ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
≪≪トランスポーター3 アンリミテッド≫≫
 
トランスポーター3


 運び屋のフランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)は依頼主のジョンソン(ロバート・ネッパー)に車から20メートル離れると爆破する装置の付いたブレスレットをはめられ、謎の美女、ヴァレンティーナ(ナターシャ・ルドコワ)とともにドイツを目指す。しかし、この依頼には有毒廃棄物を扱う国際廃棄物管理会社の陰謀が隠されており……。


 1時間43分、

 ほんの一瞬でも、スクリーンから目が離せなかった!!
 
 本当に本当に凄かった。

 ハイパーノンストップ・アクションの傑作!


 といっても決して過言でない程。

 現に興行収入も絶好調のようで、

 ジェイソン出演作でもトップのよう

 ちなみに彼の年齢は37です。

 若いですねー。

 魅力溢れる肉体、シャープな顔つき、

 超セクシー。

 女性でなくてもクールと思えてしまうのも当然か。

 


 ストーリーが始まる前に①②のダイジェストがあるので

 それもまた復習になります。

 20世紀少年といい、

 最近この手が多いのかな。

 それにしてもリュック・ベッソン作品

 最近やりますね。

 以前はハチャメチャな内容ばかりだったし。

 今回は起承転結がしっかりとあったし、

 おまけに前作になかったフランクの優しさが

 描かれていたところがまた良かった!

 武骨な主人公ではなかった、というところが

 ラストもとても印象的。

 それにしても赤毛の女性が

 すんごいそばかす顔。。。

 そこがまた可愛いのかも?
 
 
トランスポーター3


 本当にスカっとする!!
 
 ストレスはみんな吹っ飛びます!!

 
 評価⇒⇒★★★★★★★★☆☆
スポンサーサイト
     ≪≪G.I.ジョー≫≫
 

 G.I.ジョー


 世界征服を企む悪の組織“コブラ”が、各地で活動を活発化させる1990年代。あらゆるものを破壊する威力を持つ最強兵器ナノマイトがコブラ一味の手に渡ってしまう。パリのエッフェル塔が破壊されるなど、コブラの脅威が世界各地を襲う中、アメリカ政府は世界各地の精鋭を集めた史上最強の国際機密部隊“G.I.ジョー”に願いを託す。

 
 完全に度肝抜かれた!!!

 
 どの映画の感想から書けば良いか、

 色々悩んだ末に 

 最近観た映画の中で一番印象に残っているので

 この映画を選択しました。

 


 お金かけてるなーと感じた。

 というか、中盤からもう開いた口が塞がらない!!

 
 前半部分は あーCGだなーと。

 「スタートレック」のような感じ。

 アクション映画で超ありがちな

 作戦シーン。

 恋愛が上手に交差していた部分が良かった。特に。

 
 そして うまく過去と現在を行き来していて。

 予備知識ゼロでも全然楽しめます。

 むしろ予備知識が無い方が良いかも。

 
  でも。

 本当に良かったのに。

 良かったのに、何と言う事か、

 超驚愕の後半部分が待ち受けているので

 ここでドン引き

 


 「印象的なラスト」
 
 確かにこの言葉、ピタリとあてはまっています。

 いろいろな記事に書いてありました。

 とりあえず最初から寝ないで頑張って観ていれば

 ラストまでフルスピードで楽しめる事マチガイなし。

 幅広い年齢層でウケそうな内容だし。

 


 何せシエナ・ミラー氏が綺麗。

 
 綺麗すぎ。セクシー。巨乳。

 
 クールですよ。

 同じ女性でも魅力的ー。

 
 そして そして。

 「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」にて

 
 目を背けたくなるようなビョン様の姿、その内容に

 がっかりされたファンの奥様たち必見な

 ビョン様のハリウッド・デビュー作であるこの映画。
 
 
 彼も頑張っていました。彼の役って

 少女漫画で出てきそうですよね(笑)

 かっこ良かった。

 ついに進出してしまいましたねーっ。

 殺陣のシーンは必見
 
G.I.ジョー


 主人公のチャニング・テイタム氏もとても良かったです。

 期待の新人、との事。

 この映画にピタリとあてはまっていました!

