ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ☆月曜日ですお疲れ様です☆
 
 
 ひよこなみかんです。

 
 今日は月末&年度末で

 忙しかったですね。

 
 相場は化粧買い入りませんでしたねー。

 悲しいかな、それもこれもあれもどれも

 ニューヨーク相場の影響下。

 
 


 28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続落。
 前日比86ドル6セント安の1万2216ドル40セントで終えた。
 小売企業の業績見通し引き下げに加え、金融機関に対する
 根強い業績悪化懸念が相場の重しになった。ハイテク株の比率
 が高いナスダック総合株価指数は3日続落し、終値は19.65
 ポイント安の2261.18.
 
 百貨店大手JCペニーが28日早朝、春物商戦であるイースター
 (復活祭)
商戦の不調などを受け、2008年2-4月期の利益見通しを
 引き下げると発表。個人消費の先行きや企業業績への警戒感が
 広がった。JCペニーが7%を超える大幅安となったほか、メーシーズなど
 ほかの小売株もつれ安した。

 金融株も売りに押された。証券会社オッペンハイマーシティグループワコビア
 などについて、4月にも配当削減を公表するとのリポートを発表。
 シティワコビアともに大幅安となった。ダウ銘柄ではJPモルガン・チェース
 バンク・オブ・アメリカも軟調となり、ダウ平均は一時下げ幅が100ドルを超えた。

 朝方を中心に株式相場は高く推移する場面もあった。
 早朝発表の2月の個人消費支出(PCE)が前月比0.1%増と市場予想を
 上回ったほか、物価指標であるエネルギー・食品を除くコアPCEデフレータ
 が前年同月比2.0%上昇と米連邦準備理事会(FRB)が適当とみなす
 1-2%の範囲内に収まったことが背景。
 
 



 米国株式市場も乱高下していますね、

 明日も動きそうです。

 今日もだいぶ下げました。

 日本株、主に日立製作所とか東芝とか。。

 だいじょうぶ?って感じで。

 見通し危ぶまれていますが、

 ここは、じっくりいきましょ!
 
 今年は売買控えた方が良いかも。

 
 ではまたあした
スポンサーサイト
 ※最近当サイトと全く関係の無いコメントが

 よく貼られていますが

 非常に迷惑です。見つかり次第削除します※
 

 
 


 こんにちは、みかんです。
 

 最近春が近づいているせいかなんなのか

 出会い系サイトだのなんだの。

 変なコメント貼るなよって

 思ってます。

 
 めちゃくちゃウザイっす
 
 目にした方には大変申し訳ないです。

 
 


 さて今月は 沢山の映画を観ました。
  
 
 生きていて良かった~って思える作品にも

 沢山出会いました。

 
 アカデミー賞受賞した『ノーカントリー』
 
 
 昨日観た『スルース』 
 
 どれもこれも逸品でした。

 


 
 さて、ドルがまた下がりつつある傾向にありますが

 
 どうやらまだまだ落ち着かない状態が続きそうです。

 
 明日は年度末&月末です。

 さらに 気温11度との事で

 天気とともに相場もさむーくなりそう。。

 
 悲しすぎます。

 
 


 ではこのあたりで・・・

 明日から晴れ晴れとした1週間になりますよーに。

 
 
 
 
  騙すか 騙されるか


    ≪スルース≫

 スルース


 


 今月 本目の映画。

 
 どうやらこの作品は

 1972年に
 
 ローレンス・オリヴィエマイケル・ケイン主演で製作され、

 2人揃ってアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた傑作サスペンス
  
 「探偵スルース」のリメイクらしい。

 
 残念ながら この「探偵スルース」は観ていないが

 
 なんと言うか、


 なんと言うのか、この感じ。

 
 食べた事は無いが

 
 キャビアフカヒレスープと 一緒に食べた感じ。

 
 1,800円の代金が安く感じた。

 
 


 1人の女性マギーを巡って、

 夫である推理小説作家(マイケル・ケイン)と

 不倫相手の若手俳優(ジュード・ロウ)が、

 ロンドン郊外にある作家の豪邸を舞台に心理戦を繰り広げる。
 
 


 凄い凄い凄い!!!
 
 興奮した!!
 
 たった2人しか 出てこないこの映画。

 なんで たった2人しか出てこない映画なのに


 こんなにオモシロイの!?

 そんな答えなんて 

 言わせて頂くと

 たった1つしかないって!!

 
 何って、2人の演技力しかないでしょう。

 
 観ているわたしたちは

 完全にダマされる。

 
 というか、どこまでがゲームで

 どこからがホンモノで。

 
 ワカラナイ

 
 妻の不倫相手を 撃った後のあの表情。

 あの沈黙。
 
 
 飽きなかった。

 会話1つ1つが

 さすが 「魔笛」「ハムレット」の監督。

 全体に見え隠れする

 劇的な雰囲気、

 2人の激しい会話のやり取り。

 
 けじめがついている。無駄のない感じ。
 
 
 先が観えない。とにかくジュード・ロウが素敵。
 
 美しく、気高く、紳士的な姿と

 まぬけで、臆病で、弱気な姿と

 
 1つの作品で彼の喜怒哀楽が

 ふんだんに 織り込まれている。

 かなりリッチテイストに仕上がっていた。
 
 ファンにとっては 

 これまでにない貴重な1本として

 思い出に残ると思われた。
 
 


 くるくると変わる。

 
 なんでそんなに相手の手に乗るの?

 結局100万ポンドの宝石のため?

 
 違う。


 「男」である プライド。

 それは

 誰にも どんな男にも負けたくないもの。

 
 とても丁寧に描かれていました。

 
 映画を観ているときは

 頭のなかで 思考を必死に巡らせていました。

 
 結果的に騙されたのは

 私自身でした。
文字色 ☆お疲れ様ですみかんです☆
 
 

 明朝の検査の為

 
 運命のあと数分(9時まで)を

 食べて飲んで
 
 飲んで食べて

 
 繰り返しております。
 
 まーたこーゆー日に限って

 お腹が空き 喉がかわくんですよねーっ。

 
 


 本日は日経平均上げましたね!
  
 驚きました。売買高だって

 そんなに高くないにも関わらず

 
 ここまで上げるとは

 年度末に近づいているせいでしょうね。

 


 27日の米株式市場でダウ工業株30種平均
 大幅に3営業日続落。
 前日比120ドル40セント安の1万2302ドル46セント
 で終えた。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数
 は続落で、終値は43.53ポイント安の2280.83.
 データベースソフト大手オラクルの決算が予想を下回った
 ことを受け、ハイテク株が軟調だったほか、アナリストの
 利益見通し引き下げで金融株が売られたことが重しになった。

 前日夕発表のオラクル決算は売上高が予想を下回り、株価が
 約7%下落。企業のハイテク関連の設備投資の先行き不透明感が
 意識され、マイクロソフトインテルIBMといったハイテク株がさえない展開
 となった。ネット広告の閲覧回数が減少したと調査会社が指摘したと
 伝わったグーグルが売られたことも、ハイテク株の足かせとなった。

 証券会社オッペンハイマーのアナリストがメリルリンチとUBSの利益見通しを
 引き下げ、リーマン・ブラザーズのアナリストも大手・中堅銀行
 の利益見通しを引き下げた。業績悪化の思惑からリーマンの株価が
 約9%下げたこともあり、金融株は売り優勢。メリルリンチは5%超下落。
 バンク・オブ・アメリカJPモルガン・チェースの下げも目立った。
 

 

 


 米国株は下げたものの

 日本株が上げたとは素晴らしいです。

 
 そうそう、電話でみかんが受けた内容ですが。

 
 確か昨日の午後、とあるおじいさんから

 
 「だいにっぽんすみともかがくを買いたい」と。

 探してもないので

 「大日本住友製薬ですか?」
 ときいたら

 「うん、そうそう。」
 
 なんじゃこのおじいさん。だいじょうぶ?

