ひよこな“みかん”のひよこなにっきちょう

毎日の株式市場、為替市況、相場予想、そして映画評論について記載してゆきます。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
v 新着エントリー!
To people trying work hard  2010/01-07(木)
 風邪をひいてわかった事  2009/12-29(火)
A depressed holiday  2009/12-20(日)
PUBLIC ENEMIES  2009/12-13(日)
THE TWILIGHT SAGA: NEW MOON  2009/11-29(日)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 電車内で、
 
 座りながら眼に映った光景の1つを思い出した。

 
 1人の女性が、身振り手振りを

 激しめにやっていたので、

 何をしているのかと ふと横眼で見ると

 その女性には相手がいた。

 小さな女の子だ。

 

 そうか。

 手話で会話をしていたのか。

 その時は あんなに小さいのに、

 と憐れんだが、

 今あらためて思えば

 女性の方だったのかもしれない。

 


 声を出せない辛さとは、

 物を見ることが出来ない辛さと、

 聞き取ることが出来ない辛さと、

 嗅ぐことが出来ない辛さと、

 どれが一番辛い部類に入るのか。

 
 12/26の夜に

 喉の激痛をおぼえた以来

 声を出しても出しても掠れてしまう。

 話す仕事はどうなっているのか。

 当然、休まざるを得ない状況なのだが、

 平日の日中に、

 外では子供たちの楽しそうな声が飛び交っているのを聞きながら

 みかんを食べている私って、

 これほど寂しい事って 無いのではないだろうか?

 冗談じゃない。

 洒落にもならない。

 笑い話なんて以ての外だ。

 


 これほど仕事を休んだ事は一度として無い。

 まして 風邪で会社を休むなんて

 今まででたった1度しかない。

 咳が止まらなくてやむを得なかった時だ。

 
 それがかれこれ1週間近くになる。

 私にとっては 人生最大の屈辱である。

 



 思い返せば

 小学生時代。

 小学4年生までは ほんとうに良く休んだものだ。

 始業式となれば 必ず足が痛くなる。

 必ず微熱が出る。

 必ず手が痛くなる。

 何度ともだちに宿題を持って行ってもらった事か。

  
 イベントがぎっしり詰まった

 年末近く。

 あれは確か小学4年生の頃だったかな。

 肝心なその時にインフルエンザというものにかかった。

 38度以上の熱が引かない。

 1週間休んだっけ。

 
 そう、その時以来だ。

 その時に感じた屈辱の第二弾が

 今である。


 


 普段は仕事なんてしたくないのに

 何故ここまで休みが続くと仕事をしたくなるのだろう。

 皆様はわかります?この気持ち。

 嫌だなって、思いながらお仕事頑張っている皆様が

 今、私の中で一番の希望であり魅力であります。

 嫌だなって思わずに、
 
 仕事をしたくても全然出来ない

 この私のような人間が

 この世に確かに存在することを

 どうかお忘れなく。

 
スポンサーサイト
 
 一生の不覚…

 
 年末にきて めちゃくちゃ大変で かつ大事な時期

 というにもかかわらず、

 風邪をこじらせ、喉を痛ませ…

 土曜日ずっと寝ていた時点で

 完治しかけていたのに、

 それをもって日曜日買い物に出かけてしまった為

 風邪がめちゃくちゃ悪くなってしまい、

 喉の痛みから 声まで出なくなってしまう程

 悪化してしまったのです。

 


 風邪をひく事よりも

 風邪をこじらせてしまう事の方が

 ものすごく大変である事が判明しました。

 全然治らないです。

 良い教訓となりました。

 どうぞお元気な皆様も

 これだけはお忘れにならず

 心に留め置いていただきたいと思います。

 
 教訓:風邪をひいた時はとにかく寝て過ごす事。

    熱が下がってきた時こそ注意して過ごす事。

    無理は禁物。

 
 以上。

 またブログとして書きます。

 家事を行う者にとって 

 それ以外の方にとっても

 休日の10:40起きはご法度である。





 起きて顔を洗えば

 空腹でなくてもお腹が空いてきて

 朝ごはんを食べて11時過ぎ。

 そこから 洗濯を3回まわして

 掃除して。

 終了時刻は13:30

 ようやく自分の時間が来たかと思いきや

 買い物をする時間に。

 買い物から帰ってくれば16:30

 大量に買い占めた1週間分の食材を

 冷蔵庫に突っ込んで

 その他やっていれば 時刻はこの通り17:30なのである。

 



