづいてゆくのか。

 今年いっぱいは

 ドルが103円いくかいかぬか

 そんな動きでしょうね。

 
 暗いですが、毎日なんとかするしか

 ないですね。

 相場は毎日乱高下しますから

 取引は多少控えた方が良さそうです。

 
 この機会に中長期的にみる

 株を選んでおくのも良いとおもいます。
 
 ☆お疲れ様ですみかんです☆ 
 

 まだ火曜日なのに まるで水曜日のように

 思えてしまうほど

 かなり忙しかった日かなぁ

 と思われます。

 
 今日は 結構多くの企業で

 給料日だったのですね。

 
 まぁ、お金の事はさておき。

 


 やはり日本株強いですねーっ!!
 
 感心してしまいました。

 ドルが反落しているにも関わらず、
 
 これだけ後場終わりにかけて

 大きくプラスに動くとは。
 
 


 まとめます。
 
 米国株、続落

 14日の米株式相場は続落。
 ダウ工業株30種平均は小幅に続落し、
 前週末比23ドル36セント安の1万2320ドル6
 セントで終えた。ハイテク株比率が高いナスダック
 総合株価指数は同14.42ポイント安の2275.82
 だった。米銀大手のワコビアの赤字決算などが相場の
 重しとなった。一方、大型ハイテク企業などの決算を
 翌日以降に控え、様子見ムードから積極的に
 売り込む動きにも乏しかった。

 朝方にワコビアが発表した1-9月期決算は
 市場予想に反して最終損益が赤字に転落。
 さらに普通株発行などにより約70億ドルの資金を調達
 することを明らかにした。業績の下ぶれや新株発行による
 株主価値の希薄化などを嫌気した売りが出たといい、ワコビア
 は約8%下げた。
 ワコビアにつれ安した面もあり、シティグループや15日に業績を
 発表するワシントン・ミューチュアルなどが大きく下げ、相場の重しとなった。

 15日にはインテルジョンソン・エンド・ジョンソン
 16日にはIBMコカ・コーラ、JPモルガン・チェースなど
 ダウ構成銘柄の大型企業や主要金融機関の決算発表が相次ぐ。
 様子見ムードから相場は、終日狭い範囲でもみ合った。


 
 


 そうか、明日は決算発表か。

 でも

 ドルはいまいち動きが浅いかと思いますが。。

 今の状況で101円前半かー。

 見通しとしてはどうなのでしょうか。

 ただ日本株は上がると思われますよ。

 
 状況不安定ですが

 明日は良い1日になりますよーに
 ☆お疲れ様ですみかんです☆


 今日はがっかりな相場でしたねーっ。

 どうした事やら。

 月曜日で、新たな週の始まりだから

 てっきり 上げるかと思ってました、ハイ。

 


 米国株、大幅反落。


 
 11日の米株式相場は大幅に反落。
 ダウ工業株30種平均は大幅反落。
 前日比256ドル56セント安の
 1万2325ドル42セント、ハイテク株の比率が高い
 ナスダック総合株価指数は同61.46ポイント安の
 2290.24で終えた。予想を下回るゼネラル・エレクトリック(GE)
 の決算・見通しや米景気指標の悪化などを受け、
 売りが膨らんだ。
 
 早朝にGEが発表した1-3月期の一株利益は0.44 
 ドルと、市場予想(0.51ドル)を下回った。売上高も
 市場予想を下回ったほか、2008念12月期通期の一株利益
 見通しも市場予想に届かなかった。来週から本格化する
 米主要企業の決算発表で決算・見通しが弱い内容になるとの
 警戒感が強まり、幅広い銘柄が売られた。

 ダウ構成銘柄ではGEが13%近く下落。
 インテルウォルト・ディズニーアメリカン・エキスプレスが4%近く
 下げた。


 


 このまま景気悪化懸念が強まってゆくと

 各決算発表にも影響が出てしまうのですね。

 悲しいです。

 そうなると、また見通しが悪くなってしまいますね。

 なかなかドルが105円より上回らないですねー。

 何故か。

 原油高、相次ぐ商品価格の上昇。

 見通し悪いですが、

 明日も下げてゆくことでしょう。

 
 ついに日経平均も12,000円台に

 なってしまってますし。

 