 
 そう思っていた昨日。

 おやおや、

 おやおや。

 ふたを開ければびっくり。

 社長交代のニュースが飛び交い

 今日は31円高で引けているではありませんか!

 
 おじいちゃんすごい。

 
 今日感心しちゃいました(笑)

 
 


 最近の注目銘柄は

 上記 4506:大日本住友製薬

 そしてジェネリック薬品による

 薬品銘柄

 
 かなり注目できそうですよん。

 
 ではまた♪

 よい土日を!

 
 桜見に行きましょう♪

 今週末がMAXみたいで。

 青森まで行きたいなぁ。
 ☆お疲れ様ですみかんです☆
 
 いやはや、今日も下がってしまいましたねー。

 権利が落ちた日から

 下げています。

 
 あまり調子良くない日が続いています。

 まるで天気のように。。

 
 けれども なんと桜が満開を迎えている、

 ということで
 
 例年よりも 9日も早いみたいですよ♪

 
 今週末が お花見日和になるみたいです。
  
 
 入学式あたりは もう散っているかも。。
 
  


 入学式で思い出しました。
  
 この時期になりますと

 新しいスーツを着ている

 新入生らがいますね。

 
 つい自分の事を思い返してしまいます。

 あの時
 
 自分はどうだっただろう。

 
 


 さて、今日は日経平均マイナス102円で引けました。
 
 米国株について

 26日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落。
 前日比109ドル74セント安の1万2422ドル86セントで終えた。
 米製造業指標の振れや大手金融機関の業績悪化懸念などを
 受け売りが優勢になった。
 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は
 4営業日ぶりに反落。同16.69ポイント安の2324.36で終えた。
 
 午前8時半に発表になった2月の米耐久財受注額は
 前月比1.7%減と市場予想(0.7%増)に反して減少した。
 民間設備投資の先行き指標とされる国防・航空機を除く
 資本財受注は2.6%減となり、米景気後退観測が強まった。
 2月の新築住宅販売件数は市場予想を上回ったが、これを
 好感する動きは限られた。
 
 証券会社のアナリストが住宅ローン関連証券で
 多額の評価損計上を余儀なくされるとして、
 シティグループなど複数の大手金融機関の一株損益見通し
 を下方修正した。
 

 


 明日はどうなることやら。

 
 上げてくるでしょうか。。
 
 最近ドルが

 下がりつつありますから

 どこまでゆくでしょうか。

 
 中途半端でゴメンナサイ。

 
 ではまた♪♪
いつもの帰宅時間。

 いつもの電車。

 いつもの車両。

 
 乗ると HOTな空気がただよう。

 
 椅子に目をうつすと

 
 部活動の帰りらしく
 
 男子学生らの姿が。

 
 足と足の間には 大きなスポーツバッグ。

 
 YONEXと書いてある。

 顔は陽に焼け真っ赤だ。

 
 恐らくテニスプレーヤーたちだ。

 彼らの電車内でのマナーはさておき。
 
 
 ぐったりとしながらも

 横の友達と携帯をながめて

 笑い合っている。

 きっと朝早くから遠征し

 疲れているに違いないにもかかわらず

 とても楽しそうだった。

 
 ほっとした。

 彼らのような学生もいるのだ。
 
 
 ニッポンは岡山。

 午後11時。

 いつもと同じ仕事、同じ電車

 
 かどうかは分からない。

 朝早くから 夜遅くまで

 疲れていたに違いない。

 テニス帰りの少年らのように

 肩を落としている
 
 亡き会社員の方の姿が 心に浮かぶ。

 
 ほんの一瞬の出来事。

 ハッと、息を呑んでいる暇も

 なかったのではないだろうか。

 
 「だれでもよかった」
 
 単純で、我儘で、完全自己中心的で

 
 愚かで、卑劣で、前代未聞で、

 
 端的にいえば馬鹿な

 馬鹿な馬鹿な馬鹿な馬鹿な馬鹿な馬鹿な

 
 
めっちゃくちゃ馬鹿で不本意な

 たった1人の

 たった一瞬の行動により

 
 若き38年の命をうばった。

 
 許せない。

 これは 先日の荒川沖にて起きた

 殺傷事件の続編か?

 
 こんな事許して良いのか??

 いとも簡単に人の命をうばった

 18歳の男は

 大人になって

 何を思う?

 今何を思っている?

 
 考えたくも無い。

 考える事が下らない。
  
 
 一番悲しい事。

 
 こんな時代に わたしたちは今 生きている。
 
 



 頭がおかしいんじゃない?
 そんな言葉で片付けられるのか。

 精神分裂症?

 
 まったくどうなっているのだろうか。
 
 もはや 日本中誰もが

 被害者になってもおかしくないのでは。

 
 今日も同僚から聞いた。

 
 朝の通勤途中

 歩いていたら突然

 左肩を叩かれたらしい。

 
 気をつける術はどこにあるのか。

 
 周囲を気にしながら歩くか。

 振り向きながら歩くか。

 警戒しながら歩くか。

 果ては 後ろ向きで歩くか。

 
 平和

 そんな言葉が 今はとおい。
 
 
 いつになれば 穏やかになるだろう。

 
 完璧な社会をのぞんでいるわけではない。

 
 なんとか、ならないだろうか。

 
 いつの日か、

 
 せめて自分の次の世代こそが

 笑って過ごせる未来を

 
 のぞもう。
 
   
 ☆お仕事お疲れ様です☆
 

  ひよこなみかんです。
 
 
  今日は日経平均ずいぶん上がりました!!

 
  米国株式相場の影響が大きいでしょう。

  というかほとんど
 
  ヨーロッパやアメリカ系の経済のうごきに

  順じているのですね。
 
  
  なんだか 日本独自の力ではない事に
  
  ほんの少しさみしさを感じてみたり。

  感じてみなかったり。

 
  


  さて、

  メモった用紙を忘れてしまったので

  何ともいえないのですが

  ティファニーの決算が市場よりも

  かなり良かったらしく

  上昇しましたね。

 
  ティファニー・・・

 
  なぜ日本人をふくめて

  ひとはブランド物がすきなのか。

  まぁ勿論 例外もあります。
 
 
  生地や素材が全然違いますよね
 
  やっぱり。お金を出すには

  価値が充分あるかと思われます。
  
 
  現在は円高ドル安まっしぐらですが

  この先どうなるかはまだわかりませんが。

  
  とあるアナリストいわく

  今年後半~来年にかけて

  景気が上向きになるようです。

  底はもうついた、との事。

  
  ひよこなアナリスト

  

  ちがいます(爆)

  
  また 100円きる時が

  来るとおもっています。

  
  夏頃。
 
  9.11前あたりに。

  
  なぁんてねなぁんてね。

  どうなるか 相場は生き物だからわかりませぬ。

  
  とりあえず 明日をたのしく生きてみるだけ♪♪
  
  ではではまた♪
 ☆おつかれさまですみかんです★
 
 携帯が、壊れてしまいました。
 
 壊したわけではありません。
 
 壊れた、のです。

 
 本当に・・・

 みかんの体には電流が流れているのでしょうか。

 
  


 話は変わりますが、

 
 許せないですよね

 
 茨城は土浦で発生した

 無差別殺傷事件
 
 
 遺族の方の事を すこしだけでも
 
 考えただけで

 本当に胸が苦しくなります。

 
 本当に心からご冥福をお祈り申し上げます。
 

 人間、では考えられない

 異常殺人者に 

 尊き命を 

 たった一瞬にて奪われる

 その悲しみ、怒り、憎しみ、辛さ

 そうは癒されるものではありません。
 
 この先数十年、
 
 
 傷は癒されません。

 絶対に許される問題ではありません。
  
 
 今、わたしたちが生きているこの

 ニッポンで、現実として起きた事件です。

 
 受け止め、二度と起きぬよう

 考えてゆかなければ

 また同じ事件が起きるでしょう。

  
 
 

 さて、
 
 今日は日経平均マイナス2円とは

 さみしいものですなぁ。

 
 米国株式相場のお休みの為

 買い材料が乏しかったようですね。。

 
 明日も乏しくなるかな。

 
 ドルがだいぶ上げてきましたね。

 
 この調子ですすんでほしいなーなんて

 思いました。

 
 それではまた
    その時、なにが起こったのか

  
  ≪≪バンテージ・ポイント≫≫

  バンテージ・ポイント


 
 スペインで開催されたテロ撲滅の国際サミットに
 出席したアシュトン(ウィリアム・ハート)米大統領が、
 大群衆の前で何者かの凶弾に倒れ、
 続けて現場に仕掛けられていた爆弾が爆発。
 
 大統領の警護に当たっていた
 シークレットサービスのトーマス・バーンズ(デニス・クエイド)は、
 すぐさま犯人の捜索を開始するが……。



 
 大統領暗殺の陰謀を複数の

 異なる視点から描くアクション・サスペンス


 


 新感覚アクションムービー!!
  
