ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
 今日は30度近くの暑さでしたね(>▽<;;;)

 そして明日は 19度m(__)m

 この温度差、メチャクチャ注意が必要です。

 
 


 さて。

 前回 FXの魅力についておはなししました。


 まとめます。

 
   ①外貨預金よりも手数料が格安!

   ②ほぼ24時間取引でき、いつでも約定できる!

   ③少ない元手で始めて、大きな儲けも望める
 
   ④「売り」もできて、円高でも儲けられる

   ⑤高金利通貨を買えば、高い年利も!

   ⑥注文の方法が多彩で、「自動売買」がOK
  
 


 ここで。

 のおはなしを。

  金利の高い通貨を買って、

  金利の低い通貨を売ると、
  毎日「スワップ」が受け取れるのもFXの魅力です。

 
  
  ・・・

  スワップって????
 
  「金利差」のことです。

  
  低金利が続く日本では、

  FXで外貨を買えばたいていスワップがもらえます。

 
  特に、
  
  NZドルや豪ドル、英ポンド、南アフリカのランドなど、
  
  高金利の通貨を買えば、

  それだけ高いスワップもらえて魅力大!!!


  ただし、高金利通貨を売る場合は

  逆にスワップを支払うことになる。

 
  なお、スワップは取引金額に応じて

  もらえるところがポイント。

 
 



 現在FXがブームとなっています。

 誰でも超手軽に口座開設でき、

 いつでもどこでも売買できます。

 
 △為替の変動リスク△
  

  レバレッジのかけすぎには要注意!!

 
  ればっれっじ???

 
  証拠金に対する取引額の比率のことです。
 
  仮に10万円の証拠金に対し

  100万円のポジションを持つと
 
  レバレッジは10倍。

 
 


 以前から何度か記述しておりますが、、、

 FXは

 少ない資金で大きな金額を取引できるのが魅力です。

 
 けれども、だからといって

 いきなり何十倍ものレバレッジをかけるのは危険です。

 
 大きなレバレッジをかけると、大きく儲けることが出来る半面

 
 損も大きくなる可能性があります。


 最近は 100倍以上のレバレッジで取引OKな会社

 あるようですが、

 為替が数十銭動いただけで、損益が大きく動くので

 手を出さない方が無難でしょう。

 
  


 △取引業者の信用リスク△

  取引会社を選ぶことも非常に大切です。

  財務基盤の不安定な業者は要注意です。

 
  



 以上でした☆☆

 デハマタ(▽・x・▽)vv
スポンサーサイト
  お仕事お疲れ様ですみかんです


 日経平均下がってしまいましたねー…

 18,000円台に乗るまで

 いましばらくかかりそうです。


 

 
 見通しを考えるのは

 すごく難しいことです。

 
 今日は流行真っ只中の FXについて語ります。

 
 


 
 FX扱っていますか?
 
 最近よく耳にします。
 
 
 証券会社でも 扱っているところと扱っていないところがあります。
 
 
 証券会社の売買手数料のように、
 
 
 値段の差は多種多様です。
 
 
 注意しなければなりません。

 
 高い手数料を取るだけ取り、

 いざ連絡しようとしても 連絡が取れない…


 
 あの営業担当はいったいどこへ!?


 


 あとの祭り、とならぬよう、

 事前の知識は必要です。
 
 
 魅力はたくさんありますが、

 その中でも。

 

   ①外貨預金よりも手数料が格安!

   ②ほぼ24時間取引でき、いつでも約定できる!

   ③少ない元手で始めて、大きな儲けも望める!
  
   ④「売り」もできて、円高でも儲けられる!

   ⑤高金利通貨を買えば、高い年利も!

   ⑥注文の方法が多彩で、「自動売買」がOK!


 
 


 為替変動を利用して売却益を狙うなら、

 手数料が安いほうが断然有利!