 それではまた明日♪♪

 今日もまとまりないです。。

 
☆☆日曜日ですみかんです☆☆
 
 
 昨日遊びすぎたから

 今日は 自宅に引きこもり。

 寝るだけ寝て、

 書くだけ書いて、

 食べるだけ食べて。

 そんな悠悠自適な生活。

 どこまでいくんでしょうね・・・

 
 リラックマ生活まっしぐら⇒⇒

 


 毎日ストレスたまる職場にいれば

 そりゃ悠悠自適な生活に

 憧れますヨ(爆)

 ねぇ?

 やなこと押し付けられて。

 そりゃたまりますって(笑)

 
 嫌だ。

 でもお金もらっているから

 仕方ないのです。

 やるしかないです。

 


 さて。

 ここいらで旅行の予定でもたてようかな。

 旅行はみかんの趣味ですからね。

 
 なぜ海外にいかないの?

 なんて聞かれますが、

 日本のこと、もっとよく知ってから

 行きたいって思ってます。

 
 


 なにかっこつけてんだか。

 
 そうじゃないんですけどね。

 別に。

 高校時代、ムリムリ

 カナダに修学旅行させられて。

 
 めちゃくちゃ広い土地ですから

 移動はずっとバスで。

 でもみかんは酷く酔うから

 酔い止め薬飲んで。

 寝て

 寝て

 大変なことになっちゃうし。

 
 落ち着いた時に

 ハワイとか、ヨーロッパ行きたいですね

 
 



 来年、から忙しくなりそうだから

 今年は好きな事して過ごそうかな、

 なんて贅沢な事言ってみたり。

 
 これから

 色々な災難が

 待ち受けていると思うけど

 乗り越えてこそ

 幸せがあり、

 不幸がある。

 
 成功するも

 失敗するも

 決して後悔したり

 挫折したり

 してはいけない。

 
 すべて自己責任なのだから。

 結果にはかならず過程がある。

 
 その過程が

 努力すれば

 良い結果となるのだから
 
 とにかく頑張らないといけない。

 
 笑いたければ

 忍耐が必要であり

 
 泣いてししまったら

 省みる事にしよう。

 
 何が間違っていたのか。

 どこで間違ったのか。

 
 成功への道は

 複雑で、険しく、

 
 近いようで遠い。

 
 見えるようで見えない。

 
 まるで明日のように
 罪を犯したのであれば

 この男に依頼せよ

 

   ≪≪フィクサー≫≫


 フィクサー


 ニューヨーク最大の法律事務所に勤める
 マイケル・クレイトンジョージ・クルーニー)は、
 事務所のボス直属の部下で、
 最も汚い仕事を担当するフィクサー(=もみ消し屋)。

 ある日、事務所内最高の敏腕弁護士が
 巨額の企業訴訟問題の係争中に相手側に寝返ってしまい、
 法廷内で問題を起こす。

 いつものように問題の“もみ消し”にかかるマイケルだったが、
 事の真相を知り、人生の岐路に立たされる


 


 初日だったせいか、

 満席に近い程

 混雑しておりました。

 


 レビューを少し見たのですが、

 前半部は

 ・・・

 眠かったです。

 頭の悪い私には
 
 理解に難しかったです。

 
 このストーリー、

 裁判もの+弁護の専門用語

 結構飛んでますから

 忍耐が必要でございます。

 あらすじや

 人物関係を
 
 ざっと見ておく方が

 ベターでしたね。

 
 


 前半部我慢すれば

 後半が 凄く面白いというか。

 あっという間に展開します。

 
 ジョージはサイコーにかっこよかった。

 ずっと目がハートでした♪

 
 オーシャンズシリーズで
 
 見ていましたから、

 かなりギャップがありますね。

 
 借金に追われる

 仕事と友人のジレンマに落ち込み役。

 
 良かったです。

 上手に、丁寧に演じていました。
 
 
 ラスト近くの

 エスカレーターシーン。

 
 あれは 印象深く残りました。
 
 いったんは

 問題解決により

 降りてゆくけれど

 また新たな事件が
 
 昇ってくる。

 
 その上下のエスカレーターシーンは

 非常に良かったです。
 
 