 火曜日仕事帰りに観ました。

 
 個人的には大好きな内容。

 めちゃっくちゃおもしろかった!

 
 飽きないんですよ、内容が。

 あのー、たしかにツッコミどころはありますよ?

 
 だってアクション映画にはつきもの。

 
 絶対死なない主人公(爆)

 どんなにケガしてもピンピン元気。
 
 
 デニス・クエイドがすっごく頑張るんですよ。この映画。
 
 
 個人的に がんばれお父さん!※って感じで

 応援してました。

 
 ※「デイ・アフター・トゥモロー」から

 


 ウィリアム・ハートが 老けた?

 
 それとも役作り?

 
 「グッド・シェパード」以来ですね。

 
 フォレスト・ウィテカー

 本当演技が上手です。
 
 さすがアカデミー賞受賞俳優
  
 
 笑うと子どもみたい。

 こちらまで嬉しくなってしまう。

 
 あのアミン大統領のときとは
 
 全然ちがいますね。

 
 常にソニービデオカメラ手にして。

 
 まるで ミスター・ビーン(大笑)

 
 ほんっとビーンみたいでした。

  
 


 ストーリー全体には

 わかりやすかった。

 巻き戻しされますし。
  
 最初はビックリしましたが、

 だんだん あーなるほどって

 思えてきて、

 ラストのカーチェイスシーンは見応え充分。

 
 かなり面白かったですね。

 ハイになれる映画。

 
 ラストのしめくくりも

 
   
     
  

立ち直れないほど


自分を投げ捨ててしまいたくなるほど

  ツライ失恋をした。

  
  そんなとき

  おとずれたカフェで たべた

  ブルーベリーパイ、
 
  
  そして出会った男性。

 
  
  〈マイ・ブルーベリー・ナイツ〉

   マイ・ブルーベリー・ナイツ

 
  

  「2046」ウォン・カーウァイ監督の初英語作品。
 
  失恋したばかりのエリザベス(ノラ・ジョーンズ)は、
  カフェオーナーのジェレミー(ジュード・ロウ)が焼く
  ブルーベリーパイによって少しずつ癒されていく。

  それでも元恋人への想いを捨てきれない彼女は
  ひとり旅に出ることを決意し……。

  
  
 
  


  今週

  今月じゃなくて今週3本目の映画。

  
  アクション、クライムサスペンス、そして

  今作ラブストーリー。

    

  とってもあまーい映画でした☆

  なにせ 今世界で大活躍中の
 
  シンガーソングライター

  ノラ・ジョーンズ♪♪

  初出演にしては

  とても可愛く上手でした☆☆

  すっごくわかる!って

  おもいました。

  女の子であれば

  きっとだれもが経験する失恋。

  そこからどう立ち上がるか、

  1人旅に出てみること。

  
  ありがちな内容でありがちなラスト

  
  そうしめくくる方も

  多くいらっしゃると思いますが

  1人1人の演技が光っている。

  
  だれもが苦しみ

  だれもがつよがり

  だれもが失敗し

  だれもがおちこぼれ
 
 
  でもどこかで さみしいけど

  でもどこかで わらいたい。
 
 
  勇気のあとに現れるのは
 
  光。
 
  
  元気になれる作品。

  心があたままる作品。


  
  カップルや友達や

 
  1人で観ても全然ノープロブレムな映画。

  
  ゆっくりとながれてゆく時間。
 
  監督は人をうつすのが上手ですね。
 
  よかったですよ?

  観て損はないと思います。

  
  観終わった後

  9割ちかい確率で

 
  「私もブルーベリーパイ食べたい!」
  
  
  って言いたくなりますよ。  
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
  
   この2年間、

  
  本当に本当におつかれさまでした!!
  
 
  
 そして、お手紙どうもありがとう(^○^)

  
  うれしかったよ♪

 
  これからも 健康にきをつけて

 
  がんばってください!

  
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


 



  お疲れ様ですみかんです。

 
  見てくれるかなー。見てくれるかなー。

  
  そう思いながら

  本日旅立った同期の子へ

 
  エールを送ってみました

  
  


  さて、経済のおはなしへ移りますが。

 
  結局のところ日銀総裁空席のままですか。

  
  ありえないですよね!?

  これが先進国の有様ですか??

  
  代行?この世界経済が狂っている中に!?

  
  笑っちゃいけないけど笑い止まらないです。

  
  それにしても 今日は相場が上がりましたねー♪

 
  


  米国株、ダウ平均261ドル高

 20日の米株式相場は大幅反発。
 ダウ工業株30種平均は前日比261ドル66セント高
 の1万2361ドル32セント、ハイテク株比率が高い
 ナスダック総合株価指数は48.15尾印と高の2258.11
 で終えた。
 前日の大幅下落を受けた買戻しが優勢となった。
 製造業指標が予想ほど悪化しなかったことや
 個別に好材料が出たことも買いにつながった。
 
 19日のダウ平均が293ドル下げた後とあって
 自律反発狙いの買いが入った。
 午前10時に発表になった3月のフィラデルフィア連銀景気
 指数はマイナス17.4となった。ただ前日(マイナス24)から
 改善したうえ、市場予想も上回った。
 同指標もきっかけに買い戻しの動きが強まった。
 
 金や原油先物相場が軟調で、
 関連銘柄の一同が売られた。
 ただ、シェブロンエクソンモービルなどが上昇して終えており、
 相場全体への影響は限られた。

 S&P500種株価指数は31.09ポイント高の1329.51で終えた。
 業種別S&P500種株価指数は(全十業種)では「金融」が約7%
 上昇するなど九業種が下げた。
  
 ビザは14%高。

 
  
 


 アメリカ経済の影響を受け、

 日本株が上がりました。

 がしかし 外国人投資家の売買が

 少なかったらしく

 出来高も非常に少なかったですね。

 そんな中で これだけ上げて終えたとは

 
 だいぶ強くなりましたね日本株。

 来週が期待大ですね。

 
 良い週末を!!
 
