ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  【愛を読むひと】

 
 1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)と恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、法学専攻の大学生になったマイケル(デヴィッド・クロス)は、無期懲役の判決を受けるハンナと法廷で再会する。

愛を読むひと


 ご存知、

 当作品のヒロイン、ケイト・ウィンスレット氏は

 
 昨年度のアカデミー賞主演女優賞

 この映画にて受賞されました。
 

 個人的に思ったことは。

 作品自体は美しく、儚く、切ない。

 だけど芯が太いので それほど涙は出ないし。

 ラストは

「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」

 髣髴させた。

 
 同じ、同賞の主演女優賞にノミネートされた

 「チェンジリング」アンジェリーナ・ジョリー氏が

 何故受賞されなかったのか。

 
 それは恐らく

 “脱いだモン勝ち”的なものか(爆)

 
 脱ぎまくってたもんなぁ。

 この物語の前半部分は

 笑いが出てしまうほど

 面白く脱いでいて。

 
 マイケルが学校終わってソッコーでハンナの家に行って

 まぁ、諸所あるのですが。

 
 その点が

 「マッチポイント」そっくりだった(笑)

 
 主人公が会議遅らせて

 セックスする為にソッコーで女性宅へ行く。


 
 あぁ男の人って、みたいな思いはした。

 


 突然の別れがあり、

 そして突然の再会があり。

 マイケルはハンナを救えなかった。

 だからこそ、彼女の朗読者となった。

 そして。

 


 戦争と平和

 
 なぜ戦争は続くのか。

 本当にしんどい。辛い。

 裁判のケイトは

 それはそれは見応えがあった

 前半部分の裸体姿も綺麗だったけど、

 凛々しい女性となった。

愛を読むひと-2


 この映画で一番気に入った点は

 出演者全員の表情。

 柔らかくて、でも芯は強くて

 その表情を目で追っていて

 あぁ、綺麗だなぁ、と。

 
 音楽も綺麗でした。

 セリフも良かったし。

 
 レイフ・ファインズがほんっっとうに

 これでもか!というほど

 ピタリと合ってましたね。

 どこか悲しい、どこか切ない男性。

 案の定離婚されてますし。

 ちなみにこの男性

 「ハリー・ポッター」シリーズでお馴染みの

 “口に出してはいけない人”の役の人ですよ。

 
 娘役の人がちょっと、と思えたような。

 
 上映時間もちょうど良かったなぁ。

 若きマイケルの人の演技もとても良かった。

 
 


 はぁ。

 映画ってほんっとうに良いですね。

 そうそう、裁判官の男性が

 淀川長治さんにソックリだったんですよ!

 
 これにて アカデミー賞ノミネート&授賞された5作品

 全て観終わりました。

 
 この映画、もっと早くに上映してもらいたかったですね!


 評価⇒★★★★★★★★☆☆
スポンサーサイト
 【グラン・トリノ】


 妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァン)と知り合う。やがて二人の間に芽生えた友情は、それぞれの人生を大きく変えていく。



グラン・トリノ

 
 男と女、

 戦争と平和、

 白と黒、

 若と老、


 
 クリント・イーストウッド監督は

 たった1時間57分の映画にて

 人間関係の全てを描いていた。

 
 関係性が本当に凄い。

 さすがだなぁと思えた。

 
 70代となっても

 ここまでリッパに描けるとは。

 もうすぐで80歳となるイーストウッド。

 
 さすがです。
 
 


 本当は観るつもりでなかった作品です。実は。

 
 「デュプリシティ~スパイはスパイに嘘をつく~」

 あまりに遅い時間帯に始まるので

 今作を選びました。

 
 セリフもまた

 そんなこだわりがあって。

 めちゃくちゃガンコなお爺さん。

 朝鮮戦争で

 沢山の死を見てきた主人公。

 そうして迎えた妻の死。

 妻からの遺言

 「教会で祈ってもらいたい」

 大切な妻から残されたメッセージでさえ

 受け容れる事をしない超ガンコ者だけど、

 でも隣人のタオの一家とは心を通い合わす事となる。

 
 


 無名な俳優さんたちを使って

 ここまで作り上げた映画は

 現代の映画では絶対に観られなかった。

 スーやタオとか、

 本当に「現実にいそうな真面目な子」だったし。

 スーの体型にあんぐりと口を開けてしまったけれど、

 ラストまでしっかりとした心を持っていたし、

 ウォルトのガンコさを溶かしていたから、

 あぁ、なかなかと思えた。

 


 不良たち全員を縄にかけるために

 ウォルトが出た行動…

 全く想像が出来なかった。

 あぁ、そうくるかと。

 現代の若者たちに

 鞭をうっているかのような映画。

 イーストウッドの映画は

 優しい涙が出ますね。

 感動!よりもじーんとくる。

 前作の「ミリオンダラー・ベイビー」もそうだったし。

 生があれば死もある。

 その対比を、丁寧に丁寧に描いていた。

 


 教会も取り入れて、生死を組み込みながら

 現代人が切っても切り離せない差別・人権・いじめ問題を

 うまく混ぜ合わせている。

 いっさいCGを使わず、全て“人力”で

 演じていた!!!