 『コンスタンティン』

 『ナルニア国物語』


 
 ティルダ・スウィントン氏の

 アカデミー賞助演女優賞受賞は

 素晴らしかったですね。

 

 決して多くない登場シーンで

 細かな部分まで

 強く演じきっていました。

 敏腕弁護士。
 
 怖かったです。

 でもハマってました。

 
 マイケルと目を合わすことができない。

 口が、肩が、震える。

 
 顔が青くなる。胸が苦しくなる、

 そんな表情を、

 あの十数分で。

 
 上手でした。

 受賞は恐らく誰もが頷ける

 彼女のパワーが

 克明に

 楽しめましたよ。
 
 


 シビアな、

 でも

 どこかに絶対ありそうな。

 そんなストーリー。

 
 今も誰かが、

 狙われていて、

 戦い、勝つか、負けるか。

 
 
 恐ろしいもの、

 訴えられるもの、
 
 訴えるもの。
 
 
 人間。

 恐怖の塊。
  
 事件の原因。

 
 問題の、糸口。
 ☆お疲れ様ですみかんです☆
 
 

 ちょっとおひさしぶりな感じですかね。

 あ、でもこのページも

 さみしくなってしまいました。。

 悲しい。

 
 ガンバラナイトッ⇒⇒⇒

 


 今週は いろいろありました。

 何がって??
 
  
 NHKスペシャルで 見ました。

 新銀行東京の大惨事
 
 

 なんですかね、あの石原知事の言葉は

 
 ぜんっぜん

 質問に答えてないし。

 この先の事ばっかり。

 なぜ このような事態となったのか、

 なぜ 損失が膨らみ

 処理が遅れたのか。

 ぜんっぜん答えてないじゃないですか。

 意味不明な日本語ばっかり並べて。

 ナンスカ。

 家族全員憤りを露にしながら

 夕食してましたよ。

 
 ありえない!!
 東京都の知事が・・・

 
 どうなるTOKYO.
 
 


 そんな荒れた世の中。

 ようやく日銀総裁が

 確定しましたね。

 しっかたないなぁーって

 そんな思いをかかえながらの

 確定でしたね。

 ビミョー。

 時間かかりすぎじゃないですか。

 
 


 荒れ狂う中、

 なんと今日の相場は急上昇!!!
 
 +378円で引けました!!

 サブプライムローン問題から

 ようやく脱却か!?

 そんな兆しが見え隠れしています。

 
 もはや 金融機関の危機が

 薄れている

  
 そんな言葉が飛び交いました。
 
 見通しは 改善されているようで

 一安心しました。

 
 一時は どうなる事かと

 思っておりましたからね。

 
 来週に期待が大きくかかりそうです。
 
 新学期、そして新年度。

 
 好スタートの幕が 開きそうです!!
 
 
 


 ということで、

 土日ゆっくりすごしましょ。おつかれさまでした☆
  【アメリカを売った男】


 20年以上に渡り
 祖国アメリカを裏切り続けた
 実在のFBI捜査官が逮捕されるまでの
 2カ月間を描いたサスペンス。
 
 FBIの若手捜査官
 エリック・オニール(ライアン・フィリップ)は、
 上司(ローラ・リニー)から
 新たな任務を言い渡される。

 それは、トップ捜査官
 ロバート・ハンセン(クリス・クーパー)の行動を
 逐一報告することだった。
 

 

 4/11迄の上映
  
 との事だったので

 良かったです、この度観る事ができまして。

 ずっと観たかったのです。

 1人日比谷まで 足をのばしてまいりました。

 
 


 さて、内容ですが

 名優クリス・クーパーの怪演っぷり。

 凄かったですね。

 
 徹底した祈り、

 歩き方ひとつ とっても

 観客をスクリーンに釘付けに
 
 させてしまう。

 さすがだな、って思えた。

 
 彼の作品、

 最近では『キングダム 見えざる敵』
 観ましたが、

 アクションもまた良いですが

 このような

 セリフ多い

 サスペンス系映画もまた

 魅力あふれていました。

 


 ローラ・リニー

 未だに綺麗さ健在(爆)

 金髪どうなの?