  【ノーカントリー】  


 ノーカントリー



 第80回アカデミー賞作品・監督・脚色・助演男優4部門受賞。

 

 舞台は1980年のアメリカはテキサス。
 
 無限に広がる荒野。

 
 そこに車が数台止まっていた。
 
 
 周囲には死体が数体 散乱していた。

 
 中には犬の変わり果てた姿まで。


 車の荷台には 大量の麻薬が。

 
 密売人らの銃撃戦があったと思われる。
 
  
 ベトナム帰還兵モスは

 
 状況に息を呑みながら

 
 遠くに佇む木陰に目をうつす。

 
 横たえた男性の死体。

 
 すぐ傍には 大金が収められた黒いカバンが。

 
 すぐ手にし

 
 家へ持ち帰る。

 
 生を奪う為

 
 彼を執拗に追い続ける殺し屋シガー、

 
 2人を追う老保安官。


  



 この映画を観るため

 この映画に出会えたことに

 
 私はよろこびを感じる。
 
 快感を感じた。

 
 これまで 数多くの作品を目にした。

 確かに感動し、涙流した。

 時に笑い、時に目を伏せた。

 
 怖い、そう思った時もあった。
 
 我慢できずに すぐ席を立ったこともあった。

 
 どんな時でも

 「まだ終わりじゃないのか」
 
 「まだかな。意味わかんない」

  
 そう逃げ出したい気持ちが あった。
 
 
 この映画は違う。

 
 映画というか、むしろ観客である事を完全に忘れていた。
 
 ドキュメンタリーを観ているようだった。
 
 自分が“そこに”いる覚えがした。

  
 


 胃が痛んだ。

 
 胃が捩れた。
 
 
 胃が熱くなった。
 
 
 手に汗が滲んだ。
 
 背筋が凍る。
  
 目が真っ赤になった、集中し過ぎて。

 
 ワンシーンワンシーンが 丁寧で。

 
 “人間”を これでもかと言うほど


 カメラが追う。写す。撮る。

 
 


 どこが良いの?

 どこがアカデミー賞なの?

 何がどうなの?

 だからどうしたの?

 最終的に何が言いたいの?

 ただの殺し合いじゃん?

 意味わからないよ?


 



 私は否定しない。

 完全に溶け込んだ。

 ラスト近くの 老いた男2人の会話。

 心に深く刻まれた。

 
 人間とは分からないもの。

 わからないもの。

 幽霊のような、存在。

 結局殺しの意味なんて

 本人以外わからないもの。

 
 「気を付けて帰れよ」
 
 それは この先の人生気を付けろよと

 聞こえたようだ。

 
 どんな人間でも

 失敗はあり 完璧になれない。

 
 だからこそ シガーの衝突事故があった。

 
 あのシーンにはなぜか感動するものがあったように思えた。

 
 めちゃくちゃアッサリ言うとしたら

 『犬も歩けば棒にあたる』

 
 目の前は青信号。

 
 人通り少ない。

 後ろにいるのは 自転車に乗る2人の少年。

 
 ほんの少しほほえむバルデムの表情が、

 あぁ、さすがだなと感じてしまった。
 
 
 


 メチャクチャ怖かった。

 
 殺人シーンあり グロかったけど

 
 目はスクリーンに釘付け。
 
 ずっとずっと釘付け。

 
 何と言ってもカメラワークの良さ。

 
 そして “人間”を 


 事細かに映し出す 監督の技。
 
 
 さらに 会話。せりふ。言葉。

  
 キャスティングの良さ、

 タイミングの良さ。

 
 これほどまでに音楽無くして

 これほどまでに観客の心を集中させるとは。

 
 素晴らしかった。

 アカデミー賞おめでとう!
 もう1度観たい。

 
 原作も読みたい。

  
 この先観てゆく映画のなかでも

 
 自分の中で確実にベスト3にはいる作品。
☆おつかれさまでーす★

 
 みかんです。

 
 昨夜は 土日のリベンジのため

 仕事帰りに映画観てまいりました!!

 
 今日は相場がずいぶんあがりましたねー。

 良かった良かったなんて

 思っているのも束の間ですよ?

 
 すでにドルは98円まで上昇していますから。

 
 残念っ!

  
 今日は悪い事ばかりがありました。

 
 客に「あったまわっるいねぇ」とか言われたし。
 
 折り返し連絡先を自宅で良いか

 確認のためうかがっただけですよ。
 
 キレました。

 
 「わかりました失礼いたします」

 と斬りました。

 
 
 失礼。切りました。
 
 謝ってません(爆)

 
 そんな電話の帰りは

 人身事故にて 電車遅延とは。

 これまたツイていないっす。

 
 


 
 米国株、急伸

 18日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均は大幅続伸。
 前日比420ドル41セント高の1万2392ドル66セントと、
 2月28日以来の高値で終えた。
 上げ幅は2002年7月29日以来の大きさ。
 ナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに急反発し、
 同91.25ポイント高の2268.26で引けた。
 証券大手の決算が市場予想を上回り、信用リスクを警戒する市場の
 安心感を誘った。
  
 早朝にリーマン・ブラザーズゴールドマン・サックスが発表した
 2007年12月-08年2月期決算は大幅な減収減益となったが、
 一株利益と純収入がともに市場予想を上回った。 
 資金繰りの悪化からベアー・スターンズが経営難に陥るなど、金融機関の
 経営不安が強まっただけに、朝から金融株を中心に買いが膨らんだ。
 
 午後2時15分ごろに、米連邦準備理事会(FRB)は、米連邦公開市場委員会
 (FOMC)
で政策金利の0.75%引き下げを決定したと発表。
 市場では1%の大幅利下げ期待が広がっていた事から、発表直後は
 失望売りを誘い、主な株価指数は伸び悩む場面もあった。
 ただ、FRBは声明文で今後の追加利下げを示唆したこともあり、売りは
 一時的だった。早朝に2月の卸売物価指数(PPI)と住宅着工数が発表された
 が、相場の反応は限定的だった。

 
 
 


 なるほど、失望売りが出たのかー。

 というか市場の期待は1%とは。

 だいぶ大きな引き下げですよね;;;


 まぁ、政策金利下げても今日みたいにまた

 100円超えてから下げる場面だって

 ありますからね。

 非常にショッキングです。
 
 
 市場の相場も完治していないのですね。

 まるでみかんの胃腸のよう(爆)

 
 ではまた今度、

 昨日観ました映画の感想でも

 この場を借りて述べさせていただこうと思いまする。

 今日はこのあたりで筆を止めます。

 だって昨日寝たの2時。。。
 
 あ、今日か。

 では。
 今日1日が、

 怒涛の1日だった事は

 
 ここに書くまでもありませぬ。

 
 それでも、今日のような日を

 待ちわびていた、と言ったら変ですが

 
 今日のような日が

 来ると思っていた、

 そう思っている人は

 少なくは無いと思います。

 
 



 為替がついに95円台に入りました。

 世界をかけめぐったニュース。

 
 どんなニュースよりも先に飛び交ったのが

 
 「円高ドル安」
 
 
 おそらく、経済にぜんっぜん興味の無い方でも

 この言葉、今日聞いたのかな、

 なんて。
 
 
 ってゆーか、

 異常ですよね。

 アリエナイありえない。

 
 友達と大笑いしてました。

 
 いつになったら下げ止まる?

 止まらないですよ?フフ。

 
 まだまだこの下げ続きますよ。
 
 
 95円割りますから。

 90円割りますから。
 

 ひよこな予想です。




 14日の米株式相場は大幅に反落。
 ダウ工業株30種平均は前日比194ドル65セント安の
 1万1951ドル9セント、ハイテク株の比率が高いナスダック
 総合株価指数
は51.12ポイント安の2212.49で終えた。
 資金繰りの悪化した米証券大手ベアー・スターンズに対し、
 ニューヨーク連銀準備銀行などが緊急支援に乗り出すことで合意。
 信用リスクの高まりが嫌気され、売りが膨らんだ。
 ダウ平均の下げ幅は一時300ドルを上回った。
 米大手銀JPモルガン・チェースがニューヨーク連銀から公定歩合で資金を
 調達し、ベアーに融資する。信用力の低い個人向け住宅融資
 (サブプライムローン)問題
に端を発した金融不安が、米連邦準備理事会
 (FRB)による個別金融機関への支援という異例の事態に発展した
 ことが、米金融システムの抱える問題の根深さを意識させた。
 金融株は軒並み下落し、ベアー・スターンズ5割近く下げたほか、
 証券大手リーマン・ブラザーズが約15%安、米格付け会社が格下げした
 米貯蓄金融機関(S&L)大手ワシントン・ミューチュアルが約13%下落した。


 