 “家事”というものをし始めて
 
 思うのは 時間が恐ろしく速く過ぎてしまう事。

 それが一番恐怖の種。

 自分の時間なんて 10時にならないと皆無なのである。

 一人暮らしではないので 何だかんだって時間が過ぎてしまうし。

 かと言って外食派では全く無いので

 水道代電気代ガス代の3大料金が嵩むのである。

 


 誰が何と言おうと 洗濯は毎日しなければ気持ち良くないのである。

 家事の中で一番の好みは洗濯だから。
 
 今日着たすべての分を洗おうと

 9:30過ぎにずっと洗濯していた引っ越し直後。

 ある時ポストに1枚のビラが入っていた。

 
 “最近”になってから お声が届いています。
 
 
 とは書いてみたものの、名指しで届いたモノではないので

 無視しようと思えばいくらでも無視できるのだが。

 9:30過ぎの洗濯が原因となっている?

 9:30?
 
 たしかに隣り近所には学生さんが住んでいらっしゃるようだが

 9:30にうるさい音としてイマドキ部類されるのか。


 


 そうとう苦言しながら 洗濯は帰宅直後にする事にした。

 案の定ビラはもう入ってこない。

 
 同居人は毎日洗濯している事に相当好んでいない。

 あくまで入籍していないのであるから

 そこはグレーゾーンとしている。
 
 


 グレーゾーンと称せばほぼ全ての事がグレーゾーンなのかも。
 
“家事”というものをし始めて思う事は

 全てのモノがデフレと化している。

 これは経済にとって非常に良くない事。

 かと言ってインフレになるのも良くない。

 デフレとインフレの間の経済が訪れるのは

 まず近くはないであろう。

 インフレ+不景気=スタグフレーション ならば


 デフレ+不景気=何というのであろう?

 
 ざっと調べてみたものの すぐに答えが出てこないので

 次回こちらに書く機会があれば書いてみようと思った。

 まさに今この時代が
 
 デフレ&不景気なのか。

 土日に映画館がバカ混みしている事から考慮してみると

 おそらくカノジョとドライブするよりもむしろ

 カネがかからずラクチンに済むからであろう。

 という事は、

 そのカネが無いせいか、

 そのカネを使わず貯める事に重要視しているせいか。

 
 みんながカネを貯め込んで

 使わなくて銀行に貯めまくって

 その銀行がハタンしたら。

 


 そうそう、生まれて初めて 宝くじというものを買った。

 銀座に行ったついでに “あの"

 有名な宝くじ売り場でわざわざ並んで買ってみた。

 何と言って買うかわからず、

 
  「… バラ10枚?」
 
 みたいな。

 肉屋かよ。

 
 別に外れてもイイです。

 買ってみたその事が良い勉強になったような気がしたから。

 


 映画を観ないで過ごした土曜日はあまり無かった。

 昨日がそうだった。

 まぁ、そんな日もあるだろう。

 世間がオーケストラや海賊気分で感慨に耽っていらっしゃる中、

 自分はひたすら買い物していたり。

 
 こんな感じ。
 
  
 ご無沙汰な更新となってしまって 本当に申し訳ないです。

 師走のせいか、何故かいそがしく生活している 

 今日この頃であります。。

 
 毎週日曜日は 我が家で大掃除。

 すべての場所を完璧に掃除しようとしている同居人。

 私はズボラな方なので そこまで…と思いながらも

 Tシャツ1枚な勢いで1時間以上掃除に燃えております。

 


 Yahoo!ニュースにて。

 超大人気ジャンプコミックスの「ONE PIECE」の映画が

 初日だけで4億円の収入をGETするとは。

 どうりで映画館がアホみたいに混んでいたわけだ。。

 


 いやいや、というのは さくじつの12日土曜日
 
 地元のシネコンにて 無料チケットで観たい映画があったものの。

 なんと映画館となりのゲーセンを通り越して駐車場まで並んでいた!!

 しかも1時間待ち。。

 
 冗談じゃないって。

 たしかに昨日は11月上旬の気温と気象庁は発表していたものの

 やはり午前中は寒さが残っている!

 そんな中1時間?

 並べる訳ないでしょ。

 
 


 仕方なく 電車で揺れる事10分弱。

 別のシネコンへ仕方なく足を運んだところ、

 そこではガラッガラ。

 なぁんだ、ということで。。

 
 安心して観てきたのであります。

 
 
  え? 何をって?
 