  
 さすがです。師匠。

 
 でも、展開が昼ドラみたいだった。

 H系という意味じゃないですからね。

 突然車が出たり、突然場面が展開したり。

 静かな映画にも関わらず

 展開のシーンが丁寧じゃなかったような気がする。

 とても良い映画だが、もう一度観ようとは思えないだろう。 
 

グラン・トリノ



 評価⇒★★★★★★★★☆☆
 ≪ベッドタイム・ストーリー≫

 スキーター(アダム・サンドラー)はパッとしない中年の独身男。甥(おい)と姪(めい)にせがまれて、ベッドタイム・ストーリーを話してあげると、彼らはスキーターの作り話の続きを勝手に創り上げてしまった。翌日、彼らが語った一場面が、何とスキーターの目の前で現実となり……。

ベッドタイム・ストーリー


 いやー、笑った笑った!!!

 涙出るほど笑ったわ。

 こんなにコメディ風とは思わなかったー。

 感動編かと思われた。

 


 Walt Disney Pictures最新作ですが、

 出だしの雰囲気は

 「スターダスト」に似ていて、

 絵本風のところは

 「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」

 
 「パコと魔法の絵本」

 に似ている。

 感動したし、おもしろかった。

 
 アダム・サンドラーがめっちゃオモシロイんだな。

 ラストの舌ベロ出しながらしゃべるシーンなんか

 笑い止まらなかった。

 モルモットバグジーが凄く可愛かった。

 ホテル外でマシュマロ焼いてるシーンがあるけど、

 サンドラーの後ろのゲージで動いているモルモットに

 ずっと注視していたのですが、

 動きが本物のモルモットそっくりだった。

 こう見えてもモルモット飼っていたので。

 よく研究しているなぁ、と思えてみたり。

 


 子どもを安らかに眠らせるために語り聞かせる
 “ベッドタイム・ストーリー”が、
 現実の世界で実際に起きてしまうという、


 何とも面白い発想だ。

 それにしても、

 ガイ・ピアース、めっちゃくちゃ久しぶりだったな。

 年とりましたねー。

 「トゥー・ブラザーズ」という、

 すんごいズッコケ映画に出てましたが、

 あの時はすごくかっこ良くて好きだったけど、

 今作はちょっと(爆)

 ケリー・ラッセル、綺麗だったけど、

 何となく、育児に疲れきったお母様状態だった(爆)

 髪型がいけなかったのかね。

 


 何はともあれ、面白かった。
 
 でも、あくまでファミリー向けホームドラマだな。

 映画としての質はあまり良くないかも。

 ベッドタイム・ストーリー


 評価⇒★★★★★★☆☆☆☆
 ≪リリィ、はちみつ色の秘密≫

 1964年、サウスカロライナ州で、母の死の記憶にとらわれ、心に深い悲しみを背負った14歳の少女リリィ(ダコタ・ファニング)は、愛への飢餓感を抱える日々を過ごしていた。そんなある日、リリィはカリビアン・ピンクの家に住むボートライト3姉妹(クイーン・ラティファ、アリシア・キーズ、ソフィー・オコネドー)と出会い、長女が経営する養蜂場の仕事を手伝いながら、3姉妹と共同生活を始める。

リリィ、はちみつ色の秘密


 これはこれは…。

 凄いものを観てしまった、と、心から感じた。

 ワンシーン毎、ドン引き…じゃなくて、

 驚きが全身を走った。

 まず、映画料金の9割は

 恐らくダコタの変化っぷりに支払っているようなものだ。

 「アイ・アム・サム」や「宇宙戦争」の時の

 カワイイダコタ嬢とは全く違う。

 そうだな、

 「レオン」のマチルダを演じた

 ナタリーに似ていた。

 ツンとした態度の裏には

 母親を銃殺してしまった暗い過去を背負っている。

 その微妙な演技どころはさすがダコタ嬢。

 14歳になったのね!

 しばらく観ない内に大きくなったなー。

 母親の気持ちが良く分かった映画でした(笑)

 


 共演のジェニファー・ハドソンアリシア・キーズ

 とてもとても良かった。

 オバマ大統領だからこそな映画?