 もはやこここまで相場が下げてきたら

 デイトレどころじゃないです。

  
 売買するなら長期でみないと。

 そのためには

 この機会に
 
 じっくり探すべきだと思います。

 将来ある企業、国、信用。

 
 未来ある、場所。

 
 みかんもじっくり考えたいとおもいました。以上。

 
 (^○^)(^○^)(^○^)(^○^) 
 
 
 ひよこなみかんです。

 今日も昨日に引き続きとても良い天気なサンデーでした。
 
 
 みかんは 家にいました。

 あと CDショップに行ったり
  
 散歩してみたり。

 そんな1日。

 
 


 それにしても ドルがとうとう98円台になってしまうとは。

 世も末ですな。

 挙句の果て
 
 日銀総裁空席のまま。。

 
 こういったら何ですが

 先進国である日本が行う事でしょうか。

 問題ありすぎですよね。

 
 今の政治の在り方、

 ど素人が言うのもなんですが

 不安材料ありすぎですよ。

 これから 貧富の差がますます出てしまうでしょうね。

 土台がしっかり決まっていないからこそ

 上がガタガタ崩れてしまうのではないでしょうか。
 

 見通しが悪いのは

 世界経済よりもむしろ

 この日本ではないでしょうか。
 
 本当に日本どうなることやら。

 
 あ、というか 
 
 とうとう日経平均 11,000円台になりそう。。

 
 ダウ工業株30種平均が 11,000ドルになればかなりアウトでしょうか。

 
 今週は良い天気みたいですね。

 ま、がんばりましょう。
 
 
 ではまた明日~
 
 
 ☆土曜日ですみかんです☆ 

 
 今日は春満開でしたね。

 
 それなのに また胃腸炎になり

 天気が良いのに 寝てました(涙)
  
 
 ほんと、泣くしかないですよね、

 でも、もっともっと毎日苦しんでいらっしゃる人も

 多くいるので

 ワガママ言えません。

 でも、毎月こうなっちゃっている
 
 この体に

 いい加減イライラはしてます;;

 
 胃カメラやるべきですね。

 
 


 というか、ドル円、やばくないっすか?

 
 夕刊見たら 98円台って・・・

 
 え!?

 
 ひどい。。

 口座みたくないー。

 マイナスだらけですよね。

  
 あぁ、どうなる事やら。

 でも、悲しいことに

 今年中に どこかの金融機関の破綻が・・・

 
 まだビッグニュースが出そうな予感はします。

 
 みかん予想。
  
 ドルは90円切るでしょう。

 
 80円~105円 
 このレンジで今年終わるかなー。

 105円まで伸びたら良い方でしょう。
 
  
 ではまた
 ☆お仕事お疲れ様です☆
  
 本当に1週間お疲れ様でした!!!

 
 今週は 

 
 十数年ぶりに 非常に荒れた相場でしたね!

 12年ぶり、ついにドルが100ドル大台

 割りました。

 
 今日も割りましたね。

 一体どう動くかどうなるか。

 凄まじい勢いです。
 
 
 上げ止まらない原油先物相場。

 ついに110ドル台に乗ってしまうとは。
 
 ため息以外何も出ないですよね!

 
 皆様お疲れ様でした。
 
 
 今日もみかんはドルを買い増ししました。

 
 乱高下しましたね。

 驚いています。驚いています。

 
 ひたすら驚き中。

 今売りたい思いは沢山あるのですが、

 ここで売ったら大変なことになってしまいますよね。。。

 だからぐっと我慢します。
 
 
 銀行株もめちゃくちゃ下げました。

 すべての銘柄に言える事とは思っていますが

 
 ここであきらめてはいけない!!




 というかお昼に 

 358円もして

 それでいて超具が少なかったスープを

 とあるコンビ二で買って

 
 それと梅おにぎり1つ食べた
 
 ランチ。

 ダイエットしているわけではありませぬが。

 

 すー――――ごくお腹すいたから

 
 夕飯に鍋をペロリ。
 
 
 ご飯を0.8合

  
 キウイ1つ。

 
 お腹いっぱい。

  
 
 あ、相場のおはなしに戻りますが

 来週も見通し悪いです。
  
 アナリストたち言ってましたもの。

 
 数ヶ月は戻らないだろうとか。

 
 辛抱強く待ちましょう。
 
 
 ではまた!
★★水曜日ですおつかれさまでーす★★
 
 ひよこなみかんです。

 
 今朝は人身事故の影響で電車が遅れ
 
 めちゃくちゃ走るハメになってしまいました。。

 まったく朝から飛び込むなっての。

 飛び込む?

 いやいや、ニュースを見ると
 
 線路にうずくまっていた!!

 
 どちらにせよ、自分の最期くらい

 人に迷惑かけるなよ。

 
 


 さて、今日仕事で

 携帯へ架電したところ・・・

 
 なんと!!「プルルルル・・・」
 と鳴らずに
 
 
 聞こえてきたのは あゆ「Together When...」
 
 しかも着うた!! 
 
 (えっ????)


 って思っていたら急に「もしもし?」

 
 あーびっくりした。架電しているこちら側に

 音楽が鳴るとは。

 
 今の時代はハイテクですねー

 
 


 さてさて。

 今日は日経平均大幅高!!

 ずいぶん上がりましたね上がりました!!

 
 でも、400円高入るかとおもいきや

 スルスルと下げていきました。

 
 米国株の影響ですね。

 けれども油断禁物です。

 
 明日は下げてきますよ。

 
 


 11日の株式雄相場は4営業日ぶりに急反発。
 ダウ工業株30種平均は前日比416ドル66セント高の
 1万2156ドル81セント、ハイテク株比率の高いナスダック
 総合株価指数
は86.42ポイント高の2255.76で終えた。
 ダウ平均の上げ幅は今年最大で、2002年7月以来、
 約5年8ヶ月ぶりの大きさ。
 米連邦準備理事会(FRB)住宅ローン担保証券(RMBS)
 などを使った市場への資金供給策を発表したことが
 好感され、金融株を中心に買いが膨らんだ。
 
 FRBは取引開始前に、連邦機関債や連邦機関発行のRMBS、
 民間の高格付けRMBSを担保に米国債を貸し出す金融機関向けの
 新たな資金繰り支援策を発表。海外中央銀行に対するドル資金の
 融通枠拡大も発表した。
 このところ格付けの高いRMBSなどの価格が急落して市場で信用リスク
 への警戒感が高まっていたため、FRBの資金供給策で市場心理が
 好転。信用リスク懸念を背景に下げのきつかった金融株が大幅高
 となり、相場全体をけん引した。
  
 


 
 日本株式相場でも

 シティグループをはじめ 日本国内においても

 金融株が上げました。
 
 明日は逆に少し下げて終わるかもしれません。
 
 それではまたー。

 明日の事なんて明日になってみないとわかりませんよ。

  
 そうそう、明日は期限3月物・オプション取引の最終日とか

 聞きました。
  
 
 明日も乱高下しそうです。以上
 ☆お疲れ様ですみかんです☆

 

 今日はおどろきな結果ですねですね☆☆

 
 前場で下げた、かと思いきや、

 後場にかけて 急激に上昇!!
 