 って思っていましたが

 ハンセンに対する

 リベンジさ、

 全面的に出ていたので

 その強さ故に

 髪型等気にはなりませんでした。

 かっこ良かったです。

 
 先は読めてしまう役柄ですが

 見事演じきっていました。

 強かったっす。

 


 ライアン・フィリップ
 
 彼はやっぱり
 
 純粋どころの役、似合いますね。

 
 その甘い顔付きがまたGood.

 ジェームズ・フランコ
 
 髣髴させる。

 
 尊敬に値するハンセンに


 そして上司の命令に

 板ばさみされ

 戸惑い、悩み、苦しむ役どころですが

 良かったと思います。

 
 短いシーンでも

 その表情は充分出し切っていたと思いますよ。

 


 前半でたっぷりとハンセンを映し出し、

 後半にかけて

 ハンセンの墜落さ、

 長めに映していました。

 
 ラストは ん?でしたが

 
 バタバタ終わる事無く。

 きっちりとした

 エンディングもまた Good.

 
 


 今作翻訳された方、

 いいなーって思えてました。

 今作、

 英語のお勉強にもなったかな。

 セリフ多かったですが、

 
 ウマい言い回し多かったので

 あ、判り易いって

 思いながらたのしめました。

 
 


 話かわりますが

 翻訳される方の違いによって

 映画内容って変わりますよね。

 
 全然話ずれますが

 みかんのお気に入り映画翻訳者さんは

 誰がなんといおうと

 
 松浦 美奈さん。

 意訳しすぎる事なく

 すっごくたのしめちゃうんですよね。

 
 


 という事で??

 この映画、事実にもとづいて

 つくられていますので

 へー!って思えたところ

 結構ありました。

 
 幽霊や怪獣や。

 
 色々ありますが、

 一番怖いのって

 
 “人間自身”だって

 あらためて感じさせる1本。


アメリカを売った男
 ☆お疲れ様ですみかんです☆

 
 今日は日経平均下がってしまいましたね。

 上がるかと思いました。
 
 あれ?という間に

 するりするり。

 
 


 ドルが上下していますね。

 この状況だと明日も乱高下するかとおもわれます。
 
 
 日本経済だと

 日銀総裁が白川氏に確定見込みですね。

 副総裁がまだ決まらない、と。
 
 これが先進国であるニッポンのやり方ですか。

 わらっちゃいますよね。

 ありえないです。

 
 参院、衆院が別の党が

 政権握っているから

 こうなってしまうのでしょうか。

 
 なんという事でしょうか。

 ここまで来てしまったら

 決める事も決められない状況ですよね。

 
 どうなる事やらって。

 


 それにしても今日は

 凄い雨でしたね!

 しかも寒かったし。

 史上最高の雨量だとか。

 どこかの地域で。

 
 


 毎日毎日 変わります。

 忙しい天気が続きますが

 頑張ってまいりましょう。

 
 明日の相場も 

 予想できませぬ。。。
  
   ☆お疲れ様ですみかんです☆
 
 新学期が始まりましたね

 新入生さんたちを

 多くみかける時期になりました。

 
 慣れない靴、慣れないスーツ。
 
 慣れないネクタイ、慣れないスカート。

 
 少し緊張しながら

 初々しいッス。

 うらやましい。

 
 みかんもあーゆー時期があったのですよん。

 


 さて、

 ここ最近

 
 春になったり夏になったり

 
 秋になったり冬になったり。

 
 クルクル変わっていますが

 みかんは 未だに胃腸が。。

 
 アリエナイ。ばりゅーむ結果は

 全然問題ない、との事で。

 
 疑問と不安にみちあふれた

 今を送っております、はい。

 
 


 さて、今日の相場にはオドロキ!!!