 清純なその性格、これからの映画に出てきそう。

 
 陸・海・空と

 ふんだんに場所を利用しながら

 CGとの混合を生み出した。


 本当に驚いた。

 エッフェル塔崩壊シーンは もう凄いとしか言えない。

 CGである事が当然中の当然なので 

 であるならば 崩壊シーンを短く、

 一気に横倒しシーンへ。

 リアルに描いていた。

 本当に驚いた

 というか、

   アメリカよ、フランスに何か恨みが…?(爆)

 


 とても良かったのに。

 また…なパターンとなってしまった(泣)

 
 大丈夫、頑張って観続けます。本当のラストまで。

 
 デニス・クエイド氏、頑張ってました。

 
 評価⇒★★★★★★★☆☆☆

≪ウィッチマウンテン 地図から消された山≫

 ウィッチマウンテン

 
 タクシードライバー、ジャック・ブルーノ(ドウェイン・ジョンソン)の車に少年セス(アレクサンダー・ルドウィグ)と少女(アンナソフィア・ロブ)が乗り込んでくる。彼はどこか微妙にズレた言動の二人をいぶかるが、いつものように車を発進させる。ところが、突然どこからか数台の武装したSUV車が現れ、彼らの後を追跡し始め……。


 暑くなり始めてきた

 7月。

 久々に、レイトショーを観よう!と決めて観てきました。

 
 何と、これがまた

 良い意味で裏切られました!!!
 
 凄く面白かったんですよ。

 
 ほら、私って。

 頭悪いので(爆)ストレートな内容でないと

 すぐ理解出来ないので。

 とても気軽に観れました。

 
 


 未だに良く分からないのが

 PG-12指定なのです、この作品。

 どこが??と思いましたけど、

 セリフとかかなぁ。

 意外でした。

 


 「テラビシアにかける橋」アナソフィア・ロブちゃんが

 あー大人になったなぁ、と感心しながら観ていました。

 とても綺麗な金髪をなびかせながら

 奮闘しているシーンが

 大人に見える半面、子供に映り、

 かなり大物女優になるだろうなぁ、と感じる。

 
 キーラ・ナイトレイ氏に似ています。本当に。

 兄のセスのアレクサンダー・ルドウィグ氏も

 良い味出していましたね。

 


 ジャック・ブルーノ役にザ・ロックのドウェイン・ジョンソン

 「ゲット・スマート」以来ですが、

 やっぱりカッコイイですね。クールです。彼は。

 刑務所に入っていて今は不良のタクシードライバー。

 ピッタリです。


ウィッチマウンテン

 
 家族みんなで楽しみたい作品ですが、

 指定入っているので。

 ラストは普通に感動します。

 
 そしてエンドロールに描かれる

 「その後のおはなし」

 何とも想像通りな内容なのですが、

 それでもあたたかく、ハートフルなジ・エンド

 待っていました。

 
 何ともスピーディに話が進むので

 もう1回、落ち着いたところで観たいと感じました。

 悪くはなかったですよ。

 何だか、こういうアトラクションが遊園地とかに

 あればいいなーって思いながら観ていました。

 昔に戻ったような感触もあって、何故か懐かしく

 思えました。

 電車のシーンは有り得なかったが。

 凄く意外にも、ご年配の夫婦の方が

 多く観賞されていました。 


 評価⇒★★★★★★★☆☆☆

 
 ≪スタートレック≫
 

スタートレック


 ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)が宇宙艦隊に入隊して3年。USSエンタープライズに乗ることに成功したカークだったが、船内のトラブルメーカーになってしまう。それが気に入らないスポック(ザカリー・クイント)は、カークを船から追い出そうとするが……。


 まさしく

 この映画は

 私にとって

 「新感覚映画」 
 
 直感で観たいな、と思った映画。

 ほら、SFや宇宙モノって

 難しいし、専門用語が多いし


 ワケわからない人種が出てきて余計ワケわからなくなるし、

 ほんとは観たくはないな、という部類だったけど、


 あまりに 新聞や広告、テレビ、CMで

 「満足度100%!!!」って

 書いてあるから、

 ホントだな?絶対だな??

 って疑ってかかって観た映画(笑)

 
 
  ウソじゃないよ?
 
 ほんっとうに 満足度100%だったんですよー!!

 この私が言うのだから、大丈夫。

 こんな理解度薄い私が観ても
 
 わかりやすかったし、難しくなかったし、

 感動して、笑って、怒って。

 全体的なバランスといい、音楽が入るタイミングといい
  
 俳優さんたちの力強い演技といい、

 シーンが変わる展開といい。

 外見だと激しい作品だけど、

 実に滑らか。

 (次はどうなるの??) 
 と魅入ってしまった!




 それでも 昔のドラマとか映画とか

 観て、この映画を観た方が

 面白さは増すのかなと思いました。

 でも全然面白いし。

 主役の俳優さんは

 この映画では微妙な顔なんだけど(笑)

 実際かっこいい人なんですよね。

 お若い。

 しかもカリフォルニア大学卒とは!

 才能ある方ですね。

 
 おまけに

 敵にエリック・バナが出演されていた!!!

 エンドロール観てて

  えー!!!って思わず声を出してしまった。

 あのスキンヘッドが?

 ウッソォ。

 驚きました。

 かなり。

 エリックとは思えなかった―。

 良い味出していました。

 


 2時間近く。

 最初から最後まで楽しめました。

 恋愛、友情。

 いろいろな面でよい感じで。楽しめたなぁ。

 満足っ!
 
 満足度、完成度高いですよ。
 
 

スタートレック


 評価⇒★★★★★★★★☆☆
 “審判の日”から10年後の2018年。

 人類軍の指導者となり、

 機械軍と戦うことを幼いころから運命づけられてきた

 ジョン・コナー(クリスチャン・ベイル)

 今や30代となった彼は、

 人類滅亡をもくろむスカイネットの猛攻が開始されようとする中、

 ついに人類軍のリーダーとして立ち上がることになる。



 
    【ターミネーター4】


 ターミネーター4


 ニッポンの、東京は新宿。

 
 6月6日某時間、

 監督、他キャスト3名での舞台挨拶が行われた。

 
 「チャーリーズ・エンジェル」
 

 「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」での

 作品を監督したマック・G。

 
 日本文化に心から影響を受けられていらっしゃるせいか

 終始興奮気味で話し続けていた。

 笑顔が絶えない監督。

 俳優さんたちも、スクリーンよりとても綺麗で

 クールでした。

 
 主役に会えなかったのは非常に残念。
 
 


 ターミネーター、といえば

 「シュワちゃん!!」って

 万人が自動的に口そろえて言うだろう。

 それほど世に侵透している。

 だけど、今作では

 新たなヒーロー、ジョン・コナー

 「バットマン」シリーズ

 クリスチャン・ベールが演じきった。

 家族を大事にする、

 力強く、スタイリッシュでクールな主人公に

 ピタリとあてはまっていた。

 ターミネーターたちとの戦いっぷりも

 さすが。肉体派。

 華麗でした。


 そのジョンを支える奥様のケイトに

 
 もはや「ロン・ハワード監督の娘」
 
 という七光りは通用しない程の実力派、
 
 ブライス・ダラス・ハワード

 
 処女作「ヴィレッジ」から

 良い映画ばかり出演されているけれど、

 まだ若く、綺麗な女優さん。

 舞台挨拶では

 アントン氏と話しまくってました。

 


 ジョンの父親役カイル・リース

 「スタートレック」アントン・イェルチン

 「スタートレック」のときよりも

 断然かっこ良かったです!

 実際も細くて…

 ターミネーター4


 本拠地アメリカにて

 大コケした映画、のようですが

 とてもそうは思えない!

 
 アクション超大作、といっても過言でないかも。
 
 
 こんな大きな事ばかり言っているみかんですが、

 実は「ターミネーター」を観た事がないって、

 アホですが。

 それでもわかりやすかったし、

 大満足な映画でした!!

 
 しかも
 
 オキマリテーマソング

 「ダダンダンダダン!!」

 3回も聞けたし。

 しかもナイス・タイミングで。

 感動でした。

 マーカス・ライト役のサム・ワーシントン氏は

 走って泳いで殴られて殴って

 めちゃくちゃタフな役どころで超がんばってました。
 
 機会あればもう一度観たいと思いましたが、

 実はグロテスクな内容だったりもする
 

ターミネーター4

 
 評価⇒★★★★★★★☆☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。