 日本株、強いじゃないですかーっって

 思っていましたが、

 なるほど、ドルが102円台に戻してきました♪

 
 やった!そう思っているのも束の間。

 原油先物相場、ついに108円台まで動いております。

 
 急激に上昇するとは。

 驚きな結末に至るか。

 今週は相場が乱高下しそうな予感はします。

 


 10日の米株式相場は大幅に3日続落。
 ダウ工業株30種平均は前週末比153ドル54セント安の
 1万1740ドル15セントと2006年10月3日以来の安値で
 終えた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数
 43.15ポイント安の2169.34で追え、06年9月8日以来の安値を
 付けた。景気後退懸念が強まったことが重しとなったほか、金融
 関連の悪材料が続いた事が嫌気された。
 
 S&P500種株価指数は20.00ポイント安の1273.37で終え、
 06年8月14日以来の安値で終えた。
 
 前週末発表の雇用統計が大幅悪化したことで景気後退局面入り
 したとの見方が広がり、投資家の換金売りが続いた。
 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスベアー・スターンズ
 発行する住宅ローン関連証券を格下げしたことや流動性懸念の
 うわさも出て、ベアー株は11%の急落。アナリストが多額の評価損計上
 の見通しを示したゴールドマン・サックスリーマン・ブラザーズなども売られた。
 
 原油先物相場が最高値を更新したことで、原油高がもたらす
 個人消費や企業業績への悪影響も懸念された。
 

 
 
 


 高騰し続ける原油先物相場。

 いったいどこまで上がり続けるのか。
 
 悲しくなってきますね。
 
 毎日毎日 相場が悪くなっていっています。

 良い方向へむかってくれることを

 切に切に願ってますよ。
 
 
 さぁ明日の相場、上がります!!きっと。

 では。
 ☆月曜日お疲れ様です☆ 
  
 
 ひよこなひよこなみかんです。

 
 今日は朝から花粉症に悩まされ泣かされ魘され

 
 地獄のような時間をすごしておりました、ハイ。

 
 


 さて。

 今日のニュースといえば。

 日本株式が久々に異常に下げて終えたのは

 まぁさておき。
 
 
 世界一馬鹿な学校長

 この先進国であるニッポンから生まれましたねー。

 
 オメデトウ

 
 馬鹿者。
 
 生徒が可哀相です。
 
 
 


 さて、本題に戻りますが、

 米国株の続落が大きく影響して

 日本株が大きく下げてしまいましたね。

 
 7日の米株式相場は続落。
 ダウ工業株30種平均は前日比146ドル70セント安の
 1万1893ドル69セントと、1万2000ドルを割り込み、
 2006年10月11日以来の安値で終えた。
 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数
 同8.01ポイント安の2212.49と、06年9月11日以来の低水準
 を付けた。
 2月の米雇用統計が大きく下振れしたことを受け、売りが優勢
 となった。
 
 午前8時半に発表された雇用統計で、非農業部門の雇用者数
 が前月比6万3000人減と大幅な減少となった。
 市場予想(横ばい)に比べ著しく悪化し、前月分も2万
 2000人減に下方修正されたため、米景気後退懸念が改めて
 意識された。
 
 朝方には米連邦準備理事会(FRB)が、入札方式で資金を供給
 する融資制度(TAF)での資金供給額を拡大すると発表した。
 18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げ幅が大きく
 なるとの観測や緊急利下げの思惑などが相場を下支えし、午前中
 は上げに転じる場面もあった。
 
  ただ上値は重く、午後にかけては下げ幅を拡大。
 貯蓄金融機関(S&L)大手ワシントン・ミューチュアルが資本増強を模索
 していると報じられるなど、金融機関における住宅ローン関連の損失
 がさらに膨らんでいるとの思惑などが重しとなった。
 

 
 
 FOMC緊急利下げ?

 
 そんな事、いまさらやったって

 発表した直後に少し上げて

 その翌日にはまた102円台で推移ですよきっと。

 
 もうこの火は誰にも止める事などできないのですから。。。
 
 悲しいですね。

  
 WTI期近4月物が毎日毎日上昇する一方です。
 
 ついには106.54ドルまで到達。

 
 もう、この不景気歯止めがかからないのでしょうか。。
 
 とりあえず100ドル割り込むことは無いかと思われます。
 
 安心しているとイタイ目にあうので。

 このあたりで。
 

 明日も下げますよ。

 日経平均が11,000円台に突入するのも

 もはや時間のモンダイ。
 
  【明日への遺言】

 
 太平洋戦争末期、
 無差別爆撃を実行した米軍機の搭乗員を処刑した責任を問われ、
 B級戦犯として戦争裁判にかけられた岡田資(たすく)中将(藤田まこと)
 傍聴席から妻・温子(富司純子)や家族が見守る中、彼はひとり“法戦”に挑んだ。
 部下を守るため全責任を負った岡田中将の潔い姿は、
 次第に法廷内にいる全ての人の心を動かしていく。
 そして、判決が下る――。戦勝国アメリカとの法廷戦争に、
 最後まで誇り高く立ち向かった岡田資中将と家族の絆を描いた真実の物語。


明日への遺言


 
 


 
 感動しました。

 
 こういった気持ちを、真の感動と呼べるのではないか。

 ひしと思えた。
 
 
 失礼ながら、まったく観る予定ありませんでした。

 2人で1000円の日だったので

 しかもタイムリーな時間帯だったから

 観た、って感じです。
  
 
 とても良かったです。
 
 何が良いか。

 
 “日本らしさ”が 描かれていたから。
 
 
 ワンシーンごと、とても丁寧で。

 冒頭10分強、

 竹内豊氏の感情こもってわかりやすいナレーションによる

 戦争の歴史が

 当時の写真と共に浮かび上がる。
 
 
 もう、この時点で

 
 あー出た、戦争映画

 なんて感じてしまった。

 
 硬派かつシビアな映像が

 今ふたたび 観る者の心をえぐる。

 
 そして藤田まことさん演じる岡田資氏の

 生活シーンへ。

 
 前半はかなりハードな内容。

 裁判シーン。

 正直難しかったです。

 
 だいじょうぶかな―私

 そう何度も思いました。

 
 わからないようっって辛かったのですが、

 中盤くらいから 途中途中に

 温かみのあるシーンを混ぜて

 裁判シーンが進みました。

 ホッとするのも束の間。

 
 運命の時は おとずれるのです。


 


 もうほんっとうに

 藤田まことさんと富司純子さんの演義が素晴らしい。

 
 ハリウッド映画では絶対観られない様な(苦笑)

 細かな表情。

 言葉を発しなくとも

 その心はどう思っているのか、

 観ている私たちにも伝わってきました。

 
 さけて通れぬ「死」への思い

 新しき命を受け止める「生」

 そして明日への「勇気」


 
 戦争は、二度と起こしてはならない。

 起きてはならない。

  
 喜ぶ者など、誰1人として居ないのだから。

 何の罪無き人々が

 瞬く間に 命を奪われる。

 もしくは 後遺症に苦しみ

 悪い体験に心を痛める。

 
 絶対にあってはならない事だと

 いまあらためて強く強く感じた。
 
 
 現代のわたしたちに出来る事は

 地球をすくうこと、

 平和をまもること、

 人々と協力すること。

 
 



 丁寧に練られた脚本、

 カメラワーク。

 
 どれをとっても良かったです。

 
 特に感動したシーンは

 
 『ふるさと』の3番を若者たちが歌うシーン。

 
 1番目と2番目はお風呂のシーンで

 歌っていたからでしょうか。

 
 こだわりが出ていてとても良かったです。

 
 オススメしたい作品ですが、

 
 やたらと広めたくはない作品かもしれない。

 
 そっと、胸の内でとっておきたい1本。
 
     行きたい場所は無限大
 
 
 瞬間移動!!!

  
   ≪≪≪ジャンパー≫≫≫


 ジャンパー
 
  

  
 母が家を出て、
 父親と2人暮らしの少年デヴィッド(ヘイデン・クリスティンセン)は、
 ある日、自分が空間をジャンプするテレポート能力を持つ
 “ジャンパー”であることを知る。
 その能力を活かし、世界中を飛び回って気ままな生活を送っていたデヴィッドだったが、
 やがてジャンパー抹殺を使命とする組織バラディンにマークされるようになり、 
 また、彼と同じ能力を持つ青年と出会う。


 



 凄かった。

 
 何が凄かったか。

 
 全部(笑)
 
 
 とにかく 最初からアメリカからジャンプ。

 
 突然15歳の時に戻り、
 
 そこからまた現代の話へ。

 
 次から次へと世界中飛び回る。

 
 ジャンプジャンプジャンプ!!!