 
 下げていたのにこんなに上げるとは。

 思いませんでした。

 
 


 米国株、ダウ16ドル安

 4日の米株式相場はもみ合い。
 ダウ工業株30種平均は小反落し、
 前日比16ドル61セント安の1万2609ドル42セント
 で終えた。一方ナスダック総合株価指数は続伸し、
 同7.68ポイント高の2370.98と、2月13日以来の高値
 を付けた。弱い雇用統計を受けて売りが先行したが、先行きの
 景気持ち直し期待などから買いも入った。

 3月の雇用統計で非農業部門の雇用者数は前月比8万人減と
 市場予想(5万人減)を上回って減るとともに、1、2月の雇用者数
 も大幅に下方修正された。米雇用情勢の悪化が進んでいることが
 意識され、売りが先行した。


 


 サブプライムローン、モノライン

 この次は

 米雇用統計が注目されそうです。

 
 不動産株や電気株が戻してきましたね。

 モンダイは輸出関連株の動きでしょうか。

 甘くなっている気がします。

 トヨタとか。

 
 これも原油高の影響でしょうか。

 
 今週もこの天気のように激しく乱高下すると
 
 思います。

 明日も上げますよ?
 
 夢と、希望に満ちあふれた1本
 
 
  〈

 魔法にかけられて



 ディズニーアニメのプリンセスが
  実写の世界へ迷い込んだことで起こる
   大騒動を描いたファンタジック・コメディ。


 魔法の国で暮らすジゼル〈エイミー・アダムス〉は、
 王子との結婚式の日に魔女に騙されて
 現代のニューヨークへと送り込まれてしまう。

 今までいた世界の常識が通じず困り果てていた彼女は、
 超現実主義の弁護士ロバートと出会う。





 純粋な作品でした。

 
 ディズニーアニメ&ハリウッド。

 このコラボが
 
 これほどまでに うまくフィットしているとは。 
 
 
 普通に楽しめましたよ。

  
 ラストは 自分のなかで
 
 びっくりしてしまいました。

 
 (あ、こうなるんだー)って。

 
 涙あり 笑いあり 怒りあり 疑問あり。

 
 いいじゃないですか、じゅうぶん◎な映画でしたよ。

 
 この映画を

 夢がないだとか ありきたりだとか。

 そんな思いをする人こそ

 器が小さいなーって思えてしまう。

 この映画は

 フツーに評価が高くて

 イイんじゃないかな。

 国内における収入も

 結構イケてますよね。

 


 エイミー・アダムス

 すっごくかわいかった♪♪

 
 プリンス・エドワード

 ちょっとかわいそうな役どころだったのかな。

 でも かっこよかったです。

 
 リスのピップもかわいかった♪♪  

 
 魔女役のスーザン・サランドン

 さすが。

 腰のすえた演技でしたね。

 
 


 全体的な 展開も

 良かったです。

 
 レイトショーで観なくて良かった。
☆お疲れ様ですみかんです☆
 
 
 もう春ですねーっ。
 
 あたたかいですよね。

 この土日、またお花見日和になるみたいですヨ。

 
 


 さて、この株式相場、

 残念ながら今日は下げてしまいましたね。

 なぜ下げたかって?

 
 それは 利益確定売りでしょう。

  昨日すごく上がって

  ひとまず売却して

  利益確定した投資家が多いのでしょう。

 


 市場の約7~8割の取引については

 外国人投資家なのだそうです。

 
 悲しいです。日本人の投資家は

 そんなにまで少ないのでしょうかね。

 
 


 さてアメリカですが。

 3日の米株式相場は小幅ながら反発。
 ダウ工業株30種平均は前日比20ドル20セント高の
 1万2626ドル3セント、ナスダック総合株価指数は 
 同1.90ポイント高の2363.30で終えた。
 雇用悪化を示す指標を受けて売りが先行したが
 メリルリンチの増資否定に関する報道などを手がかりに
 小幅に上昇して終えた。

 早朝に発表された週間の新規失業保険新生件数
 前週比3万8000件増の40万7000件と市場予想(37万件)
 を大きく上回り、2005年9月以来の高水準となった。

 バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が前日に続いて
 議会証言し、金融市場の動向やJPモルガン・チェースによる
 ベアー・スターンズ買収の経済を説明したが、相場への反応
 は限られた。

 メリルリンチが上昇し、シティグループJPモルガン・チェース
 買われた。

 
 