 
    比較します。


 一般に米ドル預金では往復の為替手数料は2円、

 米ドルMMFでも往復1円の手数料がかかります。
 
 (とある証券会社で片道50銭ですよね♪)

 
 けれども。

 FXであれば! 
 外貨預金の10分の1~30分の1程度で取引OKです。
 

  


 通貨は世界中で取引されている為、

 土日を除いて 24時間動いています

 中でも 売り買いが活発になるのは

 ロンドンやニューヨークで為替取引が行われる
 
 日本時間の夕方~夜中にかけて。

 
 
 比較します。

 外貨預金や外貨MMFではその肝心な時間に取引できません。

 
 仕事から帰ってきて、

 PCを開けて見てみると。。。

 
 「円安になったから売りたいよぉぉぉぉ!!」

 
 と思っても、指をくわえて見ているしかありません。

 
 けれども!FXであれば心配無用。

 ほぼ24時間取引OKなので、

 好きな時間に取引できるし、不測の事態にも即対応できます
 



 
 為替は、株と違って値幅制限がありません。

 
 不測の事態(テロや天変地異などなど)が起こったときの変動!

 
 朝起きたら・・・
 
 
 証拠金が無い!!なんてことのないよう、
 
 株のネット証券よりも注文方法が豊富☆☆

 
 そもそも、

 「逆指値注文(執行タイミング注文)」

 為替のトレードが元祖(^^)v

 
 


 さまざまなリスクを考え、

 そして余裕資金でもって

 たのしく取引したいですね!

 
 みかんはいつできるのかしら(>_<)


 デハマタ(▽・x・▽)vv
 


  円安、円高って 実はよくわからない!!

 

 ・・・なんて、最近おもいません?(>▽<♪♪)(笑)

 みかんだけですか?^O^;

 
 最近 円安傾向だね!とか

 円高になっちゃったねー!とか。
 

 パッと、 咄嗟に答えが出ない!

 
 はい、そうですね!って、言えない!

 
 今日は 円安・円高について

 あらためて まとめたいと思います☆☆

 
 


 
 ○円高→→円の価値が高くなること

 
 ●円安→→円の価値が安くなること
 
 
  円の価値 って、なによ?
 
 
 まぎらわしいですよね。それではそれでは☆☆

 
 1番有名な 外貨の取引である

 
 円 と ドル を使って 説明します。


 



 たとえば。

 1ドル120円だとします。

 
 それが、1ドル100円になった場合、

 20円の円高となります。

 
 ・・・

 は??

 1ドル120円が 1ドル100円になったのだから、

 20円の“円安”でしょ????

 
 そう、お思いの方、いらっしゃると思います。


 残念ながら、この考えが間違いなのです。


 
 1ドル○○円という表現は、ドルを基準にした表現です。


 すなわち、アメリカの側(ドル)から見た場合、

 
 1ドル120円だったものが100円になるので、

 価値が下がる ということは おわかりですよね?


 アメリカ側(ドル)から見て、価値が下がる ということは、

 
 日本側(円)から見れば、価値が上がる ということに

 
 なりるのです。


 これが、1円○○ドルという表現の場合、

 
 ○○の値が上がれば円高になり、


 ○○の値が下がれば円安になるというわけです。


 



 別の表現をしてみます。


 たとえばたとえば。

 
 お菓子を1つ買うのに 100円必要だったものが、

 1円で買えるようになった場合、

 
 1円の価値は100倍になったことになります。

 
 ということは

 
 すなわち、円の価値が上がったことになります。

 
 これをドルと円に当てはめても同じことが言えるのです。

 
 円安の場合は、円高の反対に考えればよいだけです。


 



 再度 かくにんしましょう


 1ドル○○円という表現は、ドルを基準にした表現です。


 ドルを 基準にした表現です。 

 

 日本円ではなく、ドル。
 

 ということは???
 

 一例を出します。

 
 昨日は 1ドル 120円前後の値動き。

 
 今日は 1ドル 121円前後の値動き。

 
 
 ドルを基準に考えます!
 
 
 円安ドル安 円高ドル高

 
 こんな表現はしません!