 
 個人的には ジェイミー・ベルの立場が好き。

 
 つるむのは嫌いなんでね

 
 あんな風にカッコ良くスラリと言える人なんて

 
 彼が一番似合っているのでは?という感じ。
 
 
 ヘイデン・クリスティンセンは今回も

 板ばさみにあいながら 

 それでもこの才能生かして

 毎日過ごす。
 
 快適ライフのためには

 銀行から金を盗む事なんて

 へとも思わない。

 
 スターウォーズでのアナキン・スカイウォーカーを彷彿させます。
 
 
 また、

 『ニュースの天才』をも思い出しました。

 
 やはり彼はこういった役が似合いますね。

 一癖ある。

 
 ジュード・ロウみたい。

 
  


 予告が非常に多く行っていましたね。

 
 確かに東京でのシーンもありました。

 渋谷駅前スクランブル交差点でのシーン

 特に印象的でした。

 
 あぁ、あの場面に出くわしたかったー。

 
 なにげにこの作品の監督は

 
 「Mr.&Mrs.スミス」「ボーン・アイデンティティ」強調文

 ダグ・リーマン氏なのですよね。

 
 でもどうなんでしょうね。

 ラストも疑問符が頭の中を駆け巡りました。
 
 サミュエル・L・ジャクソン氏

 めちゃくちゃ怖かった。

 
 別の意味で怖かったって感じ。

 
 白髪の黒人。。。

 
 目が・・・

 
 


 全体的にはすごく軽いタッチの映画。

 
 数時間前に観ていた『明日への遺言』が

 すごく丁寧かつ穏やかな作品でしたので

 
 ものっすごいギャップを感じてしまいました。
 
 
 エンターテイメント性高いです。

 
 DVDで家で爆音で観てもOKな作品かしら。
☆お疲れ様ですみかんです☆

 
 今日はかなり寒かったですね。

 
 みかんは失敗してしまいました。

 寒い格好で行ってしまったものだから

 まだまだ寒い日が続くのですねー。

 まったく自分できぃっって思ってしまいました。

 だから今日は

 モモンガのように 背中にえーっと、マット?

 何て言ったっけ、ド忘れしちゃった。

 とにかく毛布のようなものかけてました。

 色がブラウンだったので

 まさしくモモンガ。

 
 ブログのタイトル変えようかな。

 
 モモンガみかんのモモンガ日記
 
 


 
 さて、今日の相場はずいぶん上げましたね!

 
 おみごとです。

 
 米国株ではダウが5日ぶりに反発した、とのニュースが出ていました。

 5日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに
 反発。前日比41ドル19セント高の1万2254ドル99セントで
 取引を終えた。ナスダック総合株価指数は続伸し、12.53ポイント
 高の2272.81で引けた。市場予想を上回る景気指標を手がかりに、
 買いが優勢となった。
 
 午前10時にサプライマネジメント協会(ISM)が発表した2月の
 非製造業景況感指数で、総合指数である非製造業指数(NMI)
 は49.3と、前月から4.7ポイント上昇し、市場予想(46.5)を大きく
 上回った。米景気後退懸念がやや薄らぎ、発表後に株価は上げ幅
 を広げた。
 
 午後に金融保証会社(モノライン)大手のアムバック・フィナンシャル・グループ
 が、普通株発行などで15億ドル以上の公募増資をするとの計画を
 発表すると、株価は下げに転じる場面もあった。
 市場では銀行グループの資本注入による救済への期待が強まっていた
 ことまり、失望を誘ったとの見方があった。
 
 午後2時に米連邦準備理事会(FRB)が発表した米地区連銀経済報告
 (ベージュブック)
は、年初から2月下旬にかけて「米経済の成長が鈍化した」
 との判断を示したが、相場の反応は限られた。
 
 原油先物相場が再び過去最高値を更新したことから、
 エクソンモービルシェブロンが上昇。
 
 マイクロソフトによる買収の代替案について、タイムワーナーと協議を進めている、
 と伝わったヤフーが高い。
 設備投資計画を発表したAT&Tも買われた。
 

 


 
 原油先物相場、またまた続伸です。
 
 どこまで上がるのでしょうか、ついに104円台きました。
 
 このせいでドルの上昇が重いのでしょうか。

 それとも、米経済への先行き懸念がよくないのでしょうか。

 どのみちどうなる事やら…
 
 
 国内の動きでは 1605:国際石油開発帝石ホールディングス
 

 凄いですね!いつの間にやら124万円まで伸びていたとは。

 100万円台の時に買えばよかったかな。

 あ、資金がないかも。
 
 石油系株式が今後も注目できそうですね
 
 


 明日は週末前のラスト取引!
 
 どうなるでしょうね。

 上げて終わりそうです。
 
 
☆おつかれさまですみかんです☆ 

 本日のトップニュースといえば

 
 業界最大手

 野村證券、ネット取引障害 
 
 ですね。

 271万もの口座が 一時売買できず。

 
 システム障害とは酷いものです。

 いつ、どんな時に発生するのか
 
 絶対にわからないし、

 いつ直るのか、

 果たして本当に復旧したのかもわからないし。

 
 困ったものですね。

 新聞に目を通したところ

 苦情相次ぐ、との事で、

 
 そりゃー5時間も売買できなかったら

 苦情きますよね。

 大変そうです。
 
 
 これでは ネット証券会社へ

 顧客流出の影響が出てしまうのでは??
 
 
 どうなる事やら、特に悪材料は出ず

 
 平穏無事に引けたようですね。

 
 


 本日は市場が微妙に下がりました。

 明日は少し上げてきそうな予感はします。
 

 というか今日はいそがしいのでまた
 ☆お疲れ様ですみかんです☆ 
 

 今日は相場が上下しましたが

 結果的にプラス10銭とは。

 いかに

 “買い材料”が少ないか、

 ぜんっぜん値動きが無い1日だったか

 思い知らされた感じですね、ハイ。

 
 


 最近、現実逃避を夢見ているみかん

 
 イケナイイケナイ。
 
 夢の世界に 飛び立とうって

 毎日毎時間思えてしまう今日このごろ。

 春のせいでもあるのかしら。

 
 旅行したい映画観たい小説書きたい本読みたい
 
 ふぅ。

 
 いい加減現実世界と向き合わなければ。

 
 



 米国株、ダウ小幅に3日続落

 3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に
 3営業日続落。前週末比7ドル49セント安の
 1万2258ドル90セント、ハイテク株の比率が高い
 ナスダック総合株価指数は12.88ポイント安の
 2258.60で終えた。2月の米サプライマネジメント協会
 (ISM)製造業景況感指数
米建設支出が悪化した上、金融機関
 の業績や信用リスクへの懸念が根強く、売りが優勢だった。

 ダウ平均は2月11日以来、3週間ぶりの安値。
 ナスダック指数は2006年10月3日以来の安値だった。
 2月のISM指数は48.3%と、市場予想(48.0%)をやや
 上回ったものの、好不況の境目である50%を下回った。
 1月の建設支出は前月比1.7%減と予想(0.7%減)以上に悪化。
 米景気の後退局面(リセッション)入りが改めて意識され、相場の
 重しとなった。
 
 住宅ローンなどを手掛けるソーンバーグ・モーゲージが新たに
 追加担保差し入れ請求の多くに対応できていないと発表、
 信用リスクに関する市場の懸念を強めた。
 アナリストが証券会社の業績見通しを引き下げたほか、
 米銀大手のシティグループの利益見通しを引き下げる動きが続いた
 ことも、金融株を中心に売りの材料になった。
 ただ前週末に大きく下げた後とあって、下値では自律反発
 狙いの買いが入り、ダウ平均は取引終了にかけて下げ渋った。

 
 