 
 最近 気になるのは

 証券株ふくめて 銀行株が上げている事。

 今日は下げましたが

 昨日はほんっとうにビックリしました。

 
 おそらく 米株式相場の影響かとは思うのですが、

 正直なところ

 今年終わり位までには

 サブプライムローンモノライン問題

 少なくなるかと思われております。はい。

 
 アメリカ圏へ行くのならば

 いまがチャンスですよ。多分。

 
 それでは良い週末を~♪♪
 ☆お疲れ様ですみかんです☆ 
 
 昨日はお仕事帰りに ちょっと遊び。

 
 


 というか 今日は

 ずいぶん相場が上がりましたね♪♪

 あ、昨日からか。

 200円高でした。

 
 日本株、かなり最近強きになっています。

 今日は三菱重工業富士重工業 
 
 上げていました。

 とある人のお話だと

 4/1に 三菱航空機が発足したようです。

 この関係でしょうか。

 


 2日の米株式相場は3日ぶりに反落。
 ダウ工業株30種平均は前日比48ドル53セント安の
 1万2605ドル83セント、ハイテク株の比率が高い
 ナスダック総合株価指数は1.35ポイント安の
 2361.40で終えた。
 前日に急上昇した反動やバーナンキ米連邦準備理事会
 (FRB)議長の議会証言を受けて売りがやや優勢となった。

 
 
 


 原油がだいぶ落ち着いてきました。

 明日も上げますよ?

 おっと??

 日経平均14,000円突破なるか!????

 
 今週はかなり上げてますね

 ここまで上げてくると

 逆にいつ下がってゆくのか

 かなりシンパイになってしまいますね。。。

 
 


 本日はここまでにします。

 
 ☆お疲れ様ですみかんです☆

 
 4月1日です!!

 
 エイプリルフール♪

 嘘であっても 株式相場、上げてもらいたいですねー。

 でも今日は上げましたね。

 
 それもこれもどれもやはり米国株式相場の影響ですね。

 まとめます。
 



 3月31日の米株式相場は反発。
 ダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反発し、
 前週末比46ドル49セント高の1万2262ドル89セントで
 終えた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数
 4営業日ぶりに反発し、終値は17.92ポイント高の
 2279.10.下げが続いていた金融株の一角に自律反発狙い
 の買いが入ったほか、3月のシカゴ購買部協会景気指数(PMI)
 が予想を上回り、買いが優勢になった。

 前週にアナリストによる利益見通し引き下げなど悪材料が
 続いた金融株が総じてしっかり。ポールソン米財務長官が
 1930年代の大恐慌以来となる金融行政の包括的な改革案を
 発表し、危機の再発防止に向けた姿勢を示したことが金融株高の
 一因との見方があった。消費者事業の再編を発表したシティグループ
 が3%弱上昇したほか、JPモルガン・チェースモルガン・スタンレーが高い。

 3月のシカゴ購買部協会景気指数(シカゴPMI)が前月から改善し、
 市場予想を上回ったことも相場を支えた。四半期末とあって機関投資家
 による「お化粧買い」観測もあり、ダウ平均の上げ幅は一時100ドルを
 上回った。

 ただ高脂血症治療薬の優位性を否定する研究結果が発表されたと
 伝わってメルクが10%超下げたほか、金や原油の先物相場の下落を
 受け、素材株が軟調。


 


 本日は

 
 待望の 三越伊勢丹ホールディングス

 上場しました!!

 
 ナント ナント 大丸&松坂屋を抜いて

 堂々の業界ナンバーワンに踊り出ちゃいました。
 
 あれ?

 そういえば確か

 大丸&松坂屋ホールディングスじゃなかったか。

 あれ?

 ゆにくろのような

 名前だった・・・

 そうそう

 Jフロント・リテイリングだ。

 
 スミマセン。

 
 とこんな感じになってしまいましたー。

 私だけかしら。

 
 日本橋三越、テレビで見ましたが

 凄まじいですね、あのお客様たち・・・

 どれだけリッチ?ゴージャス?

 なのかしら。混ざりたかったー。

 
 これからの成行が楽しみですね。

 
 ではまたあしたー

 明日も上げますよん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。