 ドルが基準です。
 
 
 ドルが、高く、なっているのです。

 
 「今日はどう?」  「円安になっていますね!」

 
 
 



 逆に、
 
 昨日は 1ドル 120円前後の値動き。

 
 今日は 1ドル 119円前後の値動き。


 ドルが基準です。
 
 
 ドルが、安く、なっているのです。

 

 「今日はどう?」 「円高傾向ですね!」


 (▽・x・▽)///
 デハマタ!
今、FXが熱い!!


 、、、
とまぁ、突然このような話題を引っ張り出してみました。

正直、株の取引よりもFXの方がおもしろいと思うんですよねー最近(^O^;;

ちょっと前、為替が1ドル108円でした。



。。。

どれほど買いたいと

思ったことか!!!


  (。。。>△<。。。)



手数料も比較的安いし、取引時間にも余裕があるし


、、、
あれこれ述べる前に、ここでFXの魅力について書きます





 ①外貨預金よりも手数料が格安!

 為替変動を利用して売却益を狙うなら、手数料が安い方が断然有利です。
 外貨投資では、手数料分くらい為替が動かないと利益が出ないから、手数料が安ければ安いほどその分儲けるチャンスが広がる、というわけです

 外貨に投資できる商品の中で、FXの手数料はかなり安い
 外貨預金の10分の1~30分の1の程度で取引が可能です。

 
 
 ②ほぼ24時間取引可能!いつでも約定OK!!

 通過は世界中で取引されているため、土日を除いて24時間動いています。

 中でも売り買いが活発になるのはロンドンやニューヨークで為替取引が行われる(日本時間で)夕方から夜中にかけて


 
 ところが、外貨預金や外貨MMFではその肝心な時間に取引ができません

 夜、自宅のテレビで円安になっていることを知り、いくら売りたい!!!と思ったところで売ることは不可能


 がしかし、FXならほぼ24時間取引ができるので、好きな時間に取引できるし、不足の事態にも即対応可能なのです☆☆



 ③少ない元手で初めて、大きな儲けも望める!

 FXでは1万通貨から取引できる会社が多いが、実際には、取引金額の数パーセントを預ければ取引OK、という、世に言われる証拠金取引の仕組みを採用しています

 最低何パーセントを預けるか(証拠金率)は取引する会社や通貨によって異なるのです。

 このように、FXでは「レバレッジ(てこ)」を効かせて、自分が預けたお金の何倍もの取引ができるので、効率的にお金を働かせることが可能。


 
 ④「売り」もできて、円高でも儲けられる!

 FXの場合、「外貨売り(円買い)」からでも取引可能であるから、外貨安(円高)方向に向かう時期でも取引をスタート可能。


 相場が円高・円安のどちらに向かう局面でも利益を出すことができるので、儲けるチャンスも2倍になるというわけです。

 ただ、「外貨売り」から入ると、スワップを毎日払わなくてはいけない点があるので注意が必要です。


 
 ⑤高金利通貨を買えば、高い年利も可能!

 金利の高い通貨を買って、金利の低い通貨を売ると、毎日「スワップ(金利差)」が受け取れる、ということもFXの魅力

 
 低金利がつづく日本では、FXで外貨を買えばたいていスワップがもらえます。

 特に、ニュージーランドドルやオーストラリアドル、イギリスポンド、南アフリカのランドなど、高金利の通貨を買えば、それだけ高いスワップがもらえて魅力大!!


 ただし、高金利通貨を売る場合は、逆にスワップを支払うことになります。なお、このスワップは取引金額に応じてもらえるところがポイント☆☆☆


 
 ⑥注文方法が多彩で、「自動売買」可能!

 でも申し上げましたが、為替は寝ている間もずっと動いています。

 為替は株と違って値幅制限がないので、不測の事態(テロや天変地異など)が起こった時の変動がこれまたスゴイ!!

 すでにお分かりの通り、朝起きたら証拠金がない!!なんてことにならぬよう、株より注文方法が多彩なネットトレードをうまく活用し、少しでも利益を確定できることも魅力の1つでしょう





 長くなってしまいました。

 個人的に羨望の的としているFX取引の魅力について恨みながら説明してみました(笑)


 えっ?なぜ恨んでいるかって??

 
 みかんがトレードしたら法律にひっかかっちゃうからですよっ
 (ーー)




おしまい
こんにちは(^∇^)v



2006年第一発目のお勉強は。。。




「外国為替取引の分類」⇒「直物為替取引」&「先物為替取引」⇒



この、にあてはまる部分について、お勉強していきたいとおもっております(^O^)v







ではさっそく。。。


『先物為替取引』には、アウトライト取引とスワップ取引の2種類があります☆☆




各々説明していきます(^~^)v



【アウトライト取引~outright transactions】とは、
先物の売りまたは買いのみを行う取引です。




例をあげます

ある企業Aが、
ドルをアウトライト取引“買う”と、

ドルが下落した時⇒企業Aは損失をこうむる可能性があります(>_<)





そのような一方で、
【スワップ取引~swap transactions】とは、
おなじ金額で、売買が逆方向の「直物取引」と
「先物取引」を組み合わせておこなう取引のことです

(^-^)丿



つまり、
直物の売り(または買い)とおなじ金額の先物の買い(または売り)を同時におこなう取引のことをいうのです
(^○^)丿




このスワップ取引では、
同じ金額の反対再度の売買が同時におこなわれるので、

為替ポジションを買えることなしに、
つまり新しい為替のリスクを負うことなしに、
2つの通貨間の資金過不足を調整することができるのです
!!






~まとめ~


    ・アウトライト取引・
 先物の  買い    or 売り





    ・スワップ取引・
 直物の買い    &     先物の売り

        
          or

  直物の売り    &     先物の買い








ベンリです♪♪\\(^○^)//




ではここで、
リアルな例をあげてご説明いたしますね(^^)v




<決済日:6月10日、レート:120円、ドル金額:200万ドル、円金額:1億5000万円>



ある企業Fが、
たまたま円ですぐに使用するめどのない、
余裕資金《1億5000万円》を持っているとします



そのいっぽうで、
このF社
アジアの子会社の運転資金として
ドル資金を《2000万ドル》必要としています。



要約すると、
F社は、
円が余って、一方でドルが足りないという、
『円資金余剰&ドル資金不足』
の資金ポジションとなっているのです。




そこでF社は、
余剰資金1億5000万円を
スワップ取引にてドルに換えます!





具体的に⇒F社の取引銀行であるG銀行という
直物での『ドル買い・円売り』をおこなう。



《詳細:ドルはほしい&円はたくさん余っている、という構図から》





その上!!

この直物取引と同時に、
3ヶ月後先物取引にて『ドル売り・円買い』をおこなう。





こ~れがスワップ取引なのですぅ
!!!\(^○^)/









・・・・・・・・・・・・・
つづきがありますっ!(笑)


この結果、F社はまずドル資金200万ドルが6月10日に手に入りますので、
これをアジアの子会社の運転資金に充てます。



そしてスワップ取引の満期である(3ヵ月後の)9月10日には
この子会社から返済される200万ドルにて、先物取引の決済を行い、
1億4900万円を受け取るのです!
           ↑↑↑↑↑


<決済日:9月10日、レート119円、ドル金額:200万ドル、円金額1億4900万円>


まぁ、この間、為替相場がどう動こうと
9月10日の先物為替の相場は一定に定めてありますので、
受け取る円の金額が変動することはありません。




逆に、
スワップ取引ではなく直物取引でおこなってもOKなのですが、
ドルが下落した時などは
大変な損失を被ってしまうおそれがあるのです
(;_;)






いかに【スワップ取引】
上記のようにベンリなものか、
これですこし、ご理解いただけたのではないかな?と、
ひよこなみかんなりにおもってます






おつかれ様でした!

次回もがんばりましょ~~~!!



Good Luck!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。