 やはり今日も米国株の動きを地盤に

 動きましたね。

 米株式相場が微妙に動いているからこそ

 日本株にその動きの流れが出ているように思えます。

  
 同じように金融株中心に下げましたし。
 
 
 そうそう、8410:セブン銀行
 
 
 今日は絶好調でしたね。

 昨日失望売りに出た方、

 きっと残念に思っている事でしょう。

 
 もう少し上がり基調になりそうな予感はしますよ。
 
 同じ市場でも 違う銘柄はかなり下げていましたね。

 この違いはなぜでしょう。
 

 恐らく新規上場銘柄として

 人気あるいは注目されているのでしょうか。

 外国人投資家中心に。

 明日も注目できそうな予感。
 
 
 あ、ただ明日の日本株式相場は下げますよ。

 またドルが102円前半くらいで推移しますから。

 恐らく今年は
 
 110円まで戻らない、ことでしょうねー。

 うーむ。

 今が買い時です。
 
 
 ではまたー。
 ☆お疲れ様ですみかんです☆
 
 月曜日。

 まだ1週目の初日にもかかわらず、

 なぜまたこんなに長い1日だったのだろう。

 
 めちゃくちゃ下がりましたね。

 
 こういった日を

 
 大暴落日和というのでしょうか。

 
 マイナス610円ですよ?

 
 場が引けるラスト数秒前に

 なにも12,000円台戻さなくても

 いいじゃないですかーって。

 
 悲しくなりました。

 安値引けです。
 
 
 このようになった原因とは↓↓
 
 


 米国株、大幅続落

 2月29日の米株式市場でダウ工業株30種平均
 大幅続落。前日比315ドル79セント安の
 1万2266ドル39セントで終えた。
 ダウ平均の下げ幅は今年2番目。前月比末比では
 383ドル安で、4ヶ月連続の下落となった。
 ナスダック総合株価指数も大幅続落し、同60.09
 ポイント安の2271.48と、2006年10月3日
 以来の安値で引けた。
 保険大手の赤字決算や経済指標を嫌気し、売りが膨らんだ。
 
 前日夕に米保険最大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)
 が発表した決算は、信用力の低い個人向け住宅融資
 (サブプライムローン)関連の巨額損失計上で大幅赤字となった。
 これを嫌気し、金融株を中心に売りが優勢となり、相場の
 重しとなった。米景気の悪化やインフレ圧力の強まりを
 示す指標が相次いだことも市場心理を冷やした。
 
 早期に発表された1月の個人消費支出(PCE)で、物価指標となる
 PCEデフレーターの食品・エネルギーを除くコア指数の上昇率
 は前年同月比2.2%と、米連邦準備理事会(FRB)が適切な
 水準と見なす1-2%を3か月連続で上回った。
 市場では「FRBが過度の利下げで物価統制能力を失った
 事を示す」との指摘があった。
 
 金や原油の先物相場が連日で過去最高値を更新していることも
 インフレ懸念を誘った。
 
 
 
 


 悲しい出来事です。
 
 世界の下げ幅が日本株式へ流れ、

 はては アジア市場に流れ

 そして 全世界が急落する。

 
 明日は少し上げてきそうな予感はします。

 
 そろそろ下値が見えてきましたね。

 101円までは下がらない かと

 思われまーす。
 
 
 それ以上下がったら
 
 本当ヤバイかも。
 
 
 100円きったら

 海外旅行を予約しましょう。

 
 90円きったら

 世界を旅しましょう。

 
 ますます国内に資金の流入が滞り、

 海外へ流れてゆくー・。・

 


 
 いま、言えることは

 弱気にならない事。

 
 おそらく日本人の多くが

 ぐったりがっかりしているかと思われますが、

 
 そんな最悪な時こそ

 チャンスかもしれません。

 
 でもこればっかりは予想できないからなぁ。。

 マジ投機的売買が続いちゃいそう。

 でも、正直ここ数年で期待できそうな企業なんて

 探すの大変そう。
 
 
 がんばりましょう、きっと芽は生えてくるはず。
 
☆日曜日ですみかんです☆

 
 3月ですね。

 もうすぐ春の到来です。

 
 。花粉症の季節でもあります。

 悲惨ですー(涙)
 
 


 それにしても昨日は1日映画デー。

 とても混んでいました。
  
 
 最近映画が大人気ですね。

 
 今週末も期待できる映画がずらり。

 
 


 映画のおはなしはさておき。

 ドルがずいぶん下げてしまいましたねー。。

 
 103ドルか。買い時、といえるか。

 そうですね、買い時かも。

 
 銀行から出金してみなさまドルを買いましょう!

 
 今がチャンスです。

 105円以上になったら手放しましょう。

 
 


 うーむ。それにしても110円届かないなー。

 多分今年中に110円は無理かも。
 
 悲しいですね。

 
 


 明日から新しい月の新しい週が始まりますが、

 相場の様子は思わしくないようです。

 
 頑張りましょう!

 ではまた♪
 
 1585年、イングランド。

 プロテスタントの女王・エリザベス1世は、 
 
 カトリック派からの暗殺の危機にさらされていた。
 
 そんな折、彼女は航海士の

 ウォルター・ローリーにひかれるが、

 未婚の誓いを貫くため、侍女のベスを彼に近づける。

 
 ≪エリザベス:ゴールデン・エイジ≫
 
 エリザベス:ゴールデン・エイジ


 
 素晴らしかった。

 観やすかった。

 万人に鑑賞させても 馴染み易い作品だったのだと思う。

 
 現代版歴史映画、といえるのかもしれない。
 
 


 今年観た映画で

 『レンブラントの夜警』がある。

 
 だが この時は本当に難しいと感じてしまった。

 なにせ登場人物多い上に

 解説が少なく、上映時間長く、

 難しい、そう思えた。
 
 
 今作は 本当に“エリザベス1世”に

 スポット当てて カメラが追う。

 
 まるでタイムスリップしたかのように

 わたしたちは 彼女に迫る。

 
 


 ・・・

 えーっと。

 つらつらと文章並べてみましたが。

 
 えっとですね、5点満点であれば3.7点かな。

 
 ラスト近くのスペイン軍とのたたかい。

 
 あっという間に場面変わってしまったので驚きました。

 
 それと、

 エリザベス、というよりむしろ

 
 “ケイト・ブランシェット”を観ていた、

 
 そう感じて止まないのはなぜだったのだろう。

 あまりに彼女の演技力が素晴らしかったからか。

 
 ケイトの努力、
 
 
 1作品毎に、磨きがかかっているような。

 
個人的には『ヴェロニカ・ゲリン』がいちばん好き。

 
 そうか、あの作品来の

 アカデミー賞主演女優賞ノミネートですね。

 
 今回は助演女優賞部門にもノミネートされていました。

 さすがです。

 
 まさに 女王の貫禄。

 
 今回も ローリーの事が好きだけれど

 未婚を生涯とおす為に

 懸命に表に出さない様に

 苦しい思いを募らせる。

 細かい点まで 演じきっていましたね。

 
 その女王を受け入れながらも

 実際はベスを愛する。

 
 ローリー演じるクライヴ・オーウェンもまた

 凄腕の俳優さんです。

 
 思いましたが、彼は正義役よりも

 ちょい悪役の方が全然いいですね(笑)

 
 最近だと 『インサイド・マン』
 
 
 話ずれますが この映画は

 みかんが本当に好きな映画です。

 いろいろな人にオススメしたいほど。

 
 その中のオーウェンがまたクールな犯罪者役で。

 
 同じ歴史物作品として


 『キング・アーサー』があります。

 
 やっぱり味方より敵かしら。

 
 


 キャストにジェフェリー・ラッシュサマンサ・モートン

 
 ジェフェリーとは思えなかった!

 
 キャプテン・バルボッサとは違いますね、さすがです。

 
 


 
 いろんな意味で凄い映画。

 
 でももう一ひねり、脚本に色をつけても良かったかなぁ

 なんてわがまま言っちゃってます。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。