 そんな皮肉が飛び交いそうだが、

 いやはや、今の時代だからこそ

 生まれた作品か。

 
 そもそも白人と黒人がこんなにも近づき合っている。

 少し前の映画では絶対に絶対に有り得ない内容だ。

 ましてキスシーンなんかもってのほかだったはず。

 
 ほんっとうに、覆されたなぁ、って
 
 良い意味で考えさせられた。

 


 リリィの超モンダイある父親に

 「ダ・ヴィンチ・コード」ポール・ベタニー

 さすがでした。

 こーゆー役がピタリと似合う人は

 彼くらいしかいないよ(爆)ホント

 一目観たとき、すぐにわかった。

  (あ、ポールだ)
 
 
 「ウィンブルドン」での彼はマチガイです(笑)

 
リリィ、はちみつ色の秘密


 「はちみつ色の秘密」なんて

 超キュートなタイトルついちゃってますが、

 内容はシビアかつハードかつノスタルジックかつエキセントリック

 幅広い世代の方に観てもらいたい1本です。

 評価されるべき映画、の前に、

 その目で確かめて、と。

 われわれ黄色人種とは関係ない話でないのだから。

 
 そーれにしっても
 

 ダコタ嬢、ほんっとうに大きくなりましたね!

 元気な、超大人っぽくなった彼女を観れただけで、

 私は大満足なり。

 素敵だったなぁ。

 部屋ではちみつが詰まったビンを投げるシーンがあるのですが

 心痛かった。

 通じた。

 オーガストに真実を告白するシーンは感動もの。

 良かったー。

 ダコタ嬢ファンの方絶対必見映画。

 
 評価⇒★★★★★★★★★☆
   ≪オーストラリア≫

第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた 英国貴族レディ・サラ・アシュレイニコール・キッドマン)。サラは死んだ夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続し、土地を守るために粗暴な現地のカウボーイ、ドローヴァーヒュー・ジャックマン)と手を組み、遠く離れたダーウィンまで牛を引き連れて行かなければならなかった。反目しあう二人だったが、長旅やアボリジニの孤児の少年との出会いを通し、徐々に惹(ひ)かれあっていく。


AUSTRALIA


 壮大な叙事詩。

 広大な土地が生む大河ドラマ。

 1組の恋人を描く、美しい物語。

 
  

      なんて。

 大不景気、どん底の不況という嵐が荒れ狂うこのご時世で、

 莫大な費用と年月をつかった映画がヒットするのか。

 悔しくも、米国内での興行収入は

 涙出る結果となってしまった。

 さて日本ではどうだろうか。

 豪国を支配下にしようと目論んだ、当時の日本軍。

 国旗ひるがえす巨悪なジェット機が、

 恐ろしい色に、堅物に映る。

 ニッポンの教科書で、

 学校であまり教えない、この戦争。

 オーストラリアでは、決して忘れる事の出来ぬ悲劇

 だっただろう。

 後半部分で物語っている。

 それは日本に対する、静かな警鐘

 
 


 ヒュー・ジャックマン×ニコール・キッドマンという、

 
 ハリウッド界が鼻を天狗にして誇る、美男&美女。

 
 もはやあらすじなど不要。

 2人のシーンは めっちゃ綺麗だった。

 当たり前だけど

 あまりにステレオタイプだったから、ひきまくり。

 んー、そういう意味でも米でヒットしなかったのか?(爆)

 演技の中の演技って感じで。

 俺ら一般市民って一体。

 同じ人間で、何故こんなに違うの?って。

 
 でもニコール氏、前半でコメディ風お嬢様だったけど、

 後半でドローヴァー想う貴婦人で。

 ナラとの出会いで変化してゆく。

 彼女の目力、凄い。

 目で演技してる。

 姿勢良いし。だから画面にも生えている。

 


 ヒュー・ジャックマン

 こういうカウボーイ役似合いますねー!!!

 かっこ良すぎ。

 X-MENなんかより全然。

 セクシーでしたね。

 


 あー!今思い出したわ。

 超ワルモノ、フィンチャーの人!
 
 デヴィッド・ウェンハムだ。

 「ヴァン・ヘルシング」でヒューと共演している。

 悪役もまた良いですね。

 


 ある意味で勧善懲悪映画か。

 ラスト、正直ズッコケタ。

 それまで超リアルだったのに。。。

 なにもそこまで。。。

 
 ん?な冒頭から、ん?なラスト。

 この内容ではアカデミー賞ノミネートは厳しいだろう。

 これを踏まえて、「スラムドッグ$ミリオネア」

 いかに凄いのか、今から4/18が気になる。

 
 唯一、ニコール氏のブリティッシュ・イングリッシュが滑らかで、

 良かった。

 
 評価⇒⇒★★★★★☆☆☆☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。