 オキマリ。

 さくじつ豪華なジャパンプレミアムが東京は六本木で行われた

 ジョニー・デップ様の「パブリック・エネミーズ」

 
 ジョニー様は確かにカッコ良かったわ。クールで。

 でも、だから何?的な内容にちょっと。

 ☆は3つ

 ジョニー様、クリスチャン・ベール、マリオン・コティヤール嬢の立派な演技力に負けた。

 


 客員はかなり入っていましたね。

 さすが我らがジョニー様。

 
 彼はどの映画に出てもその役になりきるから 凄いのである。

 それなのに いまだにアカデミー賞をGETできないのは

 協会員に拒まれているからかしら。

 羨望の的であります。。
 
 


 勿論クリスチャン・ベール氏も良かったですよん。

 役柄からかしら?痩せましたねー。

 ターミネーター時よりも数キロ痩せてる。

 マリオン氏の演技はさすがです。

 欲をいえばもっともっと深く突っ込んでほしかったわ。

 これでは「アビエイター」のようだった(なつかしー!)
 ディカプリオ氏はあんなに頑張っていたのに、

 それでも奥深くまで生きざまというものが描かれていなかった為

 ちょい残念というか、不完全燃焼だったね。

 


 2時間30分近く時間ありましたが、若干途中でzzz

 


 今年の12月はそんなに映画が盛り上がらない中、

 先述のONE PIECEは素晴らしすぎる。

 さすがニッポンのアニメだ。

 誇れますね。

 
 今日は以上で。また書きますね。

 どうぞよろしくお願い致します(>_<)
 
 
 すこし久しぶりな更新となってしまいました。
  
 前回更新時から、いろいろな映画を観てしまっているみかんです。

  
 さっそく、28日公開の「トワイライト・サーガ ニュームーン」

 観てまいりました。

 
 いや、これはご存知の通り? みかんは第一作目を観ていません。

 ハリー・ポッターシリーズ同様、途中から観ちゃいました!的な感じで。

 では何故観たのか、といいますと。

 それはそれは大好きなダコタ・ファニングが出ているからです。

 彼女のシーンは本当に僅かでしたが、それでも緊迫感があったし。

 物語に毒を刺し込んでいるところなんか

 本当に素晴らしい演技だったし、存在感ありましたねー。

 良かったと思いましたが、

 音楽を入れるタイミングとか、少女漫画系なアニメかよと思いました。

 
 お友達曰く、第一作目の方が演出度や緊張感等

 アップしていたそうで。

 ですので私的に思いましたが、

 この映画こそ、第一作目を観なければ絶対ヤバイと確信致しました(爆)

 無謀でした。自分が恥じるべきですね。。

 
 


 この映画、めちゃくちゃクサイ台詞のオンパレードって以前から聞いていたので

 それとめちゃくちゃ収入稼いでいるとも聞いていたので

 どれだけ凄いのか、自分の目で確かめる為にも一度観てみたかったのです。

 
 最終的な感想を言ってしまうと、何度も何度も申し上げていますが

 第一作目を観ていない自分にとっては

 楽しくはなかったし、残念な結果となってしまいました。

 ただ、主人公の女優さんは、全然笑顔が無いですね。

 そこがまたクールで良いのか?

 そもそもロバート・パティンソン氏はハリポタの時の方が断然

 かっこ良かったので、今回白い!!!とだけ思ってしまった…

 


 オオカミたちがやたら可愛いと思っていたのは

 私だけでしょうか?(笑)

 車の中で話すシーンが散見されましたが、

 どれもバックがバリバリCGと彷彿させていたので

 最終作では改善してもらいたいです。


 


 超ストレートに走っている恋愛映画と違って

 かなりかなりのばしてのばして進む映画なので

 その点が他作品に観られない恋愛観を潜み持っている

 そこが最大の魅力なのかと思われました。

 決してイケメンを適用している訳でもないのに

 このビッグヒットをかましているのは

 原作も素晴らしいのでしょうね。

 壮大な恋愛観というか。

 人間とヴァンパイアとの恋という、

 思いつきそうで描かれそうにない物語が

 コンピュータ・グラフィックが最大限に発揮可能な世になった現在。

 存分に描くことが出来て、それでいて自由自在に

 世界を走る登場人物たちを追うカメラワーク。

 
 なかなか小馬鹿に出来ないと思いましたね。

 観たその後は なんだよーおい って思うかもしれませんが、

 あとあとになって思い返してみると

 奥が深い、原作を読んでみよう という気になりますね。

 
 個人的には ★★★★☆☆☆☆☆☆